33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。


     トリミング中に居眠りしている犬の映像が公開されています。

    【画像】眠そうなワンコ

     3歳のワンコ、「キャスパー」はフワフワな毛並みが特徴。この日は、飼い主さんにペット用のスパに連れてきてもらいました。動画はスパ後のもので、気持ちよさそうにまどろみながらカットされています。

     洗い立てのフワフワな毛を仕上げていると、思わず目を細めてウトウトしているのがカワイイですよね! 「水が少し怖かったけど、王様のように接してくれた」そうで、飼い主さんは担当者に感謝していました。

     モフモフキャスパーは、よくサモエドに間違えられるそうですが、犬種はスピッツ。ゴハンをたくさん食べてるから体格がいいのかな? Instagram(@casperthegiantspitz)では、さまざまな日常を垣間見ることができます。寝そべったり、お散歩したり、愛らしい瞬間がいっぱいですよ!

    まどろんでいます


    (出典 news.nicovideo.jp)

    トリム 英語の動詞 trim。名詞形はトリミング (trimming)。トリムする者はトリマー (trimmer)。 一部を切り除くこと トリミング (写真)。写真や画像の周辺部を切って構図に手をくわえること。 トリミング (映画映像の用語)。映画の映像の左右(または上下)を切り取って縦横比を変更すること。
    2キロバイト (270 語) - 2019年9月17日 (火) 13:53



    (出典 franchise.bgent.net)


      ★お気に召したらRT★

    <このニュースへのネットの反応>




    1歳になるブルドッグの子犬が飼い主の留守中にソファーを噛みちぎり、骨組みだけになるまでボロボロに引き裂いた。子犬は数週間前にもソファーを引き裂いており、今回2台目のソファーを台無しにした。子犬は高級ブランドの長靴なども噛みちぎっており、合計1500ポンド(約20万円)超相当の被害を出してしまったという。『Daily Mail Online』などが伝えている。

    英ノーサンバーランド州の町ベリック・アポン・ツイードで宿泊施設のB&Bを経営するジュリー・アンさん(Julie Ann、64)は、外出先から帰宅すると飼っている1歳のブルドッグの雄犬“ハリス(Harris)”がウレタンフォーム(ソファのクッション材)を口にくわえて出迎えた。ハリスの後をついて行ったジュリーさんは、そこで信じられない光景を目にしたのだ。

    ジュリーさんが見つけたのは、部屋に置いてあった500ポンド(約7万円)のチェスターフィールド・ソファーがボロボロに引き裂かれ、骨組みだけになった姿だった。チェスターフィールド・ソファーはイギリス発祥の伝統的なソファーで、厚いクッションと強固なフレームによる重厚感のある作りだ。

    ボロボロになったソファーの周りには、引き裂かれた布やウレタンフォームなどが散乱していた。実はジュリーさんがこのような状況を見るのは初めてではなかった。ハリスは数週間前にも700ポンド(約9万7千円)のソファーを引き裂いていたのだ。

    さらに驚くことに、ハリスは英王室御用達ブランドHunterハンター)」とフランスブランド「Le Chameau(ルシャモー)」の長靴も噛みちぎった。これらの合計金額は350ポンド(約4万8500円)相当であるという。

    ジュリーさんは、ハリスが「とても良い子だったのに、突然野生児に変身した」と語る。

    「他の犬と同じように、ハリスはいたずら好きな時期を迎えているのだと思います。この時期を乗り越えなくてはならない。ハリスのことを心配しています。2度と同じようなことが起きないようにしたいわ。」

    引き裂かれて木枠だけになったソファーは、今も部屋に置いたままだという。ジュリーさんはロックダウンのため代用のソファーを買いに行くことができず、また「ハリスが噛みちぎるために、新しいソファーを購入するつもりはない」と打ち明けた。

    「これは、ハリスの仕業だとすぐ分かりましたよ。とても罪深そうな様相でしたからね。ウレタンフォームを口にくわえながら、『ママ、やらかしちゃったよ!』とでも言うように、尻尾を振っていたのですよ。」

    ジュリーさんが外出したのは、午後1時から4時までの3時間ほどだった。ハリスはその間に3つの大きなクッションシートと布カバーを引き裂き、中にあったウレタンフォームを取り出すなどして、ソファー全体を見事に解体した。さらに、庭に干してあったジュリーさんのTシャツレギンスも噛みちぎっていたという。

    ハリスの他にも4匹の犬を飼う愛犬家のジュリーさんは「私はすべての犬を愛しています。犬は間違ったことをしたと理解しない限り、永遠に続けてしまうのです。ハリスにはお座りさせたり良い行動を褒めたりして、時間を過ごしていますよ」と話している。

    画像は『The Sun 2020年8月5日付「IN THE DOGHOUSE Puppy chomps through £1,500 worth of clothing and furniture - including two sofas」(Credit: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ブルドッグ(Bulldog)は、18世紀ごろの英国で雄牛(ブル)と犬を戦わせる牛いじめ(bullbaiting)という見世物が流行し、牛に対抗できる犬として開発された犬の品種の一つ。 1835年にイギリスで動物虐待法(Cruelty to Animals Act)が成立し、牛いじめを含めたブラッド
    7キロバイト (801 語) - 2020年7月5日 (日) 08:37



