33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。

    芸能


    【木下優樹菜】芸能界引退後も噂される、不倫スキャンダル

     ☆お気に召したらRT!☆

    NO.8650336
    フジモンも知らなかった!木下優樹菜 不倫スキャンダルの第2波、第3波
    フジモンも知らなかった!木下優樹菜 不倫スキャンダルの第2波、第3波
    今月6日に芸能界を引退した木下優樹菜(32)の炎上が続いている。

    昨年の?タピオカ店騒動?でミソをつけ、今月1日に活動再開を宣言したものの、わずか5日後に撤回し、引退を決めた。

    「その間に何があったのか?」というのが最大の関心事だが、一部報道では所属事務所も関知しなかった新たな不倫疑惑が浮上し、ついにはサジを投げたと言われる。

    新たな不倫相手として水面下で名前が挙がっているのは30代男性X。

    元「週刊文春」記者でジャーナリストの中村竜太郎氏は、9日放送のフジテレビ系「バイキング」で「大手事務所所属のヒップホップグループでラッパー。筋トレでガンガン体を鍛えている肉体派。身長が180センチぐらいで高くて、イケメンなんですよ」と明かしている。

    これにショックを受けているのが、前夫の「FUJIWARA」藤本敏史(49)だ。

    テレビ関係者が明かす。

    「藤本さんにとっても寝耳に水。ラッパーXと木下さんの?ただならぬ関係?がいつスタートしたかはわかりませんが、少なくとも、?タピオカ騒動?以降の謹慎期間中にも逢瀬を繰り返していた可能性が高い。所属事務所には一部週刊誌から問い合わせがあったそうです」

    藤本は木下が引退を発表した当日、吉本興業のニュースサイト「ラフ&ピースニュースマガジン」でコメント。

    「私、藤本敏史は、今後も子供たちを含めて支えてまいります」とした上で「マスコミのみなさまにお願いです。彼女は、本日を以て、芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活の為にも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします」と呼びかけた。



    【日時】2020年07月10日 14:00
    【ソース】東スポWeb


    【【木下優樹菜】芸能界引退後も噂される、不倫スキャンダル】の続きを読む


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    木下優樹菜と乾貴士
    7月1日に芸能活動復帰を発表した木下優樹菜さんだが、6日になり突如芸能界引退を発表した急転直下の木下優樹菜さん。

    引退については「弊社所属・木下優樹菜7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」と書かれており、「信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」と気になる箇所がある。

    さて、この気になる「信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」としている新たな問題とは? 関係者によるとインターネット上でかなり前から言われている、Instagramに投稿されていた縦読みから発覚した不倫問題ではないかとしている。しかもその相手とは最近まで関係が続いていたという。

    またネットで騒がれている縦読み以外にも男性関係が浮上しそれもあり引退に至ったという。例の縦読みで発覚した男性は判明しているが、別の男性が誰なのか、いつから不倫していたのかは不明である。

    事務所であるプラチナム側はこの以前から噂されていた問題以外にも新たな問題を把握しておりこれ以上マネジメント出来ないとしており契約解除に至ったという。木下優樹菜さんは事務所と協議する上で嘘の説明をしており、その嘘が発覚、更に事務所すら把握していなかったことが発覚したようだ。今回引退するように促したのは元夫であるフジモンこと藤本敏史さんで、「引退した方が良い」と引退を勧めたようだ。

    関連:引退を発表した木下優樹菜が大事な居場所であるInstagramを全削除 ここまでしなくちゃ行けないことって?



    (出典 news.nicovideo.jp)

    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していたが、2020年7月6日を以って芸能界を引退した。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。
    30キロバイト (3,965 語) - 2020年7月7日 (火) 13:31



    (出典 www.nikkansports.com)


      ☆お気に召したらRT!☆

    <このニュースへのネットの反応>

    【【木下優樹菜】事務所の判断、引退理由の気になる箇所!】の続きを読む


    【24時間テレビ】8月22、23日放送!今年のテーマは「動く」!


    24時間テレビ「動く」テーマに新しいスタイル模索 24時間テレビ「動く」テーマに新しいスタイル模索
    …日本テレビ系「24時間テレビ43」(8月22、23日放送)の制作発表会見が6日、都内で行われた。V6井ノ原快彦(44)らメインパーソナリティーらが出席…
    (出典:エンタメ総合(日刊スポーツ))


    24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(にじゅうよじかんテレビ あいはちきゅうをすくう、英: 24HOUR TELEVISION "LOVE SAVES THE EARTH")は、1978年から毎年8月下旬の土曜から日曜にかけて生放送されている日本のバラエティ番組である。通称『24時間テレビ』、『24HTV』。
    152キロバイト (17,035 語) - 2020年7月6日 (月) 12:25



    (出典 www.fbs.co.jp)


