33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。


    image:秒刊SUNDAY

    今や歴代興行収入が歴代1位となったアニメ鬼滅の刃」ですが、年末年始、そして現在に至るまで、あらゆるテレビ番組で「鬼滅」をフィーチャーした企画やコラボが連日のように行われ、鬼滅の刃アニメを見なくても目にする機会が極めて多くなっている状況です。そんな鬼滅の刃ですが、とんでもない批判が寄せられております。

    禰豆子女性差別である

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    さてそんな鬼滅の刃にでてくる禰豆子。この禰豆子が、女性差別であるというのだ。禰豆子といえば、主人公炭治郎の妹で、ストーリー上は人間ではなく「鬼」となっております。

    そのため、人間に危害を加えないよう、口に「竹ぐつわ」をさせ、喋らせないようにしているのです。かなりシュールな演出ではありますが、大正時代の漫画ということで、かつフィクションということであれば、仕方のない設定であります

    しかしながら、これに対しネットでは「女性軽視」「女性差別」ではないかと言う声があるようです。理由として

    1.竹を咥えさせる
    →女性は口を出してはいけない

    2.カゴに入れる
    →女性は家庭を守らなければならない

    3.太陽を浴びたらダメ
    →女性は目立ってはいけない

    という理由から「令和の纏足」と言う意見が出ている。

    ちなみに纏足とは幼児期より足に布を巻かせ、足が大きくならないようにする、中国の古い風習。つまり、男性が、強制的に女性の行動を制約する行為に「女性差別」であるということだ。

    ちなみに、この鬼滅の刃の作者「吾峠呼世晴」は女性とする説が濃厚ですので、それを踏まえると、この議論が果たしてどこに落ち着けばよいのか、混乱しそうになります。

    ミスタードーナツ女性差別

    また別の問題として「ミスタードーナツ」も、そのネーミングが「女性差別」だということだ。確かに、ドーナツに男性を象徴する「ミスター」を入れるという点には疑問に感じる点もあるが、そもそもこのミスタードーナツの由来としては、創業者がドーナツを作る人への敬意を称したと言う説があり、あまり男女の性別には関連していないとされている。

    Source:「ネーミング解明バラエティ ユライの王国」で紹介されたすべての情報

    以上を踏まえネットでは様々な意見がかわされております。

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    鬼滅の刃はじめ、人気が出ること=批判を浴びるという風潮は、どこにでもあるものですが、我々はその情報に安易に流されず、冷静に動向を見守るというスタンスが必要で、それがSNSを利用する側の心構えでもあるのかもしれません。

    Source:鬼滅の刃ポータルサイト



    画像が見られない場合はこちら
    鬼滅の刃、禰豆子は女性差別、令和の纏足だと批判


    (出典 news.nicovideo.jp)

    鬼滅の刃』(きめつやいば、英: Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba)は、吾峠呼世晴による日本漫画。略称は「鬼滅」。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。 大正時代を舞台に主人公が
    433キロバイト (69,746 語) - 2021年1月7日 (木) 11:16



    (出典 109cinemas.net)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【鬼滅の刃】とんでもない批判が発生】の続きを読む


    ロンドンブーツ1号2号・田村淳

    ロンドンブーツ1号2号田村淳が、5日にツイッターを更新。緊急事態宣言の発令される見通しであることに伴い、首都圏を中心に各地で成人式の中止決定が相次いでいることを受けて、東京五輪を引き合いに持論を展開した。


    ■7日にも発令方針の緊急事態宣言

    新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない状況を鑑み、東京・神奈川・千葉・埼玉の4知事は2日、国に緊急事態宣言の発令を要請。これを受け、菅義偉首相は5日午前の自民党役員会で、1都3県を対象とする緊急事態宣言を7日に発令する方針を表明した。

    これに伴い、首都圏ではこの3連休に控えた成人式の中止や延期を表明する自治体が続出。5日午前時点で、都内だけでも14の区が従来方式での開催中止を発表している。


    関連記事:札幌市が成人式を中止 ネット上では「GoToはやるのに…」と疑問の声も

    ■東京五輪を引き合いに…

    こうした動きを受けて、淳は「成人式コロナが落ち着いたあたりに日程をずらしてあげれば良いのに…」とツイート。開催を願う新成人をおもんぱかり、中止ではなく「延期」で開催することを提案した。

    さらに、昨年から延期された東京五輪の開催を目指す国の姿勢を引き合いに、「オリンピックやる気なら成人式は余裕でできるはず」とも言及。

    ■多くのユーザーから反響

    今回のツイートには、「オリンピック開催できるなら、その頃に成人式延期して開催してあげたらいい!」「オリンピックは4年に1度…成人式は 一生に1度…」「五輪やる気なのに他のイベント自粛する空気本当に理解できない」など、多くのユーザーから賛同する声が上がることとなった。


    ■国民は五輪開催にあきらめムード?