    (出典 wanpedia.com)


      ★お気に召したらRT★

    <このニュースへのネットの反応>




     ネットで人気のムック本『コギまる(タツミムック)』から、コーギーの成長ビフォーアフターをご紹介します。

    【画像】成長した姿

     コーギーの愛らしさを引き立てているのが人懐っこい表情。子犬の頃の無邪気なお顔も、成犬になってからのフレンドリーなお顔も、どちらも魅力的です。掲載されている写真は飼い主さんによる力作ばかり。お気に入りの寝場所や肉球の色の変化などを見ることができます。

     『コギまる(タツミムック)』(辰巳出版/6月30日発売/紙版、kindle版ともに1100円)は、コーギー専門誌『コーギースタイル』が編集を手掛ける投稿系マガジンAmazonで表紙が解禁されると、3週連続で犬部門ランキング1位に輝きました。

     登場するのはコーギースタイル公式SNSに寄せられたコーギーちゃんたち。豆知識をまとめた「コーギー単語帳」、季節感が伝わってくる「春夏秋冬1年をキミと」、お出かけ好きのコギちゃん&飼い主さんなら知っておきたい「コギ連れ旅行の心得」など、楽しい内容になっています。

    あどけない子犬時代


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


      ☆お気に召したらRT!☆

    <このニュースへのネットの反応>

    【【コーギー】子犬から成犬へ!コーギーの成長記録!】の続きを読む


    top


     犬と猫といえば見た目はもちろん仕草からして違っていたりするもんだが、広い世界の中には犬に育てられて犬用プールに通う猫もいれば、同居の猫となじむうちに猫化する犬もいる。

     インスタグラムで人気のこちらの犬、マコは心に純然たる猫を宿す2歳の元保護犬だ。

     パッと見は確固たる犬であっても、自身を猫とみなしているマコは行動からして限りなく猫。犬要素は外見のみかもってぐらいの猫っぷりで、家族みんなに愛されている。

     迎えた当初はちょっと変わった犬だと思っていた飼い主女性べサニーさんの家で、2匹の先住猫とのびのび生きるマコの愛らしい姿をお伝えしよう。

    初対面ですぐに家族を攻略した保護犬マコ


     愛らしいマコと飼い主のべサニー・カスティラーさんが初めて出会った場所は地元の動物保護施設だった。

    サニーさんの愛犬マコ


     家族とともにそこを訪れたべサニーさんは、当時のことをこう語る。

    「私たちがマコを選んだんじゃないの。マコが私たちを選んだのよ」

     初めのうちマコはケージの中で背を向けていたが、べサニーさんがなでると振り向いて「来たの?じゃ、みんなで家に帰ろう!」とでも言いたげなまなざしで彼女を攻略。

     べサニーさんも家族も、最初から彼を探してたような気分になり、あっさり迎え入れを決めたのだ。

    先住猫ズと相性ばっちり!もしや中身は猫?

     こんな風になりゆきで決まってしまったものの、一つだけ気がかりなことがあった。実は彼らは家に2匹の先住猫ペカンとギズモがいるため、猫とうまくやっていける犬を希望していた。

     幸いなことに保護施設のスタッフが「マコは猫と最高に仲良くなれますよ!」と太鼓判を押してくれたが、こればっかりは会わせてみないとわからない。

     だがその心配は杞憂に終わり、思った以上になじんでいるマコと猫ズにみんなも大喜び!


     しかし安心もつかの間、家族はやたら猫っぽいマコの行動に違和感を感じつつあった。

     マコは犬…じゃなくて猫なの?

     スタッフの言う通り、猫との相性はばっちりだ。にしてもマコはあまりにも犬らしくなかった。確かなことはわからないが、猫に育てられたようなふしすらある。

    音量注意


     まったく吠えずにカウンターに飛び乗って、まったりと座っているマコ。それはどうみても犬ではなく猫の行動そのものだったのだ。

    中身は猫でもいいじゃない。ありのままのマコを愛する家族

     正直べサニーさんも家族もうっすらと何か妙だとは思っていたし「マコって変なところに乗る犬だよね~!」ぐらいなことは言っていた。

    音量注意

     しかしどうもこれはガチらしいと気づいてからは、ありのままのマコを受け入れるようになった。

    ネットで猫用っぽい犬のおもちゃを買って裏庭で一緒に遊んだりしてるわ。マコはおもちゃを追って猫みたいなジャンプもできるの」

     また彼は、先住猫ズとテーブルに乗って窓の外にいる鳥を見るのも大好きだ。さらに他の猫がべサニーさんにお腹を見せると、マコも同じようにお腹を見せてくれる。

    音量注意

     
     自身を猫とみなしてるマコは2匹の猫を兄弟のように慕っていて、可能な限り行動をともにする。そして家族は高所に陣取るマコに笑みがこぼれる毎日だ。

     NNNを思わせる積極的なアピールといい限りなく猫寄りな犬、もしくは3匹目の猫として幸せを満喫するマコ。彼のユニークな日常が気になる人はマコのインスタグラム@mako_thecatdogチェックだ。

