33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。

    自然現象


    background-1430009_640_e

    Frantisek Krejci from Pixabay

      1990年アルジェリアに「Acfer 086」という隕石が落下した。これを高精度な質量分析にかけたところ、そこに未知のタンパク質が存在することが明らかになったそうだ。

     隕石から地球外の起源を持つタンパク質が報告されたのは史上初であるそうだ。

    ―あわせて読みたい―

    ダイヤモンドよりも硬い?宇宙由来の新しい鉱物が発見される(ロシア)※追記あり
    33億年前の火山岩から宇宙が起源の有機体が発見される(南アフリカ)
    地球上には存在しない鉱物が隕石の中に閉じ込められていた。新たに発見された宇宙鉱物(米研究
    地球に衝突した隕石の中から糖が発見される。生命誕生の素材は宇宙からもたらされた可能性強まる(NASA)
    謎めくミステリー。隕石が展示されているケースが突然浮かび上がる怪現象が発生(ロシア)

    史上初となる地球外のタンパク質か?

     そのタンパク質は、「グリシン」と「ヒドロキシグリシン」でなるアミノ酸鎖、鉄、酸素、リチウムで構成されている。

     また原子核が陽子と中性子で構成される「重水素」(水素の同位体。普通の水素には中性子がない)が豊富であるという。

     発見したハーバード大学とプレックス社の研究グループは、このタンパク質に「ヘモリシン(hemolithin)」という名称を提案している。

     地球上で作られたアミノ酸重水素が大量に含まれることはない。『arXiv.org』(2月22日投稿)で公開されている査読前の研究論文によれば、それは原始太陽の分子雲が起源であることを示しているという。

     「地球外の起源を持つタンパク質が報告されたのはこれが初めて」であるそうだ。

    0_e10

    生命の誕生に奇跡はいらない。宇宙でも化学反応が生じる

     念のために言っておくと、この研究グループはヘモリシンが宇宙人がいる証拠であるとは主張していない。

     それでもなお、この発見が正しいものであれば、宇宙生物学者の好奇心をくすぐらずにはいられないだろう。地球の生物が持つのと同じような複雑な化学物質が、宇宙の奥深くでも自然に形成されたということを意味しているからだ。

     それは正真正銘の生化学系が生じるためには、奇跡などいらないということでもある――ならば、宇宙のいたるところに生命が存在するかもしれないではないか。

     こうした考えはもはや常識外れのものではない。地球以外でも複雑な化学反応が起きるという科学的証拠はどんどん集まっているのだ。

     たとえば、土星の衛星タイタンの分厚い大気には、大きな有機分子が渦巻いているし、タンパク質の構成要素であるアミノ酸とて隕石や彗星の中から発見されている。

    1_e12


    本当に未知のタンパク質なのかは今後の調査次第


     いずれにせよ、先走ってはいけない。研究論文はまだ査読を待っている状態で、これをパスするかどうかはまだ分からない。

     また次のような意見もある。カリフォルニア大学の海洋化学者によると、ヒドロキシグリシンが隕石や前生物的実験で発生したという報告はこれまでに一度もなく、それがタンパク質の中で発見されたこともないのだそうだ。

     となると、それが隕石の中で発見されたというのは、かなり疑わしくなってくる。そう、可能性としては、発見されたタンパク質が地球上で隕石に付着したとも考えられるのである。

     さて、真偽のほどはどうだろうか? 今のところはじっと査読の結果を待つよりなさそうだ。

    References:space/ written by hiroching / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52288565.html
     

    こちらもオススメ!

    ―知るの紹介記事―

    病気を抱えたヒョウの赤ちゃんを保護し養子にしたメスライオン(インド)
    寄生虫には社会階層(カースト)があり、脅威に応じて兵隊カーストが増える(米研究)
    当選した宝くじ券、中つ国の地図などなど、古い本の中から発見された驚くべき5つのもの
    嘘だと言ってよ!2年間水をやり、大切に育てていた観葉植物が実は偽物だったことが発覚(オーストラリア)
    生物界の常識を覆す大発見!?サケの体内から呼吸を必要としない生物が発見される(イスラエル研究)

    ―自然・廃墟・宇宙についての記事―

    自然が作り上げたリアル「氷の家」湖に面した住宅街が強烈な暴風雪で氷漬けに(アメリカ)
    地球に飛来する危険な小惑星のコースを変更させる最良の方法とは?(米研究)
    天の川以外の銀河で史上初めて酸素分子が検出される
    南極の雪が血の色に染まるという怪現象が観測される
    地球に「第2の月」が発見される。ただし期間限定
    史上初、隕石の中から地球外の未知のタンパク質を発見か?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    タンパク質タンパクしつ、蛋白質、英: protein [ˈproʊtiːn]、独: Protein [proteˈiːn/protain])とは、20種類存在するL-アミノ酸が鎖状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。
    40キロバイト (5,839 語) - 2020年2月18日 (火) 00:17



    (出典 www.ratekenpo.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【自然現象】隕石の中から地球外の起源を持つ、史上初のタンパク質が発見?】の続きを読む


