33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。

    ペット


     我に返って猫アピールを始めるネコちゃんがとってもかわいいです。見られていることに気付いて、とっさに猫らしさを出してくるのが面白すぎる。

    【画像】我に返る猫ちゃん

     ぽやっとしたお顔がかわいいライト」君。普段は「ライちゃん」と呼ばれ、いつも暮らしのいろんなシーンカメラにおさめてもらっています。その日もお気に入りの爪とぎソファに座ってぼーっとくつろいでいたところ、飼い主さんがやってきて撮影を始めました。

     撮られているのに気付いたライちゃんはバッと顔を上げ、同時にバリバリッと爪とぎを始めて全力猫アピール! 「あっ、おれ猫だった!!」と自身の立場を思い出した風なライちゃん、焦りを取り繕っているようにも見え、なんだかキュンとさせられちゃいます。少しとぼけた感じだって、なかなかネコらしい一面ですよね。

     ライちゃんは、Twitterのライちゃん日記を通じて日々の成長の記録をお届けしてくれています。まったり癒やしの空気が漂うライちゃんの動画はいつもムニムニとしてかわいらしい!

     7月6日のお誕生日には子ネコの頃と現在のビフォーアフター写真が公開され、ライちゃんが生まれてからずっとかわいかったことも判明しました。毎日のかわいさがどんどんグレードアップしていくライちゃんの活躍、今後も楽しみです! たくさんお友達を作ってくださいね

    画像提供:ライちゃん日記(@raichanniki)さん

    ぼーっとしていた猫ちゃんですが……


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。聴覚障害の割合が多い。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ -
    124キロバイト (17,078 語) - 2020年7月29日 (水) 02:28



    (出典 press.chiku-wa.jp)


     ☆お気に召したらRT!☆

    <このニュースへのネットの反応>

    【とっさに猫らしさを出す猫ちゃんがとってもかわいいw】の続きを読む


     ネットで人気のムック本『コギまる(タツミムック)』から、コーギーの成長ビフォーアフターをご紹介します。

    【画像】成長した姿

     コーギーの愛らしさを引き立てているのが人懐っこい表情。子犬の頃の無邪気なお顔も、成犬になってからのフレンドリーなお顔も、どちらも魅力的です。掲載されている写真は飼い主さんによる力作ばかり。お気に入りの寝場所や肉球の色の変化などを見ることができます。

     『コギまる(タツミムック)』(辰巳出版/6月30日発売/紙版、kindle版ともに1100円)は、コーギー専門誌『コーギースタイル』が編集を手掛ける投稿系マガジンAmazonで表紙が解禁されると、3週連続で犬部門ランキング1位に輝きました。

     登場するのはコーギースタイル公式SNSに寄せられたコーギーちゃんたち。豆知識をまとめた「コーギー単語帳」、季節感が伝わってくる「春夏秋冬1年をキミと」、お出かけ好きのコギちゃん&飼い主さんなら知っておきたい「コギ連れ旅行の心得」など、楽しい内容になっています。

    あどけない子犬時代


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


      ☆お気に召したらRT!☆

    <このニュースへのネットの反応>

    【【コーギー】子犬から成犬へ!コーギーの成長記録!】の続きを読む


    初めて目にしたキュウリテンションMAXになった子猫がTwitterに投稿され、可愛くて癒されると反響を呼んでいる。

    この記事の動画を見る

    マンチカンの“ぷてぃこ”ちゃん(生後約8ヶ月)はこの日、キュウリを目にした途端、夢中になってしまった。机の上から飛び降りて駆け寄ると、甘噛みしつつキュウリに抱きつき始める。自身の全長とほぼ同じくらい、通常の3倍ほどもあるキュウリを相手に大興奮の“ぷてぃこ”ちゃん。噛みつきながら体を擦りつけ、けりけり。グルグルと喉を鳴らしながら脇目も振らず存分に抱擁する。このまま、キュウリの様子はお構いなしに熱烈アプローチを続けること約10分。さすがに、「キュウリがボロボロになっては困る」と飼い主によって強制終了となった。


    実は“ぷてぃこ”ちゃん、2週間ほど前にはカボチャにも反応。このカボチャキュウリは、近所の畑から直送された新鮮な野菜であったことから、“ぷてぃこ”ちゃんの興奮は「土のにおいに反応したのかも」と飼い主は推測している。ちなみに、スーパーで買ってきた野菜も匂いを嗅ぎに来るが、「こんなには食いつきません」とのことだ。