    延期が決まった昨年より感染が広がり、厳しい状況が続く五輪開催。また、国民の中には、開催よりコロナ対策に注力してほしいとの意見も増えてきている。

    ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,880名を対象に調査したところ、「東京五輪はなんとしても開催してほしいと思う」と答えた人は全体で30.3%。性年代別でも、最も多い世代で4割以下と、国民の多くはそこまで開催を望んでいないことが分かる。

    東京五輪はなんとしても開催してほしいと思う性年代別グラフ

    予定通り開催か、再延期か、はたまた中止となるか…。感染が拡大し続ける中、五輪をめぐる最終判断は刻一刻と迫っている。

    ・合わせて読みたい→『ゴゴスマ』東国原英夫、緊急事態宣言は「的を絞るんじゃないかな」

    (文/しらべぇ編集部・玉山諒太

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年4月24日2020年4月27日
    対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

    田村淳、緊急事態宣言による成人式中止に言及 「オリンピックをやる気なら…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    田村 (たむら あつし、1973年〈昭和48年〉12月4日 - )は、日本のお笑いタレント(吉本興業所属、ロンドンブーツ1号2号)、司会者、作家、ラジオパーソナリティ、YouTuber、会社経営者(株式会社LONDONBOOTS代表取締役、株式会社がちキャラ取締役会長、株式会社itakotoCEO
    43キロバイト (6,158 語) - 2020年12月25日 (金) 06:49



    (出典 thebridge.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【田村淳】成人式中止に言及!東京五輪の引き合いを展開!】の続きを読む


     『料理するのは“お母さん”だけですか?ファミリーマートの「お母さん食堂」の名前を変えたい!~ 一人ひとりが輝ける社会に ~』。

     「性別に基づくイメージ価値観を変え、一人ひとりが輝ける世界を実現するため」として、ファミリーマートが展開する惣菜などのプライベートブランドお母さん食堂」の名前を変えるよう求めるオンライン署名キャンペーンが論争を呼んだ年の瀬。

     

     思えば、2020年ネット上ではジェンダーの問題をはじめ、ポリティカル・コレクトネスをめぐる様々な論争、Twitter上のハッシュタグ運動が繰り広げられた。しかし、その過程ではしばしば、「リベラル」とされる人々の言動が「攻撃的」「不寛容」と批判されることもあり、本来的な意味での「リベラル」とはかけ離れてしまっているのではないか、との見方も少なくない。

     そこで大晦日ABEMAABEMA Prime』では、いわゆる「リベラル」がいかにして建前から脱却し、前向きな社会変革に結びつけていくのか、当事者も交え話し合った。

    ・【映像】ひろゆきVS若手リベラル論客と考える"お母さん食堂"&ポリコレ


    ■参加者(50音順、敬称略)

    ・倉持麟太郎(弁護士、『リベラルの敵はリベラルにあり』著者)
    たかまつなな(時事YouTuber
    ・中谷一馬(衆議院議員立憲民主党所属)
    長谷川ミラ(モデル
    ひろゆき(『2ちゃんねる』創設者)
    ・笛美(Twitterハッシュタグ運動「#検察庁法改正案に抗議します」考案者として知られる)
     

    ■「お母さん食堂」論争とは何だったのか

    笛美:私はこの署名運動を応援している。まず、ファミリーマートさんのホームページに掲載されている、「お母さん食堂」のボディーコピーを紹介させてほしい。“「家族の健やかな生活」を想って作った、美味しくて安全・安心な食事と食材を提供するブランドです。お客さまにとって「一番身近で美味しくて安心できる食堂」を目指しています。”とある。

    つまり、この定義に対し、「お母さん食堂」という名前を付けたということだ。しかし今や約7割の世帯が共働きであって、料理を作るのはお母さんだけではない。政府の「男女共同参画基本計画」にも、“主たる稼ぎ手は男性で、女性は料理を作るもの”といった幼少期から根付いてる役割分担、無意識の思い込みみたいなものは変えていかなければいけないと書いてある。

    ファミリーマートは全国に1万6000店があるので、子どもさんもいっぱい訪れる。そこで「一番安全・安心な食事を提供するのがお母さん食堂」と言ってしまえば“料理は母がするもの”ということが刷り込まれてしまうのではないか。そこに対して変えていきたいという声を出すということには賛成だ。

