33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。

    ガジェット・トレンドまとめ


     スマホを使用している人の多くがSNSを利用していますが、その実態はどのようなものでしょうか。「2018年SNS利用動向に関する調査」(ICT総研)によると、ユーザー数は、LINE(8200万人)、フェイスブック2600万人)、ツイッター(4500万人)、インスタグラム3300万人)という結果でした。その中でも、LINEはすべての年代で最も支持されているSNSであることが分かっています。

     今回は、ウェブコンサルタントの松浦法子さんに、LINEの優位性と他のSNSとの比較について伺いました。松浦さんは、LINE評論家としてメディアに多数出演、講演活動なども積極的にこなしています。近著には「コストゼロでも効果が出る! LINE公式アカウント集客・販促ガイド」(翔泳社)があります。

    他のSNSを凌駕するLINE

     松浦さんは、他のSNSと比較しても、LINEは圧倒的な優位性を保っていると解説します。

     国内の通信インフラとなったLINEは、2011年6月23日サービスを開始して以降、インターネット回線を利用した無料トークや無料通話を軸にコミュニケーションアプリとして普及しました。現在では、日本の人口の半分以上にあたる8200万人ものユーザーが利用しています。

     先行するフェイスブックツイッターの国内ユーザー数をはるかに超え、アクティブ率においても圧倒的優位を誇っています。毎日、スマホを持っているほとんどの人がLINEを使い、日本国内の「通信インフラ」として定着したといっても過言ではありません。さらに、LINEの情報出現率は他を圧倒しています。

    フェイスブックツイッターシステムの仕様上、いくらフォロワーであってもすべての情報を見られるわけではありません。フェイスブックページエッジランクフェイスブックニュースフィードで、ハイライトに表示する情報をユーザーごとに最適化するアルゴリズム)により情報が間引かれ、ファンニュースフィードへのリーチ率(タイムラインの出現率)は平均16%です」(松浦さん)

    ツイッター時系列ですべて表示されますが、時間とともに流れてくる他の情報によって、あっという間に情報が流れてしまいます。さらに、フォローユーザーの『お気に入りツイート』『人気のツイート』『関連性の高いツイート』などの情報をシステムが自動的にレコメンドとして投稿を追加するので、他の情報にタイムラインが占領されてしまい、せっかく発信した情報を見てもらえないことが多いです」

     一方で、LINEはすべてのメッセージが表示されます。LINEは他のSNSのように拡散性はありませんが、圧倒的な数のユーザーに対してプッシュ通知をリアルタイムに発信することが可能です。

     これは、ビジネスとして活用する上で最大の武器になると考えることができます。

    企業のLINE向け施策は急務である

     スマホが主流になる前まで、コミュニケーション手段の中心はメルマガでした。しかし、メルマガは携帯電話会社が用意しているフィルターがかかるようになり、相手に届かなくなります。さらに、LINEの登場でメールを使用しなくなり、メルマガ自体読まれなくなっていきます。

     注目すべきは、LINEの開封率です。松浦さんは、LINEの開封率がメルマガ全盛期のメルマガ開封率の5倍以上、メッセージからのクリック率は20倍以上であることを指摘します。スマホに特化したLINEの機能により、タップすれば、電話をかけたりメールを送ったり、ウェブに誘導したりすることが簡単にできるようになりました。

     2019年4月にLINEが他のサービスと統合され、LINE公式アカウントとしてリニューアルしました。しかし、詳しい集客・販促手法はあまり知られていません。利用者は、金銭的な特典をどれだけ受けられるかで店舗を選ぶ傾向が強くなっています。店舗側は、少ない経費で専用ツールを使えるようにもなりました。マネタイズ効果をいかに上げるかが成功の秘訣(ひけつ)になっているのです。

     LINEは無料でスタートし、ビジネスで課金をするビジネスモデルです。リアルタイムに反応があり、クリック率が高く、開封率まで高いのならLINEを利用しない手はありません。皆さまは、LINEを効果的に活用できていますか。

    コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所研究員 尾藤克之

    LINEが持つ圧倒的な優位性とは?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネイバー (企業) > LINE (企業) > LINE (アプリケーション) LINE(ライン)は、LINE株式会社(旧NHN Japan株式会社)が開発し提供するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、ならびに同サービスにおけるクライアントソフトウェアの名称である。
    108キロバイト (13,317 語) - 2020年2月22日 (土) 01:30



    (出典 2week.net)



    <このニュースへのネットの反応>

    幾ら貰った?


    飲食店とか不動産とか、ブラック系がこぞって使ってるイメージ(偏見)


    まだ韓国のサーバーを経由してるんですかね?


