1歳になるブルドッグの子犬が飼い主の留守中にソファーを噛みちぎり、骨組みだけになるまでボロボロに引き裂いた。子犬は数週間前にもソファーを引き裂いており、今回2台目のソファーを台無しにした。子犬は高級ブランドの長靴なども噛みちぎっており、合計1500ポンド(約20万円)超相当の被害を出してしまったという。『Daily Mail Online』などが伝えている。

英ノーサンバーランド州の町ベリック