    たかまつ:見ていて、騒ぎ過ぎじゃないかと思う。炎上しそうだなと思うようなことを堂々とやってしまうファミマにはセンスがないと思うが、単に買いたくない人は買わなければいいし、それでも美味しいし良いじゃんという人は買えばいい。つまり市場原理で淘汰されるということだ。

    言葉狩りだ」という反対意見があるが、結局、この運動も文脈が伝わらなければ意味がない。共働き世帯が増えている一方、まだまだ女性が家事の負担を強いられているという現状への問題提起のための運動なのだとしたら、ファミマに噛み付くのが有効だったのか、そこは疑問だ。

    ひろゆき:仮に「お父さん食堂」だったとしたら、「うちではお母さんが料理を作っているのに、それを無視して“男の仕事”だ、シェフも男の仕事みたいになっているし”などと言う人も出てくるのではないか。お母さんはダメだ、お父さんはダメだ、お兄さんはダメだ、お姉さんはダメだ…と、性別に関する言葉が全部使えなくなっていく。そして、たかまつさんが言うように市場原理で淘汰されるという結論になるのであれば、そもそも署名運動による抗議そのものが必要なかったのではないか。

    笛美:市場原理によって淘汰されるのは仕方がないことだと思うが、企業にとっては、理由が分からないままお客様が消えていってしまうのは困ると思うし、残酷なことだと思う。企業としても新しい価値観アップデートしていきたいだろうし、自分たちを潰そうとするノイズではなく、これからの新しいクリエイティブを作っていくためのブラッシュアップヒントにしていただけたらいいなと思っている。

    ひろゆき:それは「新しい価値観を知っている私たちが企業に教えてやるぜ」という、“上から目線”ではないか。

    笛美:食とジェンダーに関する議論は、たかまつさんがおっしゃった通り、コンテキストがすごく複雑だ。正直、この議論が今の日本できるとは全く思っていなかった。それでもこういう声が上がり、こうして皆で喋っている。それだけで女子高生たちがやったことの成果が出ていると私は思う。

    長谷川:私の場合、服のブランドについてもフェアトレードを行っているのどうかを気にするし、どれだけ良い素材のものでも会社の代表が過去に差別的発言をしていたとしたら買わないようにしている。動物実験をしている化粧品ブランドのものは使わないという情報発信をすることで、そういうブランドが減っていけばいいとも思っている。だから三浦瑠麗さんが言っていることに賛成できないからAmazonプライムを解約するのもオッケーだし、応援してるタレントが出ているブランドを買いたいと思うのもオッケーだ。そういう風潮にしていかないと、リベラルも何もいい方向には進まない。

    倉持:企業側から見れば、これは広い意味でのコンプライアンスの問題でもある。顧問弁護士などによる法律判断とは別に、この名前でいけば売れるかもしれないが、炎上するかもしれないという中で経営判断をするわけだ。企業が責任を持って判断した結果として客が消えたとしても、残酷なことだとは思わない。

    これとは別に、端緒として高校生が問題提起できたこと自体はいいが、このハッシュタグに乗っからない奴は劣っているんだとか、敵なんだ、悪なんだみたいな、“全体主義的”な感じになっちゃうのは良くないと思う。

    中谷:まさにポリティカル・コレクトネスの話になってくるが、人権を侵害されているような人たちがいて、直ちに救わなければならない状態なのであれば、そこは制度的なアプローチをしていくことになると思う。一方で、あるべき理想の姿はこうだが、現在は時代背景もあってこういう状態になっている、というものについては、緩やかにバランスさせることが必要だ。

    お母さん食堂」について言えば、“おふくろの味”というものが一般的に受け止めやすいものになっているのが今の日本社会ということだと思う。だからこそ、企業はマーケティング戦略として発信した。しかし時代が変わり、ジェンダー平等も進んで行く。私も家ではかなり料理を作っているので、娘たちからしたら「お父さん食堂」とか、“おやじの味”の方が分かりやすいのかもしれない。

    そこは時代が理想に追いついていくのに合わせて緩やかに変わっていくことが大事であって、絶対にこうじゃないといけないというのでは苦しくなってしまう。そこのバランスを社会全体が寛容に考えられたらいい。
     

    ■どうすれば先鋭化せず、支持を集められるのか

    2020年は「お母さん食堂」以外にも様々な論争、ハッシュタグ運動がネット上を賑わせた。

    笛美:私は「主人」という言い方には、ちょっと主従関係を感じる。ただ、「主人」という言葉を使っている人を悪く言おうとか、ハッシュタグに賛同しない人を悪く言おうとは思っていないし、代わりに何と言えばいいのかと言われると、それも難しい。ただ、こういう問題があるよということを提起したいということだ。

