33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。

    トレンド


    人気漫画&アニメ鬼滅の刃』のキャラクターくじ『一番くじ 鬼滅の刃 ~弐~』が27日から、ローソン、書店、アニメイト、ホビーショップゲームセンタージャンプショップなどで発売を開始した。1回750円(税込)で空くじはない。

    ■トレンド入りするほど人気に

    人気作品の一番くじということもあり、SNS上では反響が続出。ツイッターのトレンドにも入り、「A賞当たった!」「もうI賞しかなかった」などさまざまな報告が相次いでいる。

    なお、A〜D賞まではフィギュアで、A賞は冨岡義勇、B賞は竈門炭治郎と人気キャラクターが並んでいる。また、E〜G賞はミニポスター、H〜I賞はラバーストラップだ。

    そして、一番くじの目玉であるラストワン賞は、冨岡の特別仕様のフィギュア。やはり狙っているファンは多いようで、「本気出してくる」「お金を使い切った」とお金をつぎ込むファンや、「目の前でくじを買い占められた」と惨敗してしまったというファンもみられた。

    関連記事:『鬼滅』ファンに配慮した集英社の対応に称賛 「本当に好きな作品だから…」

    ■売り切れを嘆く声も続出

    ツイッタートレンドに入るほど人気のくじということもあり、発売初日にも関わらず売り切れる店舗も続出。「何件も店を回ったけどすでになかった」「開始から1時間半で売り切れた」「朝行ったのに間に合わなかった…」と嘆く声もあがっている。

    ちなみに、発売初日の夕方頃に筆者が近所のローソンを3店舗ほど回ったときには、すでに販売は終了していた。

    ■10万円近い金額で高額転売も…

    キャラクターカードが入った『鬼滅の刃カードウエハース2』のときと同様、SNS上ではグッズを交換するファンたちも。ラストワン賞やA〜B賞が人気の的なのは当然だが、H〜I賞のラバーストラップも複数個での交換用として使われている。

    なお、これらのグッズについてフリマアプリに出品するユーザーも多く、A〜B賞は5,000円ほど、ラストワン賞は8,000〜10,000円と高額だ。中には、ラストワン賞の複数セットで10万円近い値段をつけているユーザーもみられた。

    ■「転売ヤー」に激怒するファン

    中には一番くじを大量に買い占め転売ヤーもいたようで、全グッズが出品されているケースも。SNSでは一番くじ買い占めることを自慢する転売ヤーもみられており、こういった転売状況に、純粋に楽しんでいるファンからは「スゴい金額がついてる…」「転売ヤーは買うなよマジで」「本当にいい加減にして」と悲しみや怒りの声が相次いでいる。

    5月13日には、コミックス最新巻を求めて本屋に行列ができたほど社会現象を生んだ同作。今回の一番くじ発売は、ファンだけでなく「転売ヤー」にとっても嬉しい出来事だったということだろうか。

    ・合わせて読みたい→『鬼滅の刃』最新巻めぐり本屋行列や高額転売 ファンから怒りの声も

    (取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

    『鬼滅の刃』一番くじ、初日で転売ヤーの餌食 信じられない金額にファン絶句


    (出典 news.nicovideo.jp)

    一番くじ(いちばんくじ)とはBANDAI SPIRITS(ロト・イノベーション事業部)が全国のコンビニエンスストア・書店・バンダイナムコアミューズメントなどで販売している、キャラクターグッズが当たるハズレ無しのくじ引き(キャラクターくじ)である。 2003年にバンプレストが『ポケットモンスター
    7キロバイト (322 語) - 2020年5月9日 (土) 23:25



    (出典 news.nifty.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    こういう人達に4ねとかそういう事言うのもやっぱ誹謗中傷になるんだよね?面倒な事だ。


    い つ も の


    古物商許可証がなければ、定価以上の価格(その物を手に入れる為にかけた単体価格以上)で転売するのは禁止にすればいい。そうすれば、こういう輩は消滅する。


    ロット売りの予約ってのがあるから、通常販売品の買い占めじゃなくそっちでやれ。ラストワンや抽選券まで全部ついてるので、外れ券複数でダブルチャンスのオンライン抽選参加なども可能。定価以上での転売は摘発されろ


    1万も出して買うんだったら一番くじよりもっと出来のいいフィギュアあるやろ。


    バンダイは転売屋に盛り上げてもらった方が良いですもんね。 プレミアムバンダイのMETAL BUILDとか良い例ですね。


    そもそも一番くじって未開封を1セット買い占めてなんぼな商品じゃね? コンプするためには買い占めが手っ取り早いし 最後の1個買うとラストワン賞なんてもんあるんだし


    そもそも転売屋から買うヤツが居るからタチが悪い。


    転売は悪!リピーターになりえない、利益の薄い商品ばかり狙うなどなど売る側もハッキリお一人様いくつまでとか一世帯いくらまでと決めるのと、転売屋と判断できる人以前からそういうことする人はズバッと断ればいい普段の行いが試される


    転売は言語道断だが店側もくじの回数制限しないのか?


