33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。


    ニャンコは時として、私たちが想像できないような特技を披露することがあります。

    今回ご紹介するのは、ベッドの下で見せてくれた予想外アクション度肝を抜かれると同時に、コミカルな動きに目が釘付けになります(笑)

    予想外だけど可愛すぎる

    こちらのニャンコラトビアのとあるご家庭で暮らしている、生後3か月のブリティッシュショートヘアの子猫。ベッドの下で逆さになってフリーズしているのですが、次の瞬間に予想外の動きを見せます。


    出典:YouTube

    なんと、逆さの状態のまま、脚をシャカシャカと動かしながら床を滑るように高速移動!(笑)


    出典:YouTube

    もの凄いスピードで1周してきました。


    出典:YouTube


    出典:YouTube

    どういった理由でこの動きを覚えたのかは定かではありませんが、短い脚を一生懸命に動かして可愛らしいですね。

    もう1周してくるニャン!

    カメラに気づくとこの表情。飼い主さんに見てもらって嬉しいのかニャ?なんだか得意気な雰囲気。


    出典:YouTube

    もう1周してくるニャン!と言わんばかりに、再びシャカシャカと高速移動を始めました(笑)


    出典:YouTube

    ふっくらとした見た目と美しい被毛が特徴で、ただでさえキュートブリティッシュショートヘアの子猫。思わず繰り返して見たくなる可愛らしさは、ぜひ動画でご視聴ください!

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    出典:YouTube(Kitten on a Mission Races Around Under Bed)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。聴覚障害の割合が多い。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ -
    125キロバイト (17,244 語) - 2020年9月7日 (月) 12:31



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


      ★お気に召したらRT★

    <このニュースへのネットの反応>

    【【飼い猫の得意技!】ベッドの下で見事な得意技を見せる猫!】の続きを読む


     段ボールに開いた穴に入ろうと奮闘しつつも、おしりが引っかかっちゃうネコちゃんが話題を集めています。

    【画像:引っかかった猫ちゃん】

     段ボールに開けられた四角の穴。その穴に入ろうと果敢に挑んでいるネコちゃんは「ティナ」ちゃん。段ボールの穴は、やはりネコちゃんとしては無視できない存在なのでしょうか。前足を入れ、顔を突っ込み様子を探っていざチャレンジ

     頭と前足が入り、するんと抜けるかと思いきや、お腹のあたりで少々厳しい状況になってしまいました。むにゅっとしたお腹が少し段ボールに乗っています。ティナちゃん、それでも奮闘しますが後ろ足で蹴る場所も少なく苦戦しています。その間、かわいいおしりだけが見えてしまっていることに。ティナちゃんにとっては大変な状況ですが、モフモフしたおしりがあまりにもかわいい……。

     「ネコは頭が通れば全身が通り抜けられる」という話もよく聞きますが、それは足が地に着いた状態のこと。後ろ足が踏ん張る場所がないところでは、通り抜ける難易度が跳ね上がるのでしょうね。最後には右後ろ足だけが通り抜けられずちょこんと出てしまいましたが、ティナちゃん本当にがんばりました! 次は全身通り抜けられる穴でチャレンジしてみてほしいですね!

    画像提供:匿名希望の飼い主さん

    がんばれ~!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ(猫)は、狭義には食肉目ネコネコ属に分類されるリビアヤマネコ(ヨーロッパヤマネコ)が家畜化されたイエネコ(家猫、Felis silvestris catus)に対する通称である。イヌ(犬)と並ぶ代表的なペットとして日本を含め世界中で広く飼われている。 より広義には、ヤマネコネコ科動物全般を指すこともある(後述)。
    125キロバイト (17,244 語) - 2020年9月7日 (月) 12:31



    (出典 natgeo.nikkeibp.co.jp)


      ★お気に召したらRT★

    <このニュースへのネットの反応>




     「どうしたおまえ…その髪型…」と動揺した飼い主さんのコメントとともにTwitterに投稿された猫ちゃんの画像が、なかなかのインパクトです。ほんと、どうしたんですか、その髪形……。

    【画像】猫ちゃんの表情

     猫の名前は、はんちゃん。長毛の茶トラです。おそらく普段はフワフワの長毛をなびかせて優雅に過ごしているのでしょう。しかし投稿された画像では、チャームポイントである顔周りの毛が見事なまでに全て上向きになっています。通常の猫の倍以上は戦闘力がありそうです。

     はんちゃんの身に一体なにが起こったのでしょうか。寝ぐせのようにも見えますが、もしそうだとしたら一体どんな格好で寝ていたのでしょう。謎は深まるばかりで、妄想が止まりません。いずれにせよ、はんちゃんがかわいすぎる。自分の身に何が起こっていて、周りがどう思っていようが関係ありませんとでもいうような堂々とした佇まいです。

     リプライ欄では、毛が上向きのはんちゃんが誰に似ているか合戦が勃発。漫画『結界師』の墨村繁守、明治の偉人・長岡外史、ジブリ猫の恩返し』の猫王など、アニメキャラクターや実在の人物のほか、タヌキの画像を投稿する人もいました。みなさん、仕事が早い。

     飼い主であるくら毛さんは、Twitterで日常のつぶやきを投稿する合間に、はんちゃんの普段の愛らしい姿を投稿しています。

    画像提供:くら毛(@kuraaag)さん

    重力が仕事をしていない


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。聴覚障害の割合が多い。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ -
    125キロバイト (17,244 語) - 2020年9月7日 (月) 12:31



    (出典 www.anicom-sompo.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    三島平八


    つよそう


    1コメで笑った


    髪型?


