最近ではもはや社会現象といえるほど大規模なブームとなっている『鬼滅の刃』。中には、まだ漫画や映画を見ていない人に対してバカにするような態度を取ったり、見ることをしつこく勧めるような情熱的なファンもいて、これらの行為には「キメハラ」と名が付けられ、話題を呼んでいる。「キメハラ」とされる内容の幅は広く、その他にも「『鬼滅の刃』が好きではない」と言えない雰囲気や、あらゆる商品のパッケージデザインに採用されていることに圧迫感を持つ人もいるようだ。

 その一方でどれだけ流行して、勧められても「漫画も映画も絶対に見ない」という人もいる。『鬼滅の刃』だけに限らず、このように世間で何か特定のものが流行している時、「自分は受け付けない」という姿勢を貫く人が一定数存在する。

 ​>>玉川氏『鬼滅の刃』に「ヒットすると見ない」、斎藤アナ「この映画で優しさを学んでほしい」発言で称賛の声<<​​​

 もちろん、そのコンテンツに対する好みの問題が関係している場合もあるが、ここでいう「流行を拒否する人」とは、コンテンツそのものが嫌いというわけではなく、あくまでも「はやっているものが嫌い」というタイプをさす。こうした人の心理には、一体どのようなメカニズムが働いているのだろうか。

 流行という現象のメカニズムを説明する代表的なものに、「イノベーター理論」というものがある。これは1962年にスタンフォード大学の社会学者エヴェリット・ロジャースによって提唱された理論で、流行の現象を構成している人々の、流行しているものに対する姿勢について5タイプに分類・定義されている。

 まず、全体の2.5%とされる「イノベーター(革新者)」のグループは、その他大勢の人がまだ取り入れていないような目新しいものに関心を示すタイプで、流行を作るパイオニア的存在である。
 「オピニオンリーダー」や「インフルエンサー」とも呼ばれる「アーリーアダプター(初期採用者)」は流行に敏感で、すすんで情報収集を行い、その情報を広める役割を持ち、全体の13.5%とされる。

 全体の34%を占める「アーリーマジョリティ(前期追随者)」は目新しいものを取り入れることにやや慎重なタイプだが、このグループが取り入れると流行が一気に広まる。

 アーリーマジョリティと同じ割合を占める「レイトマジョリティ(後期追随者)」は、目新しいものに対して懐疑的なタイプで、大多数が取り入れているところを確認してからやっと取り入れる、いわゆるはやり物好きのグループだ。

 そして、最も流行に対して慎重または無関心なのが、「ラガード(遅滞者)」というグループである。全体の16%ほどとされるラガードは、世間の動向に対して関心が低く、社会生活に定着するレベルにならなければ取り入れないタイプだ。このグループが取り入れればその流行は世間に浸透したということができる。ただし、ラガードの中には、徹底して流行を拒絶する者もいるという。

 流行がピークになるにつれ、取り入れる人たちが多くなり、その状況が、独自性の高いイノベーターが流行しているものに対する関心を低下させる。そして、独自性の強いイノベーターたちの新たなものへの関心によって、さらに新たな流行が作り出されるという循環のメカニズムがある。

 イノベーター理論の分類に基づいて考えると、流行を拒否する人は「イノベーター」か「ラガード」に当てはまるだろう。

 イノベータタイプの人なら、日頃から創造性や独創性にこそ価値があると感じ、大多数が同調しているものを敬遠する傾向があると考えられる。ラガードなら、商業戦術に食われたくない、あるいは同調圧力に屈したくないなど、負けず嫌いな心理的特徴を持っている人もいるだろう。いずれの場合にしても、同調性が低く主体性が高いタイプと言える。

 こうした独自性や主体性の高さから流行を拒否してしまうタイプの人は、同調性が高いタイプの人から見ると、うらやましく思えたり、場合によっては「気難しい人」「目立ちたがり」「付き合いづらい」などと捉えられることもある。

 しかし、それは相手に自分と同じ価値観を求めた時に生まれる捉え方であって、イノベーターやラガードにとっては、感覚的に生じる流行に対する嫌悪感を、どうすることもできないのだ。中には、「格好をつけたい」という理由で流行を拒否している場合もあるかもしれないが、多数派に流されないことに価値を置いているという時点ですでにイノベーターやラガードとしての要素があると言えるのではないだろうか。