    これって要するに広告を見られやすいって事?ユーザーとしては鬱陶しいだけで優位性でも何でもないな


    LINEはメールの代替としてデファクトスタンダードな連絡手段になってるから利用者が多いだけだし、SNSとしては異質とも言えると思う。だから他のSNSと比較するのは違和感を感じるし、どちらかと言うとメールと比べるべきな気もするけど、LINEの登場でメルマガが読まれなくなった程度にしか書かれてないね。


    LINEの開封率が高いのは通知バッジの数字を消すためでしょ。中身はそんなに読まれてないと思うよ。下手すりゃwebのバナー広告くらいのレベルじゃない?業種にもよるけど、店のファンや常連ならともかく、友達登録の特典のサービスや割引とかに釣られて登録したユーザーは実際の購買行動にもそんなに繋がらないと思う。


    Skypeはどうした?


    LINEじゃなくてもっとシンプルで互換性のあるメッセージアプリがメインになって欲しい。というかオープンソース系ならよかったのに


    LINEをSNSと言われるとスゴイ違和感がある。どちらかというとメッセだよね。SkypeやMSNが開拓したメッセンジャー界をいち早く一般に普及させた会社って感じだし、日本以外のシェアはお察しだしなぁ…。


    RCS準拠の+メッセージと言う類似サービスが三大キャリアから提供されているけどね。サブキャリアやMNVOを弾いてるので普及させる気がまるで無い…


    こんなスパイウェアマジで使いたくないけど仕事柄電柱番号で住所検索しなきゃいけないから渋々入れてる…古いアンドロイドだとこれ入れなくても使えたのに…


    LINEやってない層の意見なんで見当はずれかも知らんが。>出始めのかなり初期にLINEは事業元の韓国に情報ダダもれツールってかなり嫌われた印象あるんだが、今の圧倒的な利用率の状況はその辺のリスクが改善されたから利用増えてんの?単純にそういう話を知らない層が大量に利用してんの?


    まぁ、折角便利なメッセツールがあってもやり取りする相手が一人も居ないんですけどね(´_ゝ`)


    正直使いたくないけど他の人が使ってるので渋々インスコ あると思います


    kの国が嫌いだし、情報ぶっこ抜かれまくりなんで使ってない。 が、無けりゃ無いで特に不便もないかな。 使ってないよって言えば、みんな普通にSMSで連絡くれるし。


    一度も使ったこと無い。これから使う予定もない。しまった、むしろスマホ持ってねエわww


    反日国が公然と盗聴盗撮を宣言していてその国の民は宣言の瞬間一斉に削除したスパイアプリがなんだって?利用者の8割以上が日本人てこの国はバカしかいないのか。


    何が良い、優れてるか、好きか嫌いかなんて個人の嗜好抜きにして「みんな共通して使ってるから、連絡とるのに入れていないと周りに無用な手間・迷惑かける」から皆入れてる(利用してる)にすぎないと思うが。


    LINE問題は「個人的には大っ嫌いだけど、グルチャとかみんなLINEだし他の進めるわけにもいかんから仕方なく連絡用には割り切って使ってる」こういう理由ならまだわかる。自分もそうだし。ただ「意地でも使わないもんね(プイ」ってアピールする人は、自らコミュ障or周りに迷惑かけても厭わない自己中だって宣言してるようなものでどうなんだろうと思う


    LINEをよく使ってるオカンのスマホには詐欺系SMSが頻繁に来るのにLINEをインストールすらしてないワイのスマホには全く来ない、おかしいなーどうしてやろなー(棒読み)





     KDDIが、スマートフォン決済「au PAY」での決済額の20%を還元するキャンペーン「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」の条件を変更したことで、ユーザーや加盟店舗から不満の声が上がっている。当初の発表から、1日で得られる還元額が大幅に減少したからだ。

    【その他の画像】

     KDDIは当初、キャンペーン期間中に毎週もらえる還元額の上限を3万円相当としていたため、例えば15万円(税込)の商品を購入すると一度で3万円相当の還元を受けられた。しかし、同社は20日に条件を変更。週の還元額の上限は変えないまま、1日当たりの還元額を6000円相当までに絞った。

     変更理由について同社は「高額商品等の決済による還元の偏重も一部で見受けられることから、還元の平準化を図り、より多くのお客さまに特典を享受いただきたい」とした。

     しかし、高額商品を買おうと既にau PAYに残高をチャージしていたユーザーや、高額商品が購入されることを見越して入荷した加盟店の店員からは不満の声が上がっている。

