33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。

    ペット


     Twitterに投稿された、“レベルアップチャレンジに挑戦してみたおばあちゃんワンコ”が賢くてかわいいと大人気です。

    【画像】まさかの方法

     「#レベルアップチャレンジ」とは、TikTokInstagramTwitterなどの各種SNSで流行している、積んだトイレットペーパーペットに飛び越えてもらうチャレンジのことです。

     レベルアップという名前の通り、レベル1では1段、レベル2では2段、レベル3では3段……とトイレットペーパーを増やしていき、どこまで飛べるか挑戦します。

     今回このレベルアップチャレンジに挑んだのは、チョコレート色の毛並みが素敵なラブラドール・レトリバーおばあちゃん。投稿主さんの実家で暮らすおばあちゃんワンコは現在14歳ですが、今もレトリーブ(投げたものを取ってくること)が大好きで毎日元気いっぱいに暮らしているそうです。

     そんなおばあちゃんワンコの前には、なんと3段ものトイレットペーパーが積まれています。飼い主さんの方に行きたくてぶんぶんとしっぽを振っていますが、一体どのようにトイレットペーパーを乗り越えるのでしょうか……!?

     おばあちゃんワンコは「トイレットペーパーを飛び越えるのは難しい、でも強引に倒さない方がいい」と考えたのでしょうか。なんと器用に前足を使い、トイレットペーパーの横にあるドアをスッと開けてしまいました。その手があったか……!

     お見事! と思いきや……通り抜ける時に少しだけトイレットペーパーを倒してしまったおばあちゃんワンコ。そんなとってもおちゃめなで器用、そして賢いおばあちゃんワンコには、「賢い」「年の功ですね」「かわいい」などの多くのコメントが寄せられています。

     投稿主であるちとねえさんは実家だけでなく、自宅でもワンコを飼っているそうです。Twitterにはときおり、実家のおばあちゃんワンコや自宅ワンコの写真が投稿されていますよ。

    画像提供:ちとねえ(@chitoneee)さん

    いざチャレンジ……のはずが


    (出典 news.nicovideo.jp)

    わんこ (ワンコからのリダイレクト)
    わんこ、ワンコ イヌの俗称の1つ。 お椀を指す岩手県の方言。食器#椀を参照。わんこそばは代表例。 ギャル語の1つで、ワンコールの略。ワン切りを参照。
    307バイト (39 語) - 2014年6月11日 (水) 01:50



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【ワンコ】「#レベルアップチャレンジ」挑戦するも…まさかの結果にw】の続きを読む


    異種交遊録の中でも、ひときわ激しい愛情表現であります かわいい顔してわりと獰猛なことで知られるラスカルことアライグマの寵愛を受ける白猫さん。狭いキャットタワーの上で繰り広げられる組んずほぐれつキャッキャウフフをご堪能ください。 米国はGrand Strandの動物保護施設にて知り合いになった、保護猫とこちらで飼育されているアライグマさん。その白く高貴な姿に見入られたのか、猫を離さずハグしまくり、甘噛みしまくり、モミモミしまくりと、一方的に愛情を注ぎまくっております。 白猫のほうもまんざらではないようで、嫌がる素振りも見せず迫り来る愛情を全身で受けとめているようです。実はアライグマは洗っているつもりだったなんて結末を迎えずに、この映像の撮影されたあとも、友情が末永く続いていることを願う次第であります。 [Watch this rescued cat and raccoon cuddling/YouTube


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アライグマ(洗熊、浣熊、学名:Procyon lotor)は、哺乳綱食肉目アライグマアライグマ属に分類される哺乳類。アライグマ属の模式種。タヌキに似ており、アライグマを英語でraccoon (common raccoon) と呼ぶのに対し、タヌキは raccoon dog
    41キロバイト (5,711 語) - 2020年3月19日 (木) 21:57



    (出典 assets.media-platform.com)