 いずれのタイプにせよ、多様な価値観を尊重し、それぞれの個性を受け入れたいものだ。

文:心理カウンセラー  吉田明日香

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。略称は「鬼滅」。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。シリーズ累計発行部数は単行本22巻発売時点で1億部を突破する。 大正時代を舞台に主人公がと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う
377キロバイト (61,390 語) - 2020年11月9日 (月) 11:33



(出典 www.ufotable.com)



<このニュースへのネットの反応>

流行だろうと単に興味ないだけなんだけどな…積極的に見なきゃいけない理由もないから見る機会があれば見るだろうけど


俺の経験則では興味無いっていうのが一番信者の癇に触るみたいだな。アイドルの追っかけやら型月儲やらセガ信者やらに随分やられた。一番酷かったのはハルキストでただ読みたい本を順番に読んでて他の本に手を出さないだけなのにアンチ扱いしてガンガン攻撃して来るんだよなぁ。その時間で別の本読めばいいのに


意地とかじゃなく、メディアがごり押ししたら本気で見る気無くす人もいるからなぁ。


ラガードだわ、外野がしずかになってからの方が作品自体と向き合えるしな。


見るも見ないも各々の自由、押しつけがましいのは自分も嫌い


流行に乗らない奴はおかしいって見方がおかしい。


流行りものに飛びつく奴を下に見る価値観とかも影響してそうだね。まあ個人の自由だとは思うけど、食わず嫌いは人生損してるとは思う。でも実際のところ見ていない大多数は単に興味なかったりきっかけが無いだけなんだよね。


他人から勧められたものを見てもあまり面白いと感じたことがないので、自分は世間とは感覚が少しずれてるんだと思う。今期のアニメで一番注目してるのが、シグルリと体操ザムライってところで察してくれ。


横文字で恥ずかしい。ひとくち食って吐き出したものは、二度くちにいれたくない心理とは違うのか


大して興味無いのに流行り物だから飛びつくって、マスコミもそうじゃん?(ファン心理からだと「こいつ読んでないな」ってバレるから下に見られるんでしょ...)


「オレ見ないから」(キリッ!)じゃないから。普通に無関心だから


漫画はみたぞ? ただあれでグッズを買い漁る心理は理解できないだけで


「流行してるから観なきゃいけない」という圧力は何なんだろう。


たとえるならデ・ジ・キャラットのキャラ絵の描いたTシャツを着こむ珍獣を見ている感じに近い


見ない・読まないのは流行ってるからとか関係無く、歳をとって昔ほど情熱が無くなったのが原因かな


流行りに左右されているつもりが無くても、好きな物が流行れば流行りに乗っていると思われるが、内心的には流行ってくれたのはうれしいものだ。というわけで、ライドンキングのアニメ化お願いします。でも正直な話鬼滅は初期のころ打ち切りになるかもと思っていたが、ここまで流行ったのは感服ものだぜ・・・


>midori『意地とかじゃなく、メディアがごり押ししたら本気で見る気無くす人もいるからなぁ。』 これだわ、メディアとかネット上で過剰に持ち上げられている物は興が冷めてしまう。


別に個人の好きにしたらいい。ただ流行ばかり追いかけていて普段は無趣味。興味も無いのに周りが見てるからという理由で好きでも無いものを次から次に追いかける人はちょっとどうかとは思う。思い出も何も残らないよ。


鬼滅じゃないけど一部のローカル局では放送してもその他地方では放送していないアニメとかもあるから流行っていてもそれについていけない人たちもいるんですよ


確かに、アニメが始まった時とか?ジャンプ連載中は夢中になったが、ブレイクした途端に興醒めしたな。熱しやすくて冷めやすい、天邪鬼みたいな性格になるんだよね。投資とかだったら、ブレイクした時がアウトだからね。いつも二手三手先を行かないといけない。例えば、世の中に、コレだけ関連商品が出回り売れたら、商品価値は時間と共に下がるだけだからね。