    結局転売屋のを買う奴がいるから・・・


    お一人様いくつまではバイトを雇えば解決できてしまうからな メーカーや販売元に対策を求めても無理がある やるならネット個人取引をそもそも禁止するか するきも起こらなくなるぐらい重税でもかけるしかないな


    マスク品切れ問題の教訓もあるんだから転売を犯罪行為に認定すべき。後、ファン・コレクターもいくらほしくても諦めるという決意が必要だと思う。


    何故転売屋から買うかというと、当たるか分からないくじより確実に買えるから。5回引いても当たらない結果より2回分の金額払って確実に手に入るならそっち選ぶよね。






    5月18日発売の週刊少年ジャンプ24号

    人気漫画『鬼滅の刃』が約4年3か月の連載に幕を閉じた。最終回を掲載した週刊少年ジャンプ24号が5月18日に発売すると、ネット上では未明から驚きや、"鬼滅の刃ロス"を嘆く悲しみ、引き延ばしにならなかった安堵の声といった十人十色の感情が飛び交った。

    同作は、大正時代を舞台に主人公の炭治郎が家族を殺した鬼と戦うために"鬼殺隊"に入隊し、鬼と化した妹を人間に戻す方法を探す物語。5月13日発売のコミックス20巻は初版280万部、シリーズ累計発行部数は6000万部を超える大ヒットを記録している。


    『ワンピ』『ナルト』のような超長期連載を回避


    18日発売号は事前に、先週発売の前号に続いて"クライマックス"と表記されるにとどまっており、具体的な予告なしに最終回が訪れた。

    ネット上では、同作の終わり方について、数か月前から憶測が飛び交っていた。特に盛り上がりを見せたのが前号終盤に出てきた描写だ。「そして時は流れ――…時代は現代」とビル群が描かれていた。人気絶頂期を迎えている同作だけに商業的意図を汲んで、現代を舞台にした新章突入を予想する人も多かった。

    一方、連載終了を望む声が大きかったのも事実だ。『ワンピース』『ナルト』など、10年以上連載となると、ついていけなくなるファンも出てくる。そのため人気が絶頂のうちに「きれいに終わってほしい」という声も多くみられた。

    今回の最終回は、ファンの期待に応えた形と言えそうだ。ガールズちゃんねるに設けられたトピック内では「ずるずる続けなかったの意外で好感持てる」「変に引き伸ばされるより作者本人の納得のいくところで完結できた方が絶対いいよね」と好感のコメントが相次いだ。

    ツイッターでも「引き伸ばしせず綺麗に終わって素晴らしい作品だわ」などいう声が多数を占める。また、中には「バクマンの新妻エイジみたいで好き」と別作品の登場人物を思い出すファンも多かった。同作に登場する漫画家の新妻も「自分がベストだと思う状態で連載を終わらせたい」という意向から、周囲の反対を押し切って人気投票20週連続1位の連載作品を終了する場面がある。


    主要登場人物の孫世代登場 伊黒、甘露寺ペアは定食屋営む

    現代を舞台にした最終回は、竈門兄妹、我妻善逸栗花落カナヲ、煉獄杏寿郎の孫世代が高校に登校する朝を描いたストーリー。道中では5人のほか、警察官として一緒にパトロールする不死川兄弟や、二人で定食屋を営む伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の孫らの姿もある。

    また、嘴平伊之助の孫は植物学者に。作中で鬼が弱点の太陽光を克服するために必要とされた"青い彼岸花"を発見するも、その後はすべて枯らしてしまって謝罪会見に追われていた。冨岡義勇、錆兎、真菰の孫世代は小学生のようで、ランドセルを背負った姿で登場する。