    ひろゆき:“お前”という言葉は、今は失礼な言い方だが、もともとは“御前(おんまえ)”であって、字面としては相手を尊重した言葉だった(笑)

    倉持:「貴様」もそう(笑)

    ひろゆき:「主人」だって、そこに自分と夫に主従関係があると思って使っているわけではないと思う。黒人という呼び方が良くないからネイティブアフリカンと呼びましょうね、というのは分かる。「主人」についても、他に正しい呼び方があって、こっちを使いましょうね、ということであればまだマシだが。単に面倒くさいことを増やすのは止めた方がいいと思う。

    倉持:「家父長制の伝統へのこだわりがあるから主人と呼んでいるんだ」という人ではなく、「たまたま地雷を踏んじゃった」という人が超キレられた、みたいな話がすごく多い。そういう社会にしていかないと、支持を集めるのは難しいと思う。

    こういう言い方をすると、またハッシュタグで批判されてしまうかもしれないが(笑)、もともと“左高右低(さこううてい)”、つまり全共闘みたいな、左派と呼ばれるのは高学歴の人たちが多く、基本的にはエリート主義的なところがあったと思う。そして間違えたことに対しても、“この領域に達していないんだったら、お前らはダメだ”みたいな厳しい感じもあったと思う。

    現在でも“カッコつきリベラル”、つまりリベラルっぽい人たちは攻撃的だ、という話があるが、やはり人間というものは間違えるものだし、自分たちが考える“正しいと思うこと”を間違えちゃったとしても、すぐに許すということが大切だ。

    たかまつ:特定の領域について運動をしている人は、それだけ思いも深くなるので、使われた言葉にもすごく気を使う。こういう言い方をすると誤解を生んでしまうとは思うが、その意味で、私はフェミニストの人たちがちょっと怖い。ちょっとした言葉遣い一つでものすごく怒るし、人格攻撃じゃないかと思うものさえもある。私だって男女平等、女性活躍は推進すべきだと思うけど、それを言うのは怖いな、止めとこうかなと。

    同じように、「主人」という言葉についても、何かよく分からないけど怒られるかもしれないから「パートナー」と言おうかなと思っている人も多いのではないか。でも、それって本質的なのかなと思う。“男女の不平等をなくしたいから”ではなく、“炎上しないから”という理由で言い換えるなら、かえって問題に蓋をしていることにはならないか。

    ひろゆき:昔から「言葉狩り」をする人はいたと思うが、“こいつめんどくせえな”で終わっていたのが、最近ではポリコレコンプラ違反といった正当性の武器を与えてしまった。そう言われると、とにかく直さないといけないと説得されちゃう頭の悪い人も増えちゃったので、結果として面倒くさい人の意見が通っちゃうというのが増えちゃったと思う。

    倉持:「リベラル」というパッケージがあり、そこに記号がいっぱい入っているイメージだ。だからそこから外れると、「ジェンダーの問題については怒らないといけない」とか、「リベラルのくせにそんなこと言うなんて」ということになる。本当のリベラルならば、パッケージなんて作ってはいけない。むしろパッケージの中身を新陳代謝させないといけないのに、全ての条件を満たさない人はリベラルじゃないと。それはリベラルというよりも左派だ。自分たちが考えていることが最も正しく、そうじゃない考え方を持った人たちは敵だから攻撃する。そういう性質があると思う。それが政治との相乗効果で、どんどん先鋭化している。

    中谷ハッシュタグの運動に関して言えば、内閣委員会で黒川検事長に関する質問をさせていただいた議員の1人として、検察庁法の改正案の問題について市民の皆さんが声をあげていただいたことは奏功したし、非常に良い事例なんじゃないかなと思っている。GoToに関しても多くの方が良い印象を持っていないという状況があるし、そういう中で感染拡大を抑えていかなければならない。

    また、安倍首相の辞任を求めるハッシュタグがあったが、秘書さんだけが辞めておしまいみたいな感じでは皆は納得しないだろうなというところはよく理解できる。“野党は桜ばっかりやって”みたいな批判を与党サイドの方からよく受けることがあったが、実際、国会で118回も嘘をついたし、全く議論がかみ合わなかった。あれだけ議論がすれ違ってしまえば当然、僕たちも繰り返し質問することになる。
     

