33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。

    超常現象


    「空飛ぶ円盤」は、なにもSFや超常現象の世界に限った話ではありません。航空工学において「円盤翼」は、世界中で研究されてきました。そのようななか、アメリカ海軍第2次世界大戦において、戦闘機として用いようとしました。

    円盤翼は艦載機向けの大きなメリット有り

    一般的に「空飛ぶ円盤」というといわゆるUFO未確認飛行物体のことを指しますが、第2次世界大戦中、アメリカ海軍は円盤型戦闘機を実際に製作していました。XF5U艦上戦闘機で、その外観から「フライング・フラップジャックパンケーキの意味)」などと呼ばれるものです。

    その形状は円盤型の主翼兼胴体に2基のプロペラ、操縦席、そして尾翼がついたもので、亀のようにも見える外観です。なぜアメリカ海軍は大戦中に、このような戦闘機を作ったのでしょう。それは海軍ゆえの要望にまつわるものでした。

    円盤翼は各国で研究されていましたが、アメリカにおいて実機が生まれたのは、第2次世界大戦前の1930年代にさかのぼります。航空機メーカーヴォート(チャンスヴォート)のチャールズ・H・ジンマーマン技師は、滑走距離の短い飛行機について研究するなかで、凧の原理から円盤翼を思いつきます。

    円盤翼は、翼幅が短くとも翼面積を稼げるため、失速しにくく構造は強固にできるメリットがあります。翼面積が大きければ大きいほど滑走距離は短くできるため、大きな円盤翼であれば、翼幅、すなわち機体の横幅はそれほど大きくなくても飛行性能に優れた機体にすることが可能と考えたのです。

    まずジンマーマン技師は模型を作り、風洞実験でその有用性を証明すると、これに目を付けたアメリカ海軍が資金援助してくれることになりました。海軍は、滑走距離に制限がある空母の上で運用する艦載機などには、円盤翼が向いていると考えたからでした。

    アメリカ海軍の支援を受けたジンマーマン技師は、次にV-173という技術実証機を作ります。同機はテスト機のため、エンジンこそ非力でしたが、1942(昭和17)年11月23日に初飛行すると、飛行試験では高い性能を見せつけ、特に離陸についてはわずか6mという驚異的な短距離を記録します。

    この試験結果はアメリカ海軍を満足させ、円盤翼機の開発は本格的な艦上戦闘機の開発へと移ることになりました。

    アメリカ海軍の高い要求と戦時中の開発が仇に

    ただし、テスト機であるV-173が高性能を出したことで、アメリカ海軍は要求のハードルを上げました。艦載機として必要な低速安定性と、戦闘機として重要な高速性の両方を兼ね備えるように求めたのです。本来ならこの2つの性能は相反するものです。

    一説では、アメリカ海軍は円盤翼機を戦艦や巡洋艦にも載せようと考えていたといいますが、それだけ離陸性能が高かった証左ともいえるでしょう。

    一方で第2次世界大戦期の当時、ヴォートはF4U「コルセア」艦上戦闘機の開発と生産で手一杯になっており、新型機の開発に人出を回す余裕がなくなっていました。1944(昭和19)年7月に、アメリカ海軍は「XF5U-1」の名称で試作機2機の製作を正式にヴォートへ依頼しますが、前述したような理由から開発は難航し、実機の完成は第2次世界大戦終結後の1945(昭和20)年8月20日になりました。

    しかも、この時点でプロペラはまだ開発中で、暫定でF4Uの3枚プロペラを付けていたものの、プロペラが完成するまで初飛行はせず、地上試験のみとされます。

    一方で、第2次世界大戦後半にはより高性能なジェット機が登場したため、終戦後、アメリカ海軍における新型機の開発はジェット機がメインになり、プロペラ機であるXF5Uの優先度は著しく下がりました。

    露呈した「戦闘機として致命的な欠点」とは?

    そのうえ、XF5U自体が大きな欠点を持っていました。それは戦闘機として致命的な、ロケット弾などの前方へ投射(発射)する兵器が搭載できないという点です。

    円盤翼は翼幅が著しく短いうえに、空気の渦、翼端流への対処から、左右の端にプロペラを取り付ける構造でした。もちろんプロペラの回転範囲内に、上述のようなロケット弾などの前方投射兵器を装備することはできません。しかも、XF5Uが装備するプロペラの回転範囲は、機体の前面をほぼ覆ってしまう設計でした。

    翼内機銃はエンジンに同調させ、プロペラに当たらないよう射撃できる装置が実用化され久しいため何とでもなりますが、ロケット弾など外付け式の武器を積めないのは、大戦後の戦闘機としては致命的でした。

    こうして、滑走距離以外ジェット機に勝るメリットがほとんどないXF5Uは開発意義を失い、1947(昭和22)年に新型プロペラが完成したものの、直後の同年3月に開発計画は中止となり、結局、初飛行しないままスクラップに回されました。

    ちなみにXF5Uの構造は、ヴォートが特許をとった「メタライト」という、バルサ材とジュラルミン板の複合材が主体で、堅牢なため、解体時も既存の航空機の処分方法が通用せず、一説では鉄球を落として破壊したそうです。

    また円盤翼は、胴体と一体で分解できず、鉄道輸送などにも不向きだったそうです。そうなると、たとえ翼幅が狭く機体がコンパクトとはいえ、分解輸送できないのでは、前述の武装の件も含めて兵器としては使えなかったといえるでしょう。

    なお、XF5Uは前述の通りスクラップになってしまいましたが、技術実証機であるV-173はテキサス州ダラスにある「フロンティアオブフライミュージアム」で保管展示されているので、その面影を見ることは可能です。

    アメリカのヴォートが開発したXF5U-1戦闘機(画像:アメリカ海軍)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    XF5U ヴォート XF5U-1 原型1号機 用途:戦闘機 分類:試作艦上戦闘機 設計者:チャールズ・H・ジマーマン 製造者:ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ 運用者:アメリカ海軍 生産数:2機 運用状況:開発中止 表示 XF5Uは、アメリカ海軍の依頼でヴォート社とその技師en:Charles
    10キロバイト (1,128 語) - 2020年2月24日 (月) 00:13



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    <このニュースへのネットの反応>




    【超常現象】元・乃木坂46の生駒里奈が、心を読むマジックの特訓中


    生駒 里奈(いこま りな、1995年12月29日 - )は、日本の女優、タレントであり、女性アイドルグループ乃木坂46、AKB48チームBの元メンバーである。秋田県由利本荘市出身。乃木坂46合同会社所属。身長153 cm。血液型はAB型。愛称は、いこまちゃん、いこたん。
    105キロバイト (14,224 語) - 2020年2月25日 (火) 17:19



    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)



    【【超常現象】元・乃木坂46の生駒里奈が、心を読むマジックの特訓中】の続きを読む

    このページのトップヘ