    終盤は、自宅で電話を取る竈門家の母の場面に移行。壁には炭治郎のものと見られる日輪刀や耳飾り、生き残った鬼殺隊員たちが笑顔で写る集合写真などがあり、

    「長きに渡るご愛読ありがとうございました!吾峠先生の次回作にご期待ください!」

    と感謝を告げている。長期にわたる連載を追ってきたファンのみならず、昨年放送のアニメから入ったファンでも胸が熱くなる締めくくり方と言えるだろう。

    ツイッターでは「連載お疲れ様でした!」「私にとって大切な作品になりました」と作者へのねぎらいや感謝を告げる投稿が相次いだ。また、中には「鬼滅ロスが始まりそう~」と来週からの楽しみが減ることに対して悲しみを訴える人が続出している。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「」と呼ばれる敵やと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。略称は『鬼滅』。
    321キロバイト (52,055 語) - 2020年5月18日 (月) 11:25



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【鬼滅の刃】引き伸ばしせず綺麗に完結】の続きを読む


    シリーズ累計発行部数6000万部を超える人気漫画「鬼滅の刃」(集英社)の最新刊となる20巻が5月13日、発売された。ネットでは「鬼滅の刃20巻」や「鬼滅買い」がトレンドワードとなる一方で、メルカリヤフオク!などでも高額転売が続出している。

    定価よりも数倍の値段で出品されていることがほとんどで、中には同一アカウントから複数の出品も認められた。こうした転売に対して、「ファンが買えないから転売ヤーを規制してほしい」「まじで転売ヤーを撲滅したい」といった声がSNSなどで上がり、批判が強くなっている。

    「鬼滅」公式は「品切れとなった場合は重版で対応」と呼びかけ

    ツイッターの「鬼滅の刃」公式アカウントは発売直前、「発売後に品切れとなった場合でも皆さまにお届けできるよう重版にて対応します」と注意を呼びかけていた。

    しかし、発売日午前中からメルカリヤフオク!では、20巻の出品が相次いだ。価格は通常版が定価440円(税抜き)、ポストカードセットが付いた特装版が900円(同)だが、出品されたものはいずれも10002000円台の値付けがされ、中には1万円を超えるものもあった。

    鬼滅の刃」は2019年テレビアニメが放送されたことなどから人気に火がつき、既刊のコミックでも重版が追いつかない状態が一部で続いている。また、今年2月に19巻が発売された際にも、メルカリヤフオク!で転売が相次ぎ、ファンから批判が高まっていたが、今回も同じことが繰り返されたかたちだ。

    たとえば、メルカリでは利用ガイドで禁止されている出品物のリストを公表している。それによると、偽ブランド知的財産権を侵害するものをはじめ、盗品、武器、医薬品たばこ、チケット、現金、ゲームアカウントなどが並ぶ。それ以外は基本的に出品は自由だ。

    出品価格について、メルカリでは「不適切とされる行為」として、ガイドで次のように定めている。

    ・通常の経済的価値と著しくかい離した販売価格により商品を出品すること ・転売等の営利を目的としてメルカリで商品を購入し、著しく高い金額で売ること

    人気コミックの転売は、メルカリではこれまでもおこなわれており、今回も出品は継続。ファンの切実な声は反映されていない状況だ。

    転売ヤーの法的責任はあるのか?

    しかし、転売ヤーも場合によっては、法的な責任が問われる。

    たとえば、消費者庁ネットオークションについてのガイドラインによると、「営利の意思を持って、反復継続して販売をおこなう場合は、法人・個人を問わず事業者に該当し、特定商取引法の規制対象となる」としている。

    具体的には次のように示している。

    (1)過去1カ月に20 点以上または一時点において100点以上の商品を新規出品している場合

    ただし、トレーディンカードフィギュア、中古音楽CD、アイドル写真等、趣味の収集物を処分・交換する目的で出品する場合は、この限りではない。

    (2)落札額の合計が過去1カ月に100万円以上である場合

    ただし、自動車、絵画、骨董品、ピアノ等の高額商品であって1点で100万円を超えるものについては、同時に出品している他の物品の種類や数等の出品態様等を併せて総合的に判断される。

    (3)落札額の合計が過去1年間に1000万円以上である場合

    こうした場合は、特定商取引法における「必要的広告表示事項の表示及び誇大広告等の禁止等の義務」が課せられ、違反した場合は行政処分や罰則の適用を受けるという。

    また、アルバイトなどを頼み、アルバイトが購入した商品を買い取って、ネット転売を組織的におこなう場合は、商品は未開封であっても「古物」とみなされ、事業として継続性もあることから、古物営業法が定める許可が必要になる。

    万が一、許可を得ないまま、転売をおこなった場合は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられることがある(古物営業法31条1号)。