    ■日本には本当のリベラル政党、保守政党は存在しない

    その一方で、メディアに“リベラル政党”と括られることも多いことについて中谷議員には違和感もあるようだ。

    中谷枝野さんも「私は保守本流だ」「30年前の自民党宏池会に近い発想をしている」と仰っているし、自分たちのことをステレオタイプ的「リベラル政党」だと思っている立憲民主党の議員は少ないんじゃないか。保守本流のど真ん中の方もいれば、自民党維新の党からいらっしゃったような穏健中道のような方も多いし、もちろん旧社会党出身で、多様性を重んじ、正論をおっしゃるリベラルの方もいらっしゃる。そういう、多様な政党であるということは皆さんにぜひご理解いただけたらうれしい。

    自民党だって清和会のようなタカ派から宏池会のようなハト派まで幅広く人材はいるが、安倍さんたちが保守本流だということには違和感がある。非常な変革をされようとしているという意味で言えば、保守的な価値観を持っているかというと、僕はかなり懐疑的だ。ただし、自分はリベラルだ、保守だというアイデンティティやイデオロギーで政治をしている同世代の政治家は極めて少ないと思う。僕自身も、解決手段として、これはリベラル的なアプローチが重要だねとか、これは保守的なアプローチが必要だねと、ケースバイケースによって手法の在り方は当然変わってくるものだと思っている。何かが絶対的な価値というよりも、柔軟で、寛容であるべきだと思っている。

    倉持:私は自分のことをリベラルだと思っているが、立憲民主党とは一緒にして欲しくない。先程も言ったように、そもそも人間とは間違えるものだよね、だから自分の自由を尊重されたかったら、相手の分も尊重しようというのがリベラルだからだ。だからこそ権力というものは信頼できないし、制度をちゃんと担保しよう、そのための議論をしようという姿勢になるはずだ。しかし今の立憲民主党は、完全に執行部の独裁、いわば“全体主義政党”になってしまっている。“立憲”でも“民主”でもなくなっている立憲民主党が「リベラル政党」と呼ばれてしまうのは、本当のリベラルなら嫌がるはずだ。

    逆に言えば、今の日本には保守政党もないと思う。自民党は保守じゃないのか、と思われるかもしれないが、元はといえば戦後の経済成長と反共産主義でまとまった、政権を安定的に運営するための塊だったし、その二つが無くなってきている今、ただ単に現状を“保守”するだけの政党になっているからだ。本当の保守主義、保守政党であれば保守すべき理念があり、そのために変わっていかなければならない。家父長制や男系の皇室にこだわっているように見えるが、それは日本の数少ない伝統がこのまま滅んでもいいような政策を取り続けているということでもある。そういうところを見ても、保守とは言えないだろう。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)
     
    「お母さん食堂」論争から考える日本の「リベラル」…ポリコレ、ハッシュタグ運動が支持を集めるためには?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アンファー スカルプD メディカルミノキ5(2018年8月 - )草彅と出演。 ファミリーマート 炭火焼きとり(2018年8月 - ) 「お母さん食堂」「お母さんの秘密篇」(2018年9月 - ) 「パパの崩壊篇」(2018年11月 - ) 「チキンベル奏者の崩壊篇」(2018年11月 - ) スクウェア・エニックス
    67キロバイト (8,652 語) - 2020年12月31日 (木) 12:07



    (出典 s.eximg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    ばかくせえ、働け暇人(エセリベラル)ども・・・どうせ自分の住んでる家の仕組みすら知らない人種だ、普通なら淘汰され滅んでいる、相手するのもばかくせえ・・・


    もうリベラルじゃなくて、共産主義者とはっきり言えよ


    リベラル?ポリコレ?どれも違う。やってる事はただのチキ〇イだよ。


    ビジネスリベラルだからだろ。日本を破壊するためにどこかの外国人から金もらってるんだろ


    まずその臭ぇ反日の臭いを隠す努力をしてから言えよ


    何でもかんでも刷り込みなどと文句言って意見通したらファミリーマートという名称自体も家族は作らないといけないという風潮を生み出すとかいって変えさせられてしまうぞ。


    自分の嫌いな物を叩く口実として肩書にすがる限り支持なんて増えない


    支持している団体からしてジェンダーフリーの精神に真っ向から反しているガールスカウト連盟だからな。ちゃんちゃらおかしいわ。


    愚昧な大衆を教導してやろうっていう上から目線の意思を最早隠す気もないのね。


    お母さん食堂ブランドが淘汰されることは構わないのに、何で自分のマイノリティ主張が淘汰されることを認めないのか。それだって適者生存の結果でしょうが。


    "お父さん食堂"だったら、"お母さん"より売れると思う?