    クレカチャージなら払い出し不可、銀行チャージでも返金は手数料必須

     au PAYにチャージする方法はいくつかある。大きく分けると2種類で、銀行やコンビニなどから現金をチャージする方法と、携帯料金に請求をまとめられる「auかんたん決済」や、クレジットカードなどからチャージする方法だ。

     前者は他のau PAYユーザーへの送金や、ユーザー自身の「じぶん銀行」の口座への払い出しが可能だが、後者でチャージした金額は送金も払い出しもできない。

     じぶん銀行への払い出しにも1%の手数料が必要なため、条件変更後のau PAYで支払いをするつもりがないなら、多かれ少なかれユーザーは損を被ることになる。

     中には、KDDIの条件変更が「消費者契約法上の不実の告知だ」として消費者庁に連絡するユーザーも現れた。つまり、当初の説明と状況が異なり消費者側に誤認が生じたため、契約を取り消したい(手数料なしで返金してほしい)という主張だ。

     KDDIITmedia NEWSの取材に対し、「残高には有効期限がなく、『au WALLETプリペイドカード』でほぼクレジットカードのように日常の決済に利用できる」と、今回のキャンペーン以外の用途にも使えるとした。条件変更が消費者契約法に抵触するのではないかという指摘については「社内外の専門家に相談した上で決定している」と答えた。

    ●加盟店にも影響? 2週連続の「殺到」から一転する可能性も

     au PAYの条件変更によりユーザーが高額商品を求めなくなれば、au PAYを導入している加盟店の売上にも影響が及ぶ可能性がある。

     このキャンペーンは、還元額が毎週10億円に達し次第終了という方式を取っている。このため、キャンペーン開始直後から加盟店にユーザーが殺到。特に、加盟店であるビックカメラなどの家電量販店では「iPhone」関連の商品陳列棚が倒されるなど、混乱も起きていた。

     iPhoneiPadなど一部の家電は中古での買取額が高く、転売によって還元額を利益として抜き取ることもできたため、KDDIがここに「待った」を掛けた意図は分からなくもない。

     しかし転売目的の購入を抜きにしても、20%還元は高額な家電の買い替えに魅力的なタイミングだ。そうした“特需”が2週連続で続いた中で、商品を多めに入荷した店舗は、条件変更の影響で予想外の在庫を抱えてしまう恐れもある。

     Twitterでは、au PAYに加盟している家電量販店やPCショップの店員から、条件変更を受けて憂鬱な声が漏れ聞こえている。

    PayPayの先例、後追いのKDDI

     このようにキャッシュレス決済サービスで大幅な還元キャンペーンを打つ手法は、ソフトバンク傘下のPayPayが先んじていた。

     PayPay2018年12月に行った「100億円あげちゃうキャンペーン」は決済額の20%を還元し、一人当たり最大5万円までの還元を行った。その結果、約4カ月行う予定だった同キャンペーンは開始後たったの10日間で還元総額の100億円に達し、終了する事態に。その後19年2月から行った第2弾のキャンペーンでは、還元率を変えずに、一度の決済の還元上限額を1000円とすることで加熱を抑えた。

     PayPayは一度キャンペーンを終了し仕切り直すことで条件の変更を行ったのに対し、KDDIキャンペーンの最中に変更を行った。

     キャッシュレス決済の中でもコード決済については、同じ携帯キャリアソフトバンクNTTドコモ(d払い)、楽天(楽天ペイ)に遅れを取った形のKDDIだが、先例から学ばない姿勢には疑問符が付きそうだ。

    「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    auじぶん銀行・auフィナンシャルサービス・au PAY・auアセットマネジメント・au Reinsurance Corporation・auカブコム証券)に変更。 4月1日 - ルクサが存続会社となり、KDDIコマースフォワードを吸収合併、「auコマース&ライフ株式会社」が発足し、KDDI完全子会社化。
    68キロバイト (8,910 語) - 2020年2月20日 (木) 03:25



    (出典 www.watch.impress.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    文句は転売ヤーに言え


    景品表示法違反(優良誤認)ではないか?


    チンパンジーが群がってるだけにしか見えなかったね


    確か、ネット契約時の初期費用無料キャンペーンで、注記が無いから途中解約でも初期費用無料の約定は有効な!ってケースがある。法務が問題なしと判断したって事は、キャンペーンのチラシのどこかに約定書いてねーか?