    「鬼滅の刃」最新刊、繰り返されるメルカリの大量出品 「まじで転売ヤーを撲滅したい」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    転売屋または転売師(てんばいや、てんばいし、英: reseller)とは、転売行為を行う者の意。転売行為そのものの内容についてもここで扱う。 主に数量が限定されるなどの入手困難な商品を転売目的で購入(個人ないしアルバイト等で雇われた複数人)し、インターネットオークション等のインターネットを介し高値で
    18キロバイト (2,534 語) - 2020年5月6日 (水) 16:02



    (出典 kotsumekawauso.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【転売屋】鬼滅の刃最新刊がメルカリの大量出品⤵︎】の続きを読む


    【鬼滅の刃】単行本第20巻が発売。全国の売り場には人が殺到!


    「鬼滅の刃」最新刊発売で全国の売り場に「密」…ツイッターで話題「いつも人がいないような本屋にも30人ぐらい並んでた」 「鬼滅の刃」最新刊発売で全国の売り場に「密」…ツイッターで話題「いつも人がいないような本屋にも30人ぐらい並んでた」
    …峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)による大人気マンガ「鬼滅の刃」(集英社)の最新刊となる単行本第20巻が13日、各地で発売され、全国の売り場には人が殺到。
    (出典:ライフ総合(中日スポーツ))


    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号より連載中。大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「」と呼ばれる敵やと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。略称は『鬼滅』。
    299キロバイト (48,171 語) - 2020年5月13日 (水) 06:22



    (出典 uchipapa.com)



    【【鬼滅の刃】単行本第20巻が発売。全国の売り場には人が殺到!】の続きを読む


     今や『ONE PIECE』より売れているという『鬼滅の刃』。買い占めと転売が社会問題化していたほどですから、それはそれは相当な売れ行きと想像されます。「STAY HOME」の今となっては、夢中になって読みふけっている方も多いことでしょう。

     ところがそんな『鬼滅の刃』と同じくらい、おもしろいマンガが存在することをみなさんはご存じでしょうか。『ガラスの仮面』っていうんですけど。

    続きが読みたいために書店が開く時間まで眠れずに待ってしまう……

     平凡な(と思われていた)少女・北島マヤが、往年の大女優・月影千草と出会い、演技に開眼。演劇界伝説の名作「紅天女」の主演の座を巡って、エリート女優・姫川亜弓と競い合う……というのがそのあらすじ

     なにしろ少女マンガ史上屈指の大傑作です。どれくらいおもしろいのかというと、マンガ評論家呉智英氏が文庫版12巻の解説に書いたように、「ある友人は、書店で数巻買いその夜読み始めたのはいいがたちまち読み終え、続きが読みたいために書店が開く時間まで眠れずに待っていた」くらいおもしろいのです。この気持ち、「鬼滅」を楽しみに読んでるみなさんにはご理解いただけるのではないでしょうか。

     では具体的になにがどうおもしろいのか。やや無茶ぶりながら、『鬼滅の刃』との共通点を足がかりに、みなさんにご紹介したいと思います。以下少々のネタバレがありますのでご注意ください。

    その1)「吸血鬼」という要素がストーリーを面白くする!

     大正時代の日本を舞台としながら、「血によって人間が鬼化する」「日の光に当たることで消滅する」という設定を持つ『鬼滅の刃』は吸血鬼マンガであります。中野純・大井夏代「少女まんがは吸血鬼でできている」(方丈社)が、萩尾望都ポーの一族』や木原敏江『花伝ツァ』の分析を通して明らかにしたように、少女マンガのコアには吸血鬼マンガがあります。詳しくは本書をご覧いただくとして、その点において『鬼滅の刃』も少女マンガの流れを汲む作品であるとも言えます。

    ガラスの仮面』にも吸血鬼要素が存在します。演劇をテーマとしたマンガですから、そこには多数の劇中劇が登場するのですが(実はこの劇中劇の多くは美内すずえ先生が個別にマンガにするため温めていたネタ。だからそれだけに単品でも抜群におもしろい!)、その中のひとつに「カーミラの肖像」という吸血鬼ものの作品があるのです。

     主演は乙部のりえ。卑劣な罠を仕掛けて北島マヤを芸能界から追放した「ガラかめ」史上最凶のヒールです。その悪行を知ったマヤのライバル姫川亜弓は、喜ぶどころが白目になって激怒し、「同じ演技者の風上にもおけない…!」と、マヤの敵を討つべく乙部のりえと同じ舞台に立つのでした。

