33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。

    トレンド


    弊社が現在クラウドファンティングMakuakeにて行っております犬用音楽プレーヤーPEPPI3(ペッピー3)が遂にクラウドファンティング100万円突破しました!!
    3月11日 10時30分現在
    そして目標の660%を上回り沢山の方にご支援頂いております。

    本製品のクラウドファンティングは3月17日までです。
    一般販売金額よりもお安くお買い求め頂けるチャンスですので是非興味がある方はお買い求めください!
    https://www.makuake.com/project/peppi3/

    ここからは改めて犬用音楽プレーヤーPEPPI3(ペッピー3)の魅力を紹介させて頂きます!



    皆さん、普段音楽を聴いてテンションが上がったり心が落ち着いたりした経験はありますか??
    音楽とは不思議な物で聞いていると色々な効果があります。
    それは人間だけではなく実はワンちゃんも同じなんです!

    確かに犬は耳が良いと聞いた事があるけど...
    音楽なんて聞くの..!?!?
    なんて方も沢山いると思います。

    実はワンちゃんスローテンポな音楽を聴けばリラックスできるという論文も出ているんです!
    その論文はアメリカのコロラド大学の論文で、クラッシック音楽は心をなだめるとあります。
    つまり犬もクラッシック音楽のようなものを聴くとリラックスできるという事です!





    そこで作られたのがPEPPI3(ペッピー3)です!!
    可愛らしい骨の形をしていますがよく見てみると...
    音楽プレーヤーなんです!!

    コンパクトサイズですがこの中に109曲が収録されていております。
    もちろん収録されている曲はクラッシック中心のスローテンポの曲が多く、
    ワンちゃんが落ち着く音楽が収録されています。

    またご自身でお好きな音楽をインプットする事もできますので
    お気に入りの音楽をワンちゃんと共に聞く事もできます!!

    ではペッピーはどのような時に使えばいいのでしょうか。
    使用例を紹介いたします!!





    一番多いご使用シーンワンちゃんを留守番させる時。
    昨今は1人暮らしでペットを飼う方も増えております。
    そんな時にどうしても気になってしまうのが留守番させてしまう事。
    ワンちゃんだけで残していくのは少し不安ですよね...

    そんな時にペッピーをつけてからお出かけすれば普段は吠えてしまったり家の中を暴れてしまったりするワンちゃんも落ち着いて留守番する事ができるというお声も頂いております。
    人間もですがワンちゃんも飼い主さんがいないと不安を感じてしまいます。
    そんな時こそペッピーを使って少しでもリラックスしてもらう事が大切なのです。





    ワンちゃん用の音楽プレーヤーなんて聞いた事ない!
    なんて人が大半だと思います。
    しかしワンちゃんを飼っている人ならちょっと興味を惹かれる商品ではないでしょうか。

    ペッピーは只今クラウドファンティングサイトのマクアケで先行販売されております。
    少しお得に買えるチャンスでもありますので興味ある方は是非のぞいてみて下さい♪
    またクラウドファンティングは3月の17日までです!
    興味がある方はお急ぎご検討ください!!

    先行販売サイト
    クラウドファンティングサイトMakuake(マクアケ)
    3月17日までの先行販売。

    https://www.makuake.com/project/peppi3/?from=keywordsearch&keyword=%E7%8A%AC&disp_order=2



    配信元企業:株式会社MEDIK

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    クラウドファンディング(英語: crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれ、日本語では「クラファン」と略されることもある。
    29キロバイト (4,032 語) - 2020年3月7日 (土) 13:40



    (出典 medik.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>




    アメリカで2匹の猫を飼っているリサ・オールセンさんは、1匹の保護犬を家族に迎えることにしました。

    新しく家族の一員になったのはビーグルの『ボー』。

    海外メディア『The Dodo』によると、まだ子犬のボーは初めの頃は、猫のジャスパーの近くに行くとびくびくしていたのだそう。

    一方のジャスパーもボーに対して用心深く、少し離れたところから見ていたといいます。

    ところがある日を境に2匹は急に仲よくなり、今ではいつも一緒に遊んでいるということです。

    ある日、リビングルームにいたボーとジャスパーの様子を見たリサさんは思わずビデオカメラを回してしまいます。

    その時の動画がこちらです。

    この時2匹は窓から庭の様子を眺めていたのだそう。いい天気だったので庭には鳥たちがいたようです。

    微笑ましいボーとジャスパーの姿を撮影した動画には、こんなコメントが多く寄せられました。

    ・こんなかわいいシーンは見たことがない!