    この“ぷてぃこ”ちゃんの愛らしさには複数の人が語彙力を消失。「まるでまたたび付きの蹴りぐるみ」「きゅうりになりたひ」といったコメントや、猫がキュウリに遭遇すると驚いて飛び上がるという現象が起きることもあることから「きゅうりを怖がらないだと……!?」といった驚きの声も寄せられ、大きな反響となっている。


    “ぷてぃこ”ちゃんは、これまでも皿洗いを応援しているように観察する様子や、ぬいぐるみのような無防備な寝姿でも話題に。TwitterのほかにInstagramなどでも、一緒に暮らす“ちょみー”ちゃんとの愛らしい姿を目にすることができる。



    Instagram「chomiputi」

    提供:ぷっちょ(@puuuutttyo)さん


    (出典 news.nicovideo.jp)

    マンチカン (Munchkin) は、北アメリカに起源を有する猫の一品種。マンチキンと呼ばれることもある。犬種のダックスフントやコーギーを思わせる全身、短い脚を特色とするこの猫は、その特殊性から長年にわたり論争の的となってきた。 マンチカンという猫種の歴史は他猫種に比すれば浅いものの、突然変異体とし
    10キロバイト (1,248 語) - 2020年2月19日 (水) 18:29



    (出典 image.peco-japan.com)


     ☆お気に召したらRT!☆

    <このニュースへのネットの反応>

    【【マンチカン】マタタビよりお気に入りw野菜に大興奮!】の続きを読む


     今回紹介したいのは、あさりさんが投稿した『入りたい・・・・・』という動画です。

    投稿者メッセージ動画説明文より)

    穴に入りたい→努力→考える→無理→入ったつもり


     穴のあいた箱を前にした猫ちゃん。何か言いたげな表情を見せています。

     じーっと穴を見ていますね。どうもこの中に入りたいみたいです。

     とりあえず片手を入れてみた猫ちゃんに、沢山の「かわいい」のコメントが集まります。

     さらに両手を入れてみる。

     しかしこれ以上は入れません。プニプニと箱を押して、入れないもどかしさを表現する猫ちゃん。本気で中に入りたいようです。

     箱との一体化を求めて、上に乗ってみることにしました。

     ぐるりと回って最終的にはこんな感じになった猫ちゃん。片手を入れて足をピーンと伸ばした謎のポーズに笑いが巻き起こります。これで入ったことになる……のでしょうか。

    視聴者コメント

    ・なにこれwww
    ・割と本気で入りたがるなw
    ・結構かんがえててかわいい
    ・足ぴーん
    ・無理www
    ・これでいい・・・これでいいのだ・・

    ▼動画はこちらから視聴できます

    入りたい・・・・・

    ―あわせて読みたい―

    「くやしいニャー!」“体型の問題”で箱に入れなかった猫氏、スリムな猫ちゃんに八つ当たりするも…負ける!

    子猫とダンボールとおもちゃ…ネズミを捕まえようと奮闘する子猫に「かわいい」「顔全部出るのすこ」の声



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。聴覚障害の割合が多い。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ -
    123キロバイト (17,000 語) - 2020年7月2日 (木) 00:56



    (出典 nyanpedia.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【猫】穴に入りたい→努力→考える→無理→入ったつもりw】の続きを読む


    top


     犬と猫といえば見た目はもちろん仕草からして違っていたりするもんだが、広い世界の中には犬に育てられて犬用プールに通う猫もいれば、同居の猫となじむうちに猫化する犬もいる。

     インスタグラムで人気のこちらの犬、マコは心に純然たる猫を宿す2歳の元保護犬だ。

     パッと見は確固たる犬であっても、自身を猫とみなしているマコは行動からして限りなく猫。犬要素は外見のみかもってぐらいの猫っぷりで、家族みんなに愛されている。

     迎えた当初はちょっと変わった犬だと思っていた飼い主女性べサニーさんの家で、2匹の先住猫とのびのび生きるマコの愛らしい姿をお伝えしよう。

    初対面ですぐに家族を攻略した保護犬マコ


     愛らしいマコと飼い主のべサニー・カスティラーさんが初めて出会った場所は地元の動物保護施設だった。

    サニーさんの愛犬マコ


     家族とともにそこを訪れたべサニーさんは、当時のことをこう語る。

    「私たちがマコを選んだんじゃないの。マコが私たちを選んだのよ」

     初めのうちマコはケージの中で背を向けていたが、べサニーさんがなでると振り向いて「来たの?じゃ、みんなで家に帰ろう!」とでも言いたげなまなざしで彼女を攻略。

     べサニーさんも家族も、最初から彼を探してたような気分になり、あっさり迎え入れを決めたのだ。

    先住猫ズと相性ばっちり!もしや中身は猫?