    バラを触っただけで枯らせてみせる亜弓さんがスゴい

     このエピソードが掲載された単行本16、17巻のおもしろさたるや尋常ではありません。とにかくひたすら亜弓さんがかっこいい。レッスン中からして「あなたのような方と共演できて光栄ですわ亜弓さん」とのこのこ近寄ってきた乙部のりえに対し、亜弓さんは「あなたの本当の実力と才能がどんなものか楽しみにしていましてよ」と威嚇。わけがわからず「なぜわたし姫川亜弓に敵意をもたれなきゃならないの…?」と混乱した乙部のりえは、本番直前に牛乳を6杯も飲み干します。

     本番では、レッスン中には抑えていた実力を遺憾なく発揮し、乙部のりえを圧倒する亜弓さん。いったいどういう特殊効果なのか、バラを触っただけで枯らせてみせるという芸当まで見せつけます。観客はもはや乙部のりえなど一顧だにしていません。舞台は亜弓さんのワンマンショーとなりました。

     終演後、亜弓さんとの実力差を思い知った乙部のりえはふと気がつきます。「北島マヤ…? 姫川亜弓の認める唯一のライバルですって…! 天才だったんだわあの子…! 敗北だわ北島マヤに…!」ひぃっ……ガクン……ガクガク……。このカタルシス! 忙しい方はこの16、17巻だけでも読んでほしい。そして読めば大半の方はマヤ派から亜弓派に寝返るのです。

    その2)「家族を失った者の物語」だから主人公のモチベーションが半端ない

     吸血鬼を扱う以上、「血」は欠かせないアイテムとなります。そしてその「血」は血族、つまり家族のメタファーでもあります。だから両作品ともに「家族」は重要なキーワードとなっています。

    鬼滅の刃』は家族が鬼に惨殺されるところから始まります。唯一生き残ったものの鬼になってしまった妹・禰󠄀豆子を人間に戻すべく、炭治郎は旅立ちますが、家族の無念と妹の命を預かっているだけに、炭治郎のモチベーションは半端ないのです。そういえば疑似家族を形成する鬼も登場しますよね。

     一方の『ガラスの仮面』も負けてはいません。早くに父を亡くし、母子家庭で育った北島マヤは、もはや失うものはなく、お芝居だけが心の拠り所ですから、どんな試練にも果敢に立ち向かいます。

     その勢いは単行本1巻からフルスロットルラーメン屋に住み込みで働くマヤは、「椿姫」の舞台のチケット欲しさに、大晦日の年越しそばの出前120軒分を1人でやり遂げます。(なぜラーメン屋なのに年越しそばを……)という素朴な疑問を読者に抱かせる間もなく、そのまま冬の海にダイブ! それを見ていたラーメン屋の娘に、「○○○○…」と、ここには書けない差別語をつぶやかせるのでした。

    「発声練習をしていたらいきなり腹パン」“狂気のエチュード”たち 

     そして『ガラスの仮面』名物といえば正気の沙汰とは思えないエチュードの数々です。『鬼滅の刃』にも特訓のシーンはいくつかありますが、「ガラかめ」を知っている人には生ぬるく思えるほど。やっぱり「ガラかめ」はスポ根なんですよね。お芝居のシーンもおもしろいのですが、この物語の本質はやはりエチュードにあると思うのです。

     発声練習をしていたらいきなり腹パンされる程度なら序の口。人形の役をやるために体中の関節を竹で固定されたり(折れると刺さって痛い)、洗濯機のコンセントを抜いて感電したり(「ウォーター!」)、「ぎんぎんのロック…!」をかけながら四方八方からボールを投げつけられたり(人手が必要)、恋する女を演じるために端役のぼんくら男とつきあってみたり(亜弓さんの鬼畜ぶり)、精肉店の冷凍庫の中でおしくらまんじゅうしたり(月影先生の謎人脈)、狼少女になりきるべく1人山に籠もったり(普通に危ない)……デ・ニーロもびっくりのメソッド俳優ぶりが披露されます。

     もしかしたら現実の舞台俳優さんたちもこのようなレッスンを当然のようにこなしているのでは……と、若き日の私は心配したものですが、そんなことはありませんでしたのでとても安心しました。

     そしてその真骨頂が第12章「紅天女」。単行本の34巻から41巻に渡って、ほぼ全編がエチュードによって展開される、怒濤のパートです。途中、(主に速水さん絡みのシーンで)私はいったいなにを読んでいるのかな? と道を見失いそうになりますが、気をつけてください、これは『ガラスの仮面』です。