    <このニュースへのネットの反応>




    【動画はこちら】

    富山県富山市用水路に倒れていた高齢男性の救出に一役買った猫のココちゃんと、救助を行った5人に警察から感謝状が贈られ話題になっています。

    用水路見つめていたココちゃん。不審に思った人たちが用水路を見ると、高齢男性が倒れていたといいます。

    ココちゃんには感謝状の他にキャットフードも贈られたということ。

    ネットには「ココという名前も奇跡的」「毎日暗いニュースばかだけに、こういうニュースは心が洗われるようだ」「こういう心温まるニュースばかりだと良いですね」などのコメントが寄せられています。

    ココちゃん、グッジョブです!

    【動画はこちら】

    【富山】用水路に倒れていた高齢男性を救出した猫に警察から感謝状が贈られる!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。聴覚障害の割合が多い。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ -
    123キロバイト (17,013 語) - 2020年6月27日 (土) 04:13



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【猫】猫のお手柄!高齢男性を救出!感謝状GET!】の続きを読む


    【この記事の動画を見る】

    親の目を離した隙にとんでもないことをやらかす子供たち。たわいのないイタズラには驚きながらも思わず笑ってしまう親も多いようだ。それは人間と暮らすペットも同じこと。海外のやらかしちゃった犬たちを紹介しよう。

    2019年8月に飼い主の目を盗んでイタズラして、全身緑色に変身してしまったのはタイで暮らす2匹のフレンチ・ブルドッグ。どこから見ても完全に緑色に染まっているが、これに飼い主のヤダ・オーンソムジットさん(Yada Ornsomjit)が仰天したのも無理はない。

    そんな2匹がやらかしたイタズラとは、閉め忘れたドアからキッチンに忍び込み、食器棚の扉から食品着色料の袋を見つけ出し、その袋を噛み千切って緑色の粉を全身に浴びてしまったこと。ヤダさんは「夫と2人で半日かかって3回もきれいに洗いましたが、緑色は完全に落ちませんでした。私たちはほとほと疲れ切ってしまいましたが、2匹は悪びれる様子もありませんでしたよ」とげんなりした様子で語っていたが、動画を見ても2匹は緑色のまま元気いっぱいだ。この2匹はまるで「マーベル・コミック」の人気キャラクター“超人ハルク”のようだと話題になったが、「うちの犬じゃなくてよかった」「身体に害がないものでよかった」などの声も上がっていた。

    そして2020年3月には、体を赤く点々と染めて仰向けに倒れているコーギーの仔犬が飼い主を驚愕させた。まるで血まみれのようなこの姿に飼い主の心臓は止まりそうになっただろうが、この“赤い物”はなんとスイカジャムだと判明。飼い主の留守中に「キャビネットの中に置いてあったスイカジャムを勝手に食べてしまった」という。なんとも人騒がせな仔犬だが、「可愛いから許せちゃうわよね」「これはいけないわ」「うちの犬はスパゲッティソースまみれになったことがあるの」などの反響があった。

    また2017年2月には、ブラジルで暮らす1頭の仔犬のイタズラが人々の爆笑を誘った。庭で遊ぶ仔犬の様子がいつもと少し違うことに気付いた飼い主のルーカス・アウヴェス・マガリャンイスさん(Lucas Alves Magalhães)。いつもは庭を走り回った後は息を切らして戻ってくるが、その日は何やら口をモゴモゴさせて動きが鈍い。それもそのはず、仔犬の口には入れ歯がぴったりとはまっていたのだ。

    これに「もうおかしくておかしくて腰が抜けそうでした。総入れ歯のひょうきんな顔で笑っているではありませんか」とルーカスさん。この仔犬は庭を掘って遊ぶのが好きだったため、この入れ歯もおそらく庭に埋められていた可能性が高い。ルーカスさんは「以前この家に住んでいたお年寄りのものではないかと思います」と推測している。ぴったりはまった入れ歯は仔犬の口から無理やり外したそうだ。