    自称リベラルが逆張り中二病患者やアナキストや誇大妄想狂やミサンドリーや事大主義者のすくつになってるあたり、まだまだ日本は平和です


    この人たちは「伝統文化を破壊することは悪いことだ」という常識が欠如している。


    「ガール」スカウトが「お母さんは女性という固定観念から」言ってる時点で駄目なんだよ。


    *企業で黒人連想は🤣🤣🤣🤣もう病気だろあいつら🤣🤣🤣🤣🤣🤔


    こんなド少数のアホどもの意見聞いてたらミームというミームを全部ひっくり返さなきゃいかんのだが。 これで一つ意見が通ったら「世間は我々を認めてくれた」と勘違いするんだ。面倒臭がられ忌々しく思われているだけなのに。


    そもそもリベラルってのがいらん。嫌なら他のを買えばいい。選択の自由があるのが現在だ。「それ嫌だから変えろ」とか一個人が何様のつもりなのか。お母さん食堂のネーミングが好きで買う人だっておろう。それしか見えない視野も考えも狭い人間に合わせようとするから今の世界の停滞があるように思える。


    リベラルというと本当のリベラルに失礼。*がまたおかしなことやってると温かい目で見てあげるのが一番いい


    まずハッシュタグで運動しようとすることをやめたら如何?あんないくらでも水増しできる数になんの意味があるんだよ。


    引用「国会で118回も嘘をついたし、全く議論がかみ合わなかった。あれだけ議論がすれ違ってしまえば当然、僕たちも繰り返し質問することになる。」って・・・貴方・・・。阿部さんが100%正しいなんて事はないでしょうが、答えようのない質問や議論する意味も無い事聞かれりゃ、そうもなるでしょうよ・・・





     人気漫画『ONE PIECEワンピース)』が、4日発売の連載誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)5・6合併号にて連載1000話を迎えた。これを記念して作者・尾田栄一郎氏のコメントが公開され、連載23年間を振り返った。

    【画像】ワンピース作者の直筆メッセージ 物語は最終章に「片足をつっこんでます」

     記念すべき連載1000話を迎え「やーもー いろんなことがありすぎた23年でした。僕の人生の半分が週刊連載。笑 ルフィたちもいくつもの島へ航海し、いくつもの冒険をしてきました。出会った人たちの数はもうわからない!」とし、「その裏で僕も、たくさんの人たちに出会い、家族を始め数えきれない人たちによって支えられてきました。いろんな人たちに頭があがりません」と感謝。

     また、作家としての持論として「読者にも忙しい人生があり、『読者は5年で入れ代わるもの』それが長期エンタメセオリーです。だから僕は読者をあまりファンと呼ばないようにしてました。いつか去っていく人達だと自分に言い聞かせてたからです。『おごるな』と」と打ち明けた。

     続けて「なのにその考えが恥ずかしくなるほどに、皆さんがルフィを信じてくれるから、僕も皆さんを信じて、好き勝手に漫画を描いてこれました。冒険はここへ来て、最終章に片足をつっこんでます。1000話もやってしまった、だけど、1000話やったからこそできる、面白すぎるストーリーがあるのです!あるのですよ!!」と読者に支えられて描き続けた23年間と説明した。

     最後に「なんやかんやで今ご縁のある世界中のONE PIECEファンの皆様! 長いお話になりましたが、もう少しの間、ルフィたちの冒険をどうか見守ってやってください!!」と呼びかけた。

     『ONE PIECE』は、1997年7月22日より『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした少年漫画で、伝説の海賊王ゴール・D・ロジャーが残した“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”をめぐる海洋冒険ロマン悪魔の実「ゴムゴムの実」を食べゴム人間となり、体がゴムのように伸びる特殊な能力を持った主人公の少年モンキー・D・ルフィが、仲間を集め海賊「麦わらの一味」を結成し、海賊王を目指す壮大なストーリー

     その人気はすごく、2010年3月4日に発売されたコミックス第57巻の初版発行部数300万部は、日本出版史上最高初版発行部数を記録し、12年8月3日発売の67巻は自己記録を更新する初版405万部を刊行。世界中で愛されている作品で、最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ「The most copies published for the same comic book series by a single author」としてギネス世界記録に認定されており、20年4月3日発売の96巻までで全世界の累計発行部数は4億7000万部を突破。テレビアニメが99年より放送されているほか、ハリウッドで実写ドラマ化のプロジェクトも進行するなど、大人気コンテンツとなっている。