    その3)展開がスピーディでゴールはもう見えている

     明らかクライマックスを迎えて、『鬼滅の刃』の最終回はいつかとネット上で話題になっています。「週刊少年ジャンプ」の連載作品で、これほどの人気があるというのに、さくっと終わることができたなら、それはマンガ史上に残る快挙となるでしょう。私くらいのアラフォー世代は、無駄に引き延ばされて残念なことになったジャンプ作品をたくさん知っていますから……。

     実は『ガラスの仮面』もクライマックスなのです。さらに言うならばもう30年以上クライマックスなのです。なぜクライマックスがそんなに長く続いているのかというと、美内先生が続きを描いてくれないからです。

     先述の第12章「紅天女」が始まった34巻が刊行されたのは、なんと1987年のこと。最終目的地である「紅天女」が章タイトルになっているくらいですから、当然クライマックスです。ですが2020年4月現在、『ガラスの仮面』は49巻にして未だ完結していません。美内先生によれば終わり方はもうとっくに決まっているそうです。1997年の「婦人公論」7月号のインタビューで、先生はこのようにおっしゃっていました。

    「『ガラスの仮面』の結末は、もう十年ほど前から決まっているんです」

     推測するに第12章を描き始めたころには、もうラストまでの道のりは決めていたわけです。2017年に開催された「連載40周年記念『ガラスの仮面展』」の公式ビジュアルブックでもこのように語っていらっしゃいます。

    「『エンディング』のシーンはずいぶん前から決まっていて、今でも変わっていません。大筋のあらすじも変わりません」

     だったら早く描いてくださいよぉぉぉお。なにしろもはや親子三世代で楽しんでいるファンもいるという長期連載。このままでは死ぬに死ねない高齢ファンの方も多いことでしょう。

     ところで2018年の年末に、私は美内先生のトークショーの司会をやらせていただきました。そのときに美内先生は「来年こそは続きを描きます!」と力強く宣言してくださったんですよね。来年、すなわち2019年です。そして気がつけば2020年になっていました。白泉社中の人はもっと頑張ってください(笑)

    見事なコマ割と巧妙な「観客解説システム

     愚痴が長くなりました。連載期間は長いのですが、マンガの展開自体は実にスピーディです。その秘密は美内先生一流の見事なコマ割と、巧妙な「観客解説システム」にあります。

     美内作品はとにかくページの密度が濃く、コマ割がかっこいいのです。緩急の見事な使い分け、ここぞというときのスピード感と迫力、そしてトラウマなるほどの大ゴマ(「おらあトキだ!」ジャリジャリジャリ)……。月影先生の「緊張と緩和…それを生み出す役者は注目を集める…!」という言葉を地で行く美内作品なのです。

     そして「観客解説システム」。『ガラスの仮面』を読んでいると、このようなシーンを頻繁に見かけることでしょう。演技するマヤを見ながら「気づかんか これはジェーンの心が人間へと変化しつつあるのじゃ」などと演技のポイントを勝手に解説し始める観客たち。マヤの経歴だって誰かが勝手に解説してくれます。「なんせ全日本演劇大会で登場人物全員欠場の中1時間45分間一人舞台つとめて一般投票一位になったんじゃけん…」。こうした、実際にいたらちょっと迷惑な人々によって、物語はスムーズに流れて行くのです。

    魔力を持った数少ないマンガガラスの仮面

     いったん手に取ればページをめくる指は止まらなくなります。『ガラスの仮面』はそういう魔力を持った数少ないマンガなのです。絵はまごうことなき昭和の少女マンガですが、そんなことはすぐに気にならなくなるでしょう。まだ読んでいない人が私は心底羨ましい。今からあの極上の読書体験を味わえるなんて……! 恐ろしい子……! 「こんなとき」だからこそ必要なのは、マヤが見せる極上のポジティブ思考と、そしてなによりも圧倒的な物語の力なのだと、私は思うのです。

    (小田 真琴)

    大人気少女漫画『ガラスの仮面』(単行本表紙より)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号より連載中。大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「」と呼ばれる敵やと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。略称は『鬼滅』。
    296キロバイト (47,601 語) - 2020年5月11日 (月) 04:05



    (出典 img.animatetimes.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【鬼滅の刃】と同じくらい、おもしろいマンガがあるらしい】の続きを読む

    このページのトップヘ