     こんな風になりゆきで決まってしまったものの、一つだけ気がかりなことがあった。実は彼らは家に2匹の先住猫ペカンとギズモがいるため、猫とうまくやっていける犬を希望していた。

     幸いなことに保護施設のスタッフが「マコは猫と最高に仲良くなれますよ!」と太鼓判を押してくれたが、こればっかりは会わせてみないとわからない。

     だがその心配は杞憂に終わり、思った以上になじんでいるマコと猫ズにみんなも大喜び!


     しかし安心もつかの間、家族はやたら猫っぽいマコの行動に違和感を感じつつあった。

     マコは犬…じゃなくて猫なの?

     スタッフの言う通り、猫との相性はばっちりだ。にしてもマコはあまりにも犬らしくなかった。確かなことはわからないが、猫に育てられたようなふしすらある。

    音量注意


     まったく吠えずにカウンターに飛び乗って、まったりと座っているマコ。それはどうみても犬ではなく猫の行動そのものだったのだ。

    中身は猫でもいいじゃない。ありのままのマコを愛する家族

     正直べサニーさんも家族もうっすらと何か妙だとは思っていたし「マコって変なところに乗る犬だよね~!」ぐらいなことは言っていた。

    音量注意

     しかしどうもこれはガチらしいと気づいてからは、ありのままのマコを受け入れるようになった。

    ネットで猫用っぽい犬のおもちゃを買って裏庭で一緒に遊んだりしてるわ。マコはおもちゃを追って猫みたいなジャンプもできるの」

     また彼は、先住猫ズとテーブルに乗って窓の外にいる鳥を見るのも大好きだ。さらに他の猫がべサニーさんにお腹を見せると、マコも同じようにお腹を見せてくれる。

    音量注意

     
     自身を猫とみなしてるマコは2匹の猫を兄弟のように慕っていて、可能な限り行動をともにする。そして家族は高所に陣取るマコに笑みがこぼれる毎日だ。

     NNNを思わせる積極的なアピールといい限りなく猫寄りな犬、もしくは3匹目の猫として幸せを満喫するマコ。彼のユニークな日常が気になる人はマコのインスタグラム@mako_thecatdogチェックだ。

    References:thedodo / instagramなど /written by D/ edited by parumo
    猫みたいな犬。猫と育ち自分のことを猫と思っているふしがあるハスキーミックス犬のタリーさん。

    犬に育てられた猫だから。犬専用のリハビリプールでリハビリに励み失われた筋肉がもりもりついた猫(イギリス)

    犬の猫化が加速する。自分を猫と勘違いしているふしのある犬たちの画像まとめ

    加速する犬の猫化。猫的挙動をする犬たちのいる風景。

    魚だってなでられたい。水槽清掃員にピタっと寄り添いなでてもらうのを待っている猫みたいな魚

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52292297.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    ハンドルを握ると変わる系かよ!ゲームを前にすると性格が荒ぶる犬
    飼い主とお話したい猫、階段の手すりに勢いよく飛び乗ろうとするも意外な結果に
    ビーチが大好きなゴールデンレトリバー、人間の作ったウォータースライダーに果敢にトライ!
    カピバラの集団が道路を横断。歩道からちょっとずれたけど、ちゃんと渡れたよ!
    「可愛い」に季節なんて関係ない!キュート過ぎるもこもこマラミュートの子犬たち

    ―画像の紹介記事―

    飼い主とお話したい猫、階段の手すりに勢いよく飛び乗ろうとするも意外な結果に
    「図書館で借りた本をレンジでチンしないでください」アメリカで異例の通達
    動物の体重ってどうやって測るの?かわいすぎる動物たちの体重測定の様子を一挙公開
    「スイカは絶対に守るニャ!」スイカ監視員としての猫、完璧な警備(タイ)
    フクロウの赤ちゃんが行き倒れ!?いいえ違います、頭が重いのでうつ伏せで眠るのがデフォなんです
    犬の猫化。猫2匹のいる家にやってきた保護犬の場合、すっかり自分を猫と思い込む


    (出典 news.nicovideo.jp)

    わんこ (ワンコからのリダイレクト)
    わんこ、ワンコ イヌの俗称の1つ。 お椀を指す岩手県の方言。食器#椀を参照。わんこそばは代表例。 ギャル語の1つで、ワンコールの略。ワン切りを参照。
    307バイト (39 語) - 2014年6月11日 (水) 01:50



    <このニュースへのネットの反応>

    【【ワンコ】自分を猫と思い込んでいる犬w】の続きを読む

    このページのトップヘ