    還元金目的で郵便局でハガキ買い漁ってその足で大黒屋に売りに行ったバカどもwwwwwwwwww


    セ○ンペイの時はおにぎり一個の為にインストして被害に合ったんだよな。ほんとなんにでも飛びつく*の自業自得


    こんな事態になるくらい予想できるだろうに。auの劣化がとどまるところを知らない


    言わんこっちゃねえ


    無い袖振っちゃいましたか


    こーいうのが当たり前に発生するから○○ペィって信用できないんだよなー


    完全に想定できた事態。ぺいぺいから学ばなかったのか。


    通貨にとって一番大事なことは何だと思う?信用だよ信用。海外で電子通貨が流行ってるのは現金より信用があるからだからね?これだから(ryしかし加盟店からクレームは流石にマズイよね?もし加盟店が離れたらチャージ済の使い道そのものがなくなるワケだからね?


    なんか気に入らないって声も多いし変更してもええやろ!の精神。金融業に近い事業がそれをやっていいんですかね?


    だからKDDIは嫌いなんだ


    通信系は何処もクソだろ


    auだけどいつも行くスーパーがauペイに対応してないからウォレットで払うとサインが必要だから嫌。


    けっきょく優遇措置目当ての付け焼刃なんて 踊らされるほうが悪いともいえる うまい話には~って教育されなかったんですかね


    横でauガラホ使ってる嫁が勝ち誇った顔してるが、アプリが対応してないのが殆どで泣きを見てるじゃんと思ったw


    面倒臭そうだからedyとクレカでのんびりポイント貯めますわ


    卑しい転売ヤーがやらかさなけりゃこんな事にもならなかったさ。 返金しろなんて転売ヤーはそのまま干乾びた方が真っ当な消費者の為だ。





    【LINEモバイル】新料金プランおよびキャンペーンを発表。2月19日より提供開始。


    改善か、改悪か? 「格安SIM・LINEモバイル」新料金を従来プランと比較 改善か、改悪か? 「格安SIM・LINEモバイル」新料金を従来プランと比較
    …ソフトバンク傘下で格安SIMを展開するLINEモバイルは2月10日、新料金プランおよびキャンペーンを発表。2月19日より提供する。今回の新料金プランの…
    (出典:IT総合(BUSINESS INSIDER JAPAN))


    LINEモバイル(英: LINE MOBILE Corporation)は、東京都新宿区に拠点を置く日本のMVNOである。ネイバーグループのLINEとソフトバンクグループのソフトバンクの合弁子企業である。 ドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線を利用したマルチキャリア対応のMVNO事業者である。料金
    10キロバイト (1,044 語) - 2020年1月25日 (土) 10:09



    (出典 linemobile-black.com)



    【【LINEモバイル】新料金プランおよびキャンペーンを発表。2月19日より提供開始。】の続きを読む


    【Apple】AppleWatchが睡眠中の心房細動を知らせて利用者を救った?


    Apple Watch(アップル ウォッチ)は、アップルが2015年4月24日から販売している腕時計型ウェアラブルコンピュータ(スマートウォッチ)である。 2014年9月10日2:00(日本標準時)に発表され、2015年3月10日2:00(日本標準時)にSpring
    20キロバイト (2,899 語) - 2019年12月29日 (日) 04:59



    (出典 trinity.jp)



    【【Apple】AppleWatchが睡眠中の心房細動を知らせて利用者を救った?】の続きを読む


    「BCNランキング2020年01月13日から19日の日次集計データによると、SIMフリースマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。
     

    画像付きの記事はこちら

    1位 P30 lite MAR-LX2J(Huawei Technologies)

    2位 AQUOS sense3 SH-M12(シャープ

    3位 P30 lite(Y!mobile)(Huawei Technologies)

    4位 Reno A 64GB(OPPO

    5位 AQUOS sense3(UQ mobile)(シャープ

    6位 A5 2020(OPPO

    7位 Galaxy A20(UQ mobile)(SAMSUNG

    8位 ZenFone Max (M2) 32GB ZB633KL-32S4(ASUS

    9位 ZenFone Live (L1) ZA550KL(ASUS

    10位 AQUOS sense3 lite SH-RM12(シャープ

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    Huawei P30 lite


    (出典 news.nicovideo.jp)

    P10はスマホで撮ったとわからないレベルのクオリティ。若い世代はSNSを使うのでカメラの機能は重要な要素」と話している。 2007年 - 日本の端末市場に参入。 2014年 - 日本のSIMフリー市場に参入。 2015年 - スマートフォンの出荷台数が1億台を突破し、サムスン、アップルに次いで世界第3位。
    85キロバイト (11,816 語) - 2020年1月19日 (日) 15:36



    (出典 www.j-cast.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【SIMフリースマホ】現在売れているスマホランキングTop10】の続きを読む

    このページのトップヘ