    皇帝の風格


    クローンの攻撃に、こういうクリーチャーおったよな。


    サリーちゃんのパパ


    クビ回すコラが流行りそう


    歴史の本に載りそう


    わしが猫である!!


    この猫の一人称は「吾輩」に違いない


    >>1_俺も真っ先に彼の顔が浮かんだわw





    狛犬といえば、神社や寺院の入口、あるいは本殿・本堂の正面左右などで出迎えてくれる、獅子や犬に似た想像上の生物だ。

    口を開いた「阿(あ)」と、口を閉じた「吽(うん)」が、対となっているのが一般的だという。

    2020年8月27日、次のような写真が投稿され、話題となっている。

    大きく口を開いた「阿形(あぎょう)」の狛犬の横で、きりっと口を閉じ「吽形(うんぎょう)」の構えを見せているのは、狛犬ではなく本物の猫だ。ユーモラスな表情をした狛犬に対して、猫ちゃんの方は真剣そのもの(に見える)。

    このツイートには、2万5000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中である(9月1日夕現在)。

    ツイッターには、「『阿』の隣で精一杯の『吽』」「負けてないよねこ」「張り合っている感じがたまらないです」「狛犬ではなく、こま猫さんなんでしょうか」などといった声が寄せられている。

    いったいこれはどういう状況なのか? Jタウンネット編集部は、投稿者のさか(@yasuyuki_saka)さんに詳しい話を聞いてみた。

    猫を引き付ける「なにか」が、狛犬にある?

    さかさんこと、阪靖之さんは写真集「東京・大阪2都猫物語」(池口正和氏との共著)や、散歩の途中で出会った猫たちを収めたカレンダー「まちかどの猫カレンダー2020」などを出版する人物。

    ツイッターでも、多くの猫写真を公開している。

    「猫はもちろん、神社やお寺をめぐるのが好きで、よく撮影に行きます、この写真は訪れた先でたまたま見つけました。 いろいろな場所で狛犬を見ますが、けっこうな確率で猫も見かけます、 猫を引き付ける『なにか』が、狛犬にあるかもしれません」

    Jタウンネット編集部の取材に対し、そう答えたさかさん。

    猫だけでなく、多くの人々が引き寄せられていくわけだから、狛犬がなにかを持っていることは間違いかもしれない。

    さか(@yasuyuki_saka)さんのツイートより
    さか(@yasuyuki_saka)さんのツイートより

    ちなみに、ツイッターの反響の中で、さかさんが気になったのはどんなものだったのだろう。聞いてみると、

    「反応が多かったのは、『ニャンちゅうに似ている』でした」

    とのこと。

    ニャンちゅうは、NHK Eテレの番組「ニャンちゅうワールド放送局」に登場するパペット人形のキャラクターで、ねずみの服を身に着けたダミ声のネコ。1992年に初登場して以来、30年近くも活躍する人気者だ。

    それを踏まえてもう一度、上の写真をご覧いただこう。狛犬の笑顔は、確かに、どこかで見たことがある気がする...かもしれない。他人の空似だろうが、猫ちゃんも、ニャンちゅう似の狛犬に惹かれたのだろうか。

    さか(@yasuyuki_saka)さんのツイートより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。聴覚障害の割合が多い。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ -
    124キロバイト (17,093 語) - 2020年8月21日 (金) 07:43



    (出典 pshoken.co.jp)


      ★お気に召したらRT★

    <このニュースへのネットの反応>

    【猫が神社であるものとコラボ!】の続きを読む


     本当に猫か疑うほど“ふんわり”とした狩りをする猫ちゃんが目撃されました。ふんわり、優しい。

    【画像】狩りの様子

     ボーカロイドMEIKO」が好きな静@初音ミクの姉MEIKO推し(@kazusi0207)さんがTwitterに投稿したのは“ふんわり”した狩りをする飼い猫ちゃんの動画。

     おうちの壁に発見したクモさんをじっと見つめる猫ちゃん。スっと立ち上がり、両前足を使って上手にキャッチ! ……するのですが、その動きは「本当に猫?」と飼い主さんが驚くほど“ふんわり”としています。おまけにキャッチしたあとのちょっと驚いた表情を見るに、取れるとは思っていなかったようです。

     「これどうしたらいいのかにゃん」と考えているのか、取れたクモさんを前足で挟んでもぞもぞ。逃がしてあげるためか、前足を開いてあげました。優しい猫ちゃんです。

     猫の狩りといえば「前足でたたき落とす」というイメージがあった飼い主さんは、その“ふんわり”とした狩りの仕方に驚くとともに、結果的に「クモを殺さない」という自身の主義を守ってくれた愛猫が「優しい猫に育ってくれた」とうれしくてたまらなかったそうですよ。

     この“ふんわり狩り”をする猫ちゃんの動画は再生数145万回を突破し、「超! 面白い狩りですね」「優しい子ですね」と話題に。約120件を超えるリプライと、13万件を超える「いいね!」がついています。

     静@初音ミクの姉MEIKO推し(@kazusi0207)さんのTwitterには、他にもかわいい猫ちゃんの写真が投稿されています。

    画像提供:静@初音ミクの姉MEIKO推し(@kazusi0207)さん

    やさしくキャッチ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。聴覚障害の割合が多い。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ -
    124キロバイト (17,093 語) - 2020年8月21日 (金) 07:43



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


      ★お気に召したらRT★

    <このニュースへのネットの反応>

    【 【可愛すぎる猫】◯◯と戦う猫の仕草がやばすぎるw】の続きを読む

    このページのトップヘ