33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。

    Apple関連アクセサリー


    【Lightningケーブル】触れてもビリッとこない理由、設計


    Lightningは“接点むき出し”、なのになぜ触れてもビリッとしないの? Lightningは“接点むき出し”、なのになぜ触れてもビリッとしないの?
    …iPhoneやiPadでおなじみの端子「Lightning(ライトニング)」。充電にデータ転送に必要不可欠な存在ですが、表面を見ると接点がむき出し..…
    (出典:IT総合(PHILE WEB))


    続するために使用される。30ピンでなく8ピンを用いているため、Lightningは30ピンDockコネクタよりもかなり小型であり、どちらの向きでも差すことができる。しかしアダプタを使わないかぎり、以前のコネクタのために設計されたケーブルや周辺機器とは互換性がない。2012年に導入され、2019年12月現在はiPhone
    9キロバイト (953 語) - 2019年12月13日 (金) 17:19



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    端子は指でつままないよう注意しましょう。

    【【Lightningケーブル】触れてもビリッとこない理由、設計】の続きを読む


    Photo: Shutterstock.com

    取り下げられたようですが。

    Appleアップル)のワイヤレスイヤホンAirPods Proの革新的な点といえば、小さな本体にノイズキャンセリング機能を収めていること。しかし、以前一時的に配信されたアップデートによりノイズキャンセリング性能が低下していたことが報告されています。

    この現象は、オーディオサイトRTINGSに寄せられた報告により判明しました。昨年の12月16日AppleAirPods Proに対して「2C54」というバージョンのファームウェアを配信しましたが、サイトの評価によると、アップデート後には低音域でのノイズキャンセリング性能が低下。これにより、エンジン音や飛行機の中での騒音、バスの音などがより目立つようになってしまったのです。おお、これではノイキャンの魅力が半減ですね。

    一方、アップデートでは悪影響だけがあったわけではなく、周波数特性や低音の正確性が向上していたことも報告されています。うーむ、良し悪しというべきか…。

    このアップデートはすでに取り下げられており、手持ちのAirPodsにこのファームウェアが配信されることはありません。今後、アップルがきちんとバランスをとったアップデートを配信してくれることに期待しましょう。

    Source: RTINGS via MacRumors



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Siri」の呼び出しに対応したAirPods(第二世代)が登場した。 なお、第一世代と第二世代の同じケースでの充電はできない。 2019年10月28日には、新しいデザインでアクティブノイズキャンセリング機能を採用したAirPods Proを発表し、同月30日に販売を開始した。 AirPods
    13キロバイト (1,562 語) - 2020年1月4日 (土) 03:28



    (出典 assets.media-platform.com)


    今後のアップデートで改善されるのか

    <このニュースへのネットの反応>

    【【Apple】AirPods Proがアプデでノイキャン性能が低下?】の続きを読む

    no title

    【Apple】iPhoneケースで悩んだら!アパレルブランドのiPhoneケース!



    【【Apple】iPhoneケースで悩んだら!アパレルブランドのiPhoneケース!】の続きを読む


    no title
    【Apple】iPhone11のケースがかっこいい!


    ケースって定期的に欲しくなるけど、交換する頃には
    新しいiPhone出てるような気がする…w

    【【Apple】iPhone11のケースがかっこいい!】の続きを読む


    【最新AirPods Pro】周りの反応





    このページのトップヘ