    References:thedodo / instagramなど /written by D/ edited by parumo
    猫みたいな犬。猫と育ち自分のことを猫と思っているふしがあるハスキーミックス犬のタリーさん。

    犬に育てられた猫だから。犬専用のリハビリプールでリハビリに励み失われた筋肉がもりもりついた猫(イギリス)

    犬の猫化が加速する。自分を猫と勘違いしているふしのある犬たちの画像まとめ

    加速する犬の猫化。猫的挙動をする犬たちのいる風景。

    魚だってなでられたい。水槽清掃員にピタっと寄り添いなでてもらうのを待っている猫みたいな魚

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52292297.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    ハンドルを握ると変わる系かよ!ゲームを前にすると性格が荒ぶる犬
    飼い主とお話したい猫、階段の手すりに勢いよく飛び乗ろうとするも意外な結果に
    ビーチが大好きなゴールデンレトリバー、人間の作ったウォータースライダーに果敢にトライ!
    カピバラの集団が道路を横断。歩道からちょっとずれたけど、ちゃんと渡れたよ!
    「可愛い」に季節なんて関係ない!キュート過ぎるもこもこマラミュートの子犬たち

    ―画像の紹介記事―

    飼い主とお話したい猫、階段の手すりに勢いよく飛び乗ろうとするも意外な結果に
    「図書館で借りた本をレンジでチンしないでください」アメリカで異例の通達
    動物の体重ってどうやって測るの?かわいすぎる動物たちの体重測定の様子を一挙公開
    「スイカは絶対に守るニャ!」スイカ監視員としての猫、完璧な警備(タイ)
    フクロウの赤ちゃんが行き倒れ!?いいえ違います、頭が重いのでうつ伏せで眠るのがデフォなんです
    犬の猫化。猫2匹のいる家にやってきた保護犬の場合、すっかり自分を猫と思い込む


    (出典 news.nicovideo.jp)

    わんこ (ワンコからのリダイレクト)
    わんこ、ワンコ イヌの俗称の1つ。 お椀を指す岩手県の方言。食器#椀を参照。わんこそばは代表例。 ギャル語の1つで、ワンコールの略。ワン切りを参照。
    307バイト (39 語) - 2014年6月11日 (水) 01:50



    <このニュースへのネットの反応>

    【【ワンコ】自分を猫と思い込んでいる犬w】の続きを読む


     Twitterに投稿された、“レベルアップチャレンジに挑戦してみたおばあちゃんワンコ”が賢くてかわいいと大人気です。

    【画像】まさかの方法

     「#レベルアップチャレンジ」とは、TikTokInstagramTwitterなどの各種SNSで流行している、積んだトイレットペーパーペットに飛び越えてもらうチャレンジのことです。

     レベルアップという名前の通り、レベル1では1段、レベル2では2段、レベル3では3段……とトイレットペーパーを増やしていき、どこまで飛べるか挑戦します。

     今回このレベルアップチャレンジに挑んだのは、チョコレート色の毛並みが素敵なラブラドール・レトリバーおばあちゃん。投稿主さんの実家で暮らすおばあちゃんワンコは現在14歳ですが、今もレトリーブ(投げたものを取ってくること)が大好きで毎日元気いっぱいに暮らしているそうです。

     そんなおばあちゃんワンコの前には、なんと3段ものトイレットペーパーが積まれています。飼い主さんの方に行きたくてぶんぶんとしっぽを振っていますが、一体どのようにトイレットペーパーを乗り越えるのでしょうか……!?

     おばあちゃんワンコは「トイレットペーパーを飛び越えるのは難しい、でも強引に倒さない方がいい」と考えたのでしょうか。なんと器用に前足を使い、トイレットペーパーの横にあるドアをスッと開けてしまいました。その手があったか……!

     お見事! と思いきや……通り抜ける時に少しだけトイレットペーパーを倒してしまったおばあちゃんワンコ。そんなとってもおちゃめなで器用、そして賢いおばあちゃんワンコには、「賢い」「年の功ですね」「かわいい」などの多くのコメントが寄せられています。

     投稿主であるちとねえさんは実家だけでなく、自宅でもワンコを飼っているそうです。Twitterにはときおり、実家のおばあちゃんワンコや自宅ワンコの写真が投稿されていますよ。

    画像提供:ちとねえ(@chitoneee)さん

    いざチャレンジ……のはずが


    (出典 news.nicovideo.jp)

    わんこ (ワンコからのリダイレクト)
    わんこ、ワンコ イヌの俗称の1つ。 お椀を指す岩手県の方言。食器#椀を参照。わんこそばは代表例。 ギャル語の1つで、ワンコールの略。ワン切りを参照。
    307バイト (39 語) - 2014年6月11日 (水) 01:50



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【ワンコ】「#レベルアップチャレンジ」挑戦するも…まさかの結果にw】の続きを読む

    このページのトップヘ