    同じブラジルで、2019年9月にも口に人間の入れ歯をはめた犬が話題になった。入れ歯の持ち主は飼い主の祖母で、飼い主のアナ・キャロライナ・リマさんは「もう可笑しくて可笑しくて…怒る気にもなれませんでした」と振り返る。こちらには「うちの母の入れ歯ペット犬に持っていかれたよ」「私はマウスピースを盗まれた」「なぜ入れ歯に興味があるのだろう」「入れ歯をはめるとマヌケ顔になるね」「入れ歯が大きすぎて可笑しい」などのコメントが寄せられた。「いたずらっ子ほど可愛いのよね」という声もあり、やはり愛犬は憎めない存在のようだ。

    画像は『LADbible 2019年7月25日付「Cute Dogs Get Into Kitchen Cupboard And Dye Themselves Green With Food Colouring」(Credit: Viral Press)』『Dog Squad TV 2020年3月20日FacebookMeet Gody.」』『Metro 2017年2月25日付「Dog can’t stop smiling after finding dentures while digging in the garden」(Picture: Lucas Alves Magalhães)』『The Dodo 2019年8月29日付「Sneaky Dog Can’t Help But Smile As Grandma Searches For Her ‘LostDentures」(Anna Carolina Lima)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 関原りあん)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    イヌ (小型からのリダイレクト)
    五十音順に並べる。 赤が狐追う 一影に吠ゆれば万声に吠ゆ 一虚に吠ゆれば万実を伝う 一犬吠形百犬吠聲 - 王符『潜夫論』賢難 一代に狸一匹 が西向きゃ尾は東 が星見る 腹(いぬっぱら) に肴の番 になっても大家の になるなら大所のになれ にも食わせず棚にも置かず に論語/に念仏猫に経
    101キロバイト (15,496 語) - 2020年6月20日 (土) 15:06



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>




     片栗粉がぶちまけられている床と、そこに堂々と寝転がる猫さんの写真がTwitterに投稿され、1枚でよく分かるかわいい惨劇の投稿が人気になっています。

    【画像:猫ちゃんの表情】

     猫さんを飼っていると、時々イタズラをされてしまうことってありますよね。Twitterユーザーnatsuさんが遭遇したケースは、写真1枚でそのすさまじさが分かるイタズラ。写真に写っているのは、白い粉がぶちまけられた床に、ぶぜんとした表情で寝転がる茶白の「ほっけ」君。白い粉は片栗粉だったようですが、こんな状態を目にしたら、片付けのことを思い気が遠くなってしまいそうです……。

     こんなにも「やってしまった」感満載のお顔をしているほっけ君ですが、「やったのはじぶんではない」とのことなのです。犯ニャンは一緒に住んでいるグレー猫の「もずく」ちゃんで、ほっけくんは付き合っただけ、だそうで。何やら怪しい気もしますが……?

     容疑ニャとなったほっけ君や、同居猫のもずくちゃんしらすちゃんの暮らしぶりは、natsuさんの猫専用アカウントほっけしらすともずく(@HK_SR_MZ)で見ることが出来ます。

     実はほっけくんは末期の腎不全なんだそう。飼い主のnatsuさんからは「老猫の病気だと思われがちですが、若くても罹ることはあるので、みんな愛する猫の少しの異変も見逃さないでね。健康診断を受けていても見逃されることはあります」というメッセージが。愛猫さんに少しでもたくさんかわいいイタズラしてもらえるよう、健康管理をこころがけたいですね。

    画像提供:natsuさん、ほっけしらすともずく(@HK_SR_MZ)さん

    白い粉が散らばる惨劇の現場


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。聴覚障害の割合が多い。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ -
    123キロバイト (17,013 語) - 2020年6月22日 (月) 07:47



    (出典 www.ipet-ins.com)



    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