    『週刊少年ジャンプ』5・6合併号の付録ポスター(C)尾田栄一郎/集英社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    尾田 栄一郎(おだ えいいちろう、本名同じ、1975年1月1日 - )は、日本の漫画家。熊本県熊本市出身。九州東海大学中退。血液型はA型。妻は元モデルの稲葉ちあき。愛称は尾田っち。 1997年より、『週刊少年ジャンプ』で『ONE PIECE』を連載中。同作の国内累計発行部数は2019年3月の時点で
    47キロバイト (6,725 語) - 2021年1月2日 (土) 17:40



    (出典 animeanime.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    だから本来ならどんなにヒットしてても5年で完結させないといけないんだよな。


    某所で他の人の発言だけど「少年漫画ならこどもがこどもの内に完結すべき」はたしかにと思った。


    この漫画知らんけど探し物してるんだっけ?🤔23年も探してるんじゃ心折れそう😫


    実際今の子供はよーし最初から見てみようとか思うのかな。既に親が持ってて英才教育してるのかもしれないが


    最初のDBを知る世代が、ワンピースや他の格闘漫画で主人公が一定の強さを超えると「なんかDBっぽくなってきた」って段々シラけて離れていく


    5年か。鬼滅、タッチ、うしとら、北斗の拳、Dr.スランプがその範囲で収めてる作品やな。


    最近のジャンプはチェンソーマン、ハイキュー、ネバラン、鬼滅とサクッと終わらせた方が後から読んでくれる人も楽だし、アニメも原作に追いついた挙句延々尺稼ぎクソアニメにならないしでメリットあるって気付いたよな。ワンピはもう原作もアニメも手遅れだが


    正直もういい加減に終わらせてほしい


    ベルセルクと一緒で終わってないのに終わってる漫画ってイメージ


    昔から読んでるから惰性で読み続けてはいるけど、休載でも全然悲しくないし、アクタージュみたいに突然うちきられても多分全然辛くない。それでもまだ読んでるだけコナンよりましだが。あれからは完全に離れた


    唯一無二のお宝探しに、どんだけ時間がかかってるんですかね……


    本人が描きたいなら別に言うことはないが、編集部が無駄に引き延ばしを要求してるならクソ。


    少なくとも話題合わせるためにいまさら読もうとは思わない。


    いい加減に終われよと4回読者総交代されたってことですね、引き際弁えなさすぎでは


    まあ面白いからいいけど削れる部分やエピもかなりあったものな…


     ちょっと待って。最後の二行に書いてあるハリウッド実写化ってマジ?どこ情報?


    20年はさすがに長すぎるな。気軽に読めない。鬼滅はその辺りちょうどいい量だったと思う。





    逮捕される女性(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    時おり起きてしまう、警察の誤認による不当な逮捕。それに苦しめられた被逮捕者に対する損害賠償金は、どれくらいの額が妥当なのか。米国・コロラド州でこのほど興味深い裁判が閉廷したことを、デンバーの『Denver Post』『FOX31 Denver KDVR』などが伝えた。


    ■マスターキーを使った警察官

    米国・コロラド州のフレモント郡で2014年5月、郡保安官事務所の誤認により、ホームレス向けアパートに暮らしていたキャロリン・オニールさんという女性に対し、不当な逮捕があった。

    アパートに現れた警察官3名は「あなたらしき女性が、このアパートで自傷行為を起こして暴れているとの通報が入った。事情を聴きたい」と説明。

    何ら身に覚えのないオニールさんは「私は関係ない。入浴するところなので勘弁してほしい」と断ったが、彼らはアパートマスターキーを使用し、押し入ってきたという。


    関連記事:頻発する家政婦トラブル 逮捕の女は食べ物に尿・月経血を混ぜた容疑を否認

    ■保安官事務所は謝罪するも…

    聴かれたことに正直に答えても、それを信用しない警察官。彼らに毒づいたオニールさんは、社会の秩序・風紀を乱す行為、および公務執行妨害の容疑で逮捕された。

    しかしその後、逮捕すべき対象はオニールさんではなかったことが判明。保安官事務所は謝罪したが、オニールさんは納得せず裁判に持ち込んだ。

    昨年の陪審裁判では「3億7,000万円の損害賠償金が妥当」との結論に至ったが、連邦裁判所の判事は「高額すぎる」としてそれを却下。日本円でおよそ2億5,000万円の損害賠償金を支払うことで、このほど最終的な合意に至ったという。

    ■入浴直前だと告げたのに…

    オニールさんの逮捕には大勢の目撃者がいたわけでもなく、報道もされていないため、その誤認逮捕によって甚大な被害を受けたとは言い難いものだった。

    にもかかわらず、それほどまでに高い損害賠償金を受け取ることになった理由は、彼女が「入浴の直前だから」と告げ、実際に全裸だったこと。そんな姿で乱暴にベッドに押し倒され、手錠をはめられていた。