    ・私たちにはこういう安らかな瞬間がもっと必要だ。

    ・これこそ眠れない時に見たくなる動画だよ。

    リサさんによると、ボーとジャスパーは一緒に遊んでいる時にたまに興奮しすぎて、ケンカのようになってしまうこともあるのだそう。

    そんな時はリサさんが子供たちのケンカを仲裁するように、2匹を引き離しているといいます。

    時々ケンカすることがあっても、やっぱり仲よしのボーとジャスパー

    種を超えた友情にたくさんの人たちが癒されました。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    Beagle Pup Birdwatches with His Best Friend || ViralHogbo_thelemonbeagleThe Dodo
    bo_thelemonbeagle


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ペット (カテゴリ 出典を必要する記述のある記事/2010年12月)
    cat」呼び珍重するなどの風習も見られる。 現代の日本の2人以上の世帯においては、48%の世帯が、何かしらのペットを飼っている、という調査結果がある。同じく現代の日本(2003年〈平成15年〉7月時点)における飼育ペットの割合は62%、29%、魚類11%、鳥類7%(複数回答)
    45キロバイト (6,410 語) - 2020年2月27日 (木) 12:30



    (出典 cat-press.com)



    <このニュースへのネットの反応>




    dropped57


     もうみんな馬の優しさ、ビューティフルさは聞きなれてるわけじゃない?今回は馬のずる賢いチャーミングな一面をご紹介したいんだよ。

     こちらの牧場でかわいがられているフリージアンのフェニックスさんは、飼い主さんが置いていったパーカーに興味を持って咥えてみた。しかしうっかり落としちゃって、そのあとフェニックスさんが見せた驚きの行動をみんなに見てほしいんだよ。



    Phoenix the friesian tosses her owners coat on the floor then hides the evidence!

     フリージアンというと、イケウマのフレデリックさんと同種ってことだ。


     厩舎に隠れちゃってるけど、フェニックスさんもきっとマッスルナイスバディなんだろう。そんなフェニックスさん、飼い主さんのパーカーに気を取られてくわえてみたけれど、うっかり落としちゃった。その後一瞬ためらった後、フェニックスさんは足でパーカーを厩舎の中に隠し証拠の隠滅を図ったのであーる

     フェニックスさんは牧歌的な毎日に飽きが来ていたのか
    dropped57


     お世話してくれるあの人が置いて行ったパーカーを咥えたと思ったら
    dropped58

     落としちゃった…
     その後わずかに考えたあと
    dropped60

     口と足で隠蔽しよった
    dropped59

     こいつぁやばいと思ったのかもしれない。我々だって起きてしまったアクシデントにはしらばっくれてみたりするもんね。死んだふりをする馬もいたし、我々の知らないところで馬たちにもいろんなドラマがあるんだろうな。

    written by kokarimushi

    ※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52288692.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    警察が不審車両発見、小さな車を運転していたのはなんと犬!それにはこんなやさしい事情があった(オーストラリア)
    フレーメン反応ってレベルじゃない!猫がカメムシのニオイを嗅いだ瞬間の反応
    パンダを世話する「青い服の女神たち」子パンダちゃんによる飼育員さん紹介動画
    火事で火傷を負った野良の子猫、病院にお見舞いに来た見ず知らずの男性にロックオン、そのまま飼い猫に(カナダ)
    オオツノヒツジ、男同士のガチ対決「角突き」の実況を路上からお送りします