       ☆お気に召したらRT!☆

    【【24時間テレビ】8月22、23日放送!今年のテーマは「動く」!】の続きを読む


    【渡部建】六本木ヒルズの多目的トイレが“迷所”になり困惑


    NO.8606538
    渡部不倫で波紋 多目的トイレ“全面改装”必至か 六本木ヒルズ負のスパイラル「渡部さんに賠償してほしいぐらいです」
    渡部不倫で波紋 多目的トイレ“全面改装”必至か 六本木ヒルズ負のスパイラル「渡部さんに賠償してほしいぐらいです」
    複数女性との不倫が発覚し、芸能活動を自粛しているアンジャッシュの渡部建(47)。

    コトを致した場所から“多目的トイレ不倫”とも呼ばれているが、これが波紋を広げている。

    乱倫の場となった東京・六本木ヒルズの多目的トイレが全面改装を検討しているというのだ。

    まるでAVのような性行為が行われた六本木ヒルズの多目的トイレ。

    今やすっかり六本木の“迷所”となってしまったようで、ひと目見ようとやじ馬が殺到している。

    ビル周辺では携帯電話で撮影する行為が後を立たず、関係者は頭を抱え込んでいるという。

    「とにかく印象が悪すぎる。このままにはしておけない。公共施設にある、しかも多機能でバリアフリーになっている多目的トイレをつぶすわけにはいかないので、改装工事になるでしょう。トイレの中に監視カメラは付けられませんが、防犯設備はさらに強化されることになるようです」と関係者。

    「ここで仕事をしている、と大きな声で言えなくなった」とは六本木ヒルズで働くビジネスマン氏。

    「できればトイレのイメージを一掃する明るいトイレに改装してほしい。セキュリティーを万全にして、イメージを一新してほしい…」とも。

    多目的トイレは全国の数多くの公園などに設置されている。

    だが、夜な夜な若者のエッチの聖域として注目され、周辺住民たちは苦々しく思っていた。

    それほど目的外使用は多かった。

    「多目的トイレに入ると1時間以上も出てこない兄ちゃん姉ちゃんカップルは珍しくない。トイレットペーパーで散らかし、使ったコンドームをトイレに流す不埒者もいる」とは都内の公園近くのマンションの住人。

    住民の要望で夜間の使用制限を検討する地方自治体も少なくなかったほど。

    こうしたように相手が特定できないケースが大半だが、今回は渡部の不貞行為で改装を迫られるという事態。

    関係者は「本当のことをいえば、渡部さんに賠償してほしいぐらいです。警備員の数を増やしたり、さまざまな影響で余計な経費がかかりましたからね」と憤る。

    渡部のグルメリポートで多くの人が飲食店に足を運んだが、渾身の不倫で多目的トイレにも人を呼び込んでしまった。



    【日時】2020年06月25日 16:56
    【ソース】夕刊フジ


    【【渡部建】六本木ヒルズの多目的トイレが“迷所”になり困惑】の続きを読む


    【薬丸裕英】手越祐也の発言に激怒!「スイッチが入ったワード」とは


    NO.8606834
    薬丸、手越の「うつされても面倒」発言に激怒 岡江さん亡くした悲しみ「平常心でいられない」
    薬丸、手越の「うつされても面倒」発言に激怒 岡江さん亡くした悲しみ「平常心でいられない」
    タレントの薬丸裕英が25日、フジテレビ系「バイキング」で、ジャニーズ事務所を退所した手越祐也が会見で、外食先に女性を呼んだ際に「コロナウイルスをうつされても面倒臭いので」としゃべったことに「怒りしかなかった」と激怒した。薬丸は、新型コロナで、長年仕事で共演してきた女優の岡江久美子さんを亡くしている。

     薬丸の目は静かながらも怒りに満ちていた。番組では手越の会見について議論したが、会見途中に「スイッチが入ったワードがあって、それからは平常心で見られなかった」とコメント。

     そのワードというのが、手越が緊急事態宣言中に銀座で医療関係者と女性を伴い会食をともにしたことを説明した際に出た言葉で、「ある意味、コロナウイルスをうつされても面倒くさいので」というワード。

     薬丸は「コロナって、かかりたくてかかったんじゃない人もいる。亡くなってしまった人もいて、そのご家族もいて、その人達がこの映像を見たらどう思うのか。ぼくはコロナで身近な人を亡くしているので」と怒りをにじませた。

     薬丸は、新型コロナで、長年「はなまるマーケット」で共演した女優の岡江久美子さんと悲しい別れを経験しているだけに、この「うつされても面倒」という言葉はどうしても許せなかった。

     「世の中、うつさない、うつされないという思いで自粛、医療崩壊を起こさないと。それを医療従事者の方と銀座と女性とって、意味が分からない。そっからは怒りしかなかった」と、激怒していた。



    【日時】2020年06月25日
    【ソース】デイリースポーツ


    【【薬丸裕英】手越祐也の発言に激怒!「スイッチが入ったワード」とは】の続きを読む

    このページのトップヘ