    さらに保安官事務所に連行されると、オニールさんはテーザー銃を2発撃たれ、拘束具で腕、脚、胴を椅子に縛り付けられたという。


    ■血税から支払われる賠償金

    一連の出来事に、ただごとではない屈辱感を味わったオニールさん。ひどく抵抗したことで、警察が関連する精神医療施設に連れて行かれるところだったという。

    20日には代理人のデヴィッド・レーン弁護士メディアの取材に応じ、「あり得ない酷さです」と警察を酷評。さらに、「過ちを犯した本人たちがポケットマネーで支払うならともかく、賠償金にはフレモント郡の人々の血税が使用されるんです。なんとも遺憾ですね」と話している。

    ・合わせて読みたい→“裏口入学”裁判で太田光が勝訴も… 坂上忍が生放送で激怒した理由

    (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

    警察の誤認逮捕に女性が激怒 2億円超の損害賠償金が支払われた理由


    (出典 news.nicovideo.jp)

    誤認逮捕(ごにんたいほ)とは、警察などの捜査機関がある人物を被疑者として逮捕したものの実際にはその人物は無実であったことが判明した場合の逮捕行為を指す俗語である。 捜査機関がある人物を逮捕した場合に、その後の捜査によってその者の無実が判明し、釈放される場合がある。この場合の逮捕誤認逮捕
    9キロバイト (1,485 語) - 2020年9月3日 (木) 23:05



    (出典 keiji.vbest.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    マスターキーと聞いてショットガンを思い浮かべたあたり毒されてるなぁと思った


    2億もらえるならアリかな?とか思ってしまったw


    やばい連中がいるからその判断はある意味間違ってないけど。即断即決過ぎる。風呂入るならあとにしてくださいとか言葉で伝えて、嫌がるようなら強制的に中に入りますなどすればいい。


    全裸になるだけでハネあがるなら模倣犯が今後大量に増えるな


    2.5億貰えるなら俺も誤認逮捕されたい


    >omega11 あー自分は非常用の赤い斧ですね


    警察も人間だからな・・・頭おかしいやつはどうしても居るんだよな(この場合自分が絶対正しいという妄信的な利己行動)


    誤認だけでやたら高額だな・・・と思ったら、まだ疑いの時点かつ否認しているのにその扱いじゃあ、誤認逮捕じゃなくてただの市民に対する公権力の暴行だわな・・・。下手したらPTSDになるし、テイザーでショック状態になるわ・・・。


    2億は高いなーとか思ったんだけど、すっぽんぽんでベッドに押し倒され手錠、さらにテイザー2発に椅子に拘束、あげく訴えも聞かずに無実・・・妥当かなーと思った。


    クソ警官に賠償金の支払いを一部でもいいから負わせたいな。退職金から差っ引きゃいいだろ。


    2億は正直高い気もするが、誤認逮捕状況も確かにヒドいな。アメリカという事も踏まえれば納得はいく賠償額かしら


    え?結局、自傷行為して暴れてる女性はどうなったん?


    日本じゃ15年ムショに入っていた女性が、慰謝料数千万ほどですものね。日本もこのくらいの補償を出すべき。


    完全に役満な違法誤認逮捕じゃね~か。これで本人達は降格だかのお咎め程度で、2億以上の賠償金は税金とか洒落にならないでしょ。違法な場合は、当事者のローンに付けろ。


    実際自傷行為してる女性が入浴前であると言って警察を止め取り返しのつかないことになる可能性も0ではないからなぁ…一方でクソ警官がわざと入浴直前の女性のところに押し入りテーザーかますようになってもダメだが


    なお日本の警察は痴漢冤罪で拘束して「お前容疑者だからな?立場わきまえろよ」と高圧的な態度でふるまってきたりしてくるのに、微物検査で冤罪が判明しても賠償どころか謝罪すらない。冤罪で金稼ごうとした女の情報も(当然かもだが)得られないので、向こうはやり得ノーリスクというね。


    いや、自傷行為しているはずの相手が裸だったなら自傷痕があるかどうかで人違いってすぐわかるだろ。どう考えても警官の対応はおかしい。誤認で済むはずない。


    これ、本人からしたらニセ警官に*されかけたとしか思えんだろうしな。スワッティングとかもあるし、アメリカの警察って万事大雑把すぎない?


    誤認逮捕はないほうがいいね


    警察は精神病院を口封じのための道具として利用する。




    このページのトップヘ