    ―動画の紹介記事―

    混雑率400%越え、定員14人のミニバスに乗っていたのは58人の子供たち!(南アフリカ)
    フレーメン反応ってレベルじゃない!猫がカメムシのニオイを嗅いだ瞬間の反応
    パンダを世話する「青い服の女神たち」子パンダちゃんによる飼育員さん紹介動画
    1911年のニューヨーク市内の映像がAI技術でカラー化。よりリアルな日常の臨場感
    オオツノヒツジ、男同士のガチ対決「角突き」の実況を路上からお送りします
    落としたやべえ、と証拠隠滅を図るフリージアン・ホースのフェニックスさん


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ウマ (からのリダイレクト)
    運搬用(「荷役」)、農耕(「農耕」)、乗用(「乗用」)、軍用(「軍用」「騎馬」)、競技用(「競技」)などに使われるほか、食用(「食用」)にもされる。 学名は Equus caballus(エクゥウス・カバッルス)。equus も caballus ともにラテン語で「」の意。 体長は2
    90キロバイト (13,393 語) - 2020年3月5日 (木) 23:43



    (出典 www.crypter.jp)



    <このニュースへのネットの反応>




    【動画はこちら】

    爪切りをしてもらっているウサギさん。顔は冷静なのですが、足元を見るとめちゃめちゃ震えているのが分かります

    動画には「すました感じの顔してるのに足が、、可愛い!」「頑張れー!」「プルプル」などのコメントが寄せられています。

    動物って爪切りが嫌いなイメージですが、よく考えたら子供の頃母親に爪を切ってもらうのすごい嫌だったことを思いだしました。人間も一緒ですね。

    【動画はこちら】

    爪切りの恐怖と闘うウサギ。頑張って冷静さを保とうとしているけど足元を見たら大変なことになっていて話題に!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ウサギ (うさぎからのリダイレクト)
    また、スクーターという軽快な乗り物が、飛び跳ねるうさぎの姿を連想させるところから命名したものである。一部モデルは海外へも輸出された。車体につけられたブランドマークには、楕円の中に跳ねるようなウサギの全身が描かれている。 わらべうたとして「うさぎ うさぎ 何見て跳ねる 十五夜お月様
    64キロバイト (9,571 語) - 2020年1月5日 (日) 23:25



    (出典 www.news-postseven.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【うさぎ】可愛いんだけども…なんとなく応援したくなるw】の続きを読む


     米オレゴン州ポートランドを中心に活動するブライアン・モックさんが作り出す不要品が材料のスクラップ像は、幻想的でSFな世界観を持ち、観賞する人を不思議な世界へワープさせてくれます。

    【その他の画像】ほかのスクラップアート作品

     ブライアンさんは1990年後半から、金属製品の廃棄物、いわゆるスクラップを使用した彫像を制作しています。もともとは絵画や木彫りによる作品作りをしていましたが、スクラップアートに目覚め、没頭していったといいます。

     ブライアンさんは、スクラップを使用した作品作りについて「日常にある古いモノに、彫像として新しい命を吹き込むことは、芸術的に厳しくもあり喜ばせてくれる過程です」と語り、「私の作品は、工夫に富んでいることを強調し、鑑賞者に関与を促すようデザインしています。観覧する人たちの反応は、私の創造性に燃料を注ぎ、私のビジョンに命を吹き込みます」と観賞する人たちとのかかわりを大切にしていることを明かしています。

     金属を使用したアート作品なので専門的な溶接の経験が求められそうですが、技術はすべて作品作りを通して身に付けたそうです。

    Image Credit:Brian Mock

    スクラップから生まれた犬


    (出典 news.nicovideo.jp)

    スクラップブックがある。 鉄、アルミニウム、銅、スズなどのスクラップは回収して、当該金属の新たな原料として利用している。循環型社会を進める上でスクラップの再利用は重要である。 鉄を中心に複数の非鉄金属やプラスチック、ガラスなどが入り混じったものを雑品スクラップ
    7キロバイト (957 語) - 2018年6月4日 (月) 14:07



    (出典 d1d7kfcb5oumx0.cloudfront.net)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【動物】スクラップで作られた動物(犬・猫など)のアート作品がSF世界へ誘う!】の続きを読む

    このページのトップヘ