    0_e

     消防士になったつもりで考えて欲しい。現場に駆けつけると建物の中は煙が充満し、周囲は騒音だらけでまともに声を聞くこともできない。そんな状況で、入ったこともない建物に突入しなければならないとしたら――。

     これがいかに危険な状況かはすぐに分かるだろう。こうしたとき、きちんとしたコミュニケーション手段を確保することは、消防士にとって文字通り死活問題だ。

     だが厄介なのが煙とノイズだ。現場に立ち込める煙や喧しい騒音のおかげで、視覚や聴覚を利用した手段ではあまり役に立たないのだ。

     そこでアメリカ、カーネギー・メロン大学の研究グループが考案したのが、触覚を利用した「ハプティック・ヘルメット」である。

    ―あわせて読みたい―

    4匹の子猫すべてを火災現場から救出した消防士は、その喜びで涙を流す(イタリア)
    これは怖い!消防士も恐れる火災の現場で起きる爆発現象「バックドラフト」を再現する科学実験
    本当にあった奇妙な出来事。消防士が現場で遭遇した5の超常現象
    消防士 vs 警官。政府への抗議デモがエスカレートした消防士、警察との間で激しいバトル勃発(フランス)
    人知れず、見知らぬ家の雪かきをしていたのは消防士たちだった(アメリカ)

    内蔵アクチュエーターの振動でナビ

    「ハプティクス」とは、振動や動きなどを利用し、人間の触覚を通じて感覚フィードバックを与える仕組みのことで、「触覚技術」とも呼ばれる。携帯電話ゲームコントローラーの振動機能もハプティクスの一例だ。

     そのハプティック・ヘルメットには、アクチュエーターが内蔵されており、現場の情報をリアルタイムで消防士に伝えることができる。

    1

     特徴的なのは消防士をナビする方法だ。ハプティックの名のとおり、ヘルメットの前後・両側をアクチュエーターで振動させて、進め! 止まれ! 曲がれ! を伝えるのだ。

     こうした指示は、周辺にいる人間がリモコンやVRシミュレーターで出すことができる。


    NIST Haptic Interfaces Challenge Final Test on November 5th, 2019, Denver, CO

    公衆安全チャレンジのハプティック・インターフェース部門で優勝

     ハプティック・ヘルメットは、アメリカ国立標準技術研究所が主催した公衆安全チャレンジのハプティック・インターフェース部門に出品されたもの。半数が現役の消防士である審査員から「もっとも商業的に有望」と評価され、見事優勝した。

     このコンテストでは、いくつかの仮想シナリオを通じて出品作の性能がチェックされた。さらに最終ステージでは、消防士たちが実際にこれを着用し、真っ黒な煙が充満した訓練施設に入ってそこを通り抜けるというデモが行われた。

     動画の中では、赤外線カメラつきのコントローラーを手にした消防士が、先行する消防士をナビしながら建物内部を通り抜ける様子が映し出されている。

    3

     ハプティック・ヘルメットは、そのナビ性能の高さだけでなく、既存の装備に搭載できる点や、使い方が簡単ですぐに覚えられる点も評価ポイントだったそうだ。

     今後はペンシルベニア州ピッツバーグの消防署に配備され、消防士からのフィードバックを得て、さらに改良が加えられるとのことだ。

    References:engineering/ written by hiroching / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52288319.html
     

    こちらもオススメ!

    ―サイエンス&テクノロジーについての記事―

    スミソニアン博物館、280万点以上の作品をデジタル化&無料ダウンロード可能に
    受動的な傍観者と思われていた脳細胞の一種が、実は記憶の忘却に大切な役割を担っていた可能性が示唆される
    AIで脳波を調べることで、個々にあった適切なうつ病の治療が行える可能性(米研究)
    次世代の米軍兵器となるか?命中が保証された場合にのみ発砲するライフル(アメリカ)
    脳腫瘍の手術中に患者がバイオリンを生演奏。イギリスでは初のケース

    ―動画の紹介記事―

    タコだってモフられたい。ダイバーの指に触手をからめ甘える仕草を見せるタコ
    リラーックス!ソファに座り猫がまったりと「トムとジェリー」を鑑賞中
    猫氏「それうちのベッドなんやけど?」サモエドにベッドを取られて納得いかない相棒猫
    消防士ってすごい!溺れたトカゲを指先一つで生き返らせる(オーストラリア)
    これまでに発見された小惑星の大きさをニューヨーク市と比較してみた
    火災現場に突入した消防士にリアルタイムで方向情報を送信できるヘルメットが開発される


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ヘルメット (helmet) は、頭部を衝撃などから保護するためにかぶる防護帽もしくは兜のこと。 古来のヘルメットはおもに戦闘に使われる兜のことだった。現代でも軍隊や警察などで敵の攻撃から身を守るために使用されている。現代では強化プラスティックなどで安価・軽量なヘルメット
    65キロバイト (9,632 語) - 2020年2月10日 (月) 05:28



    (出典 scdn.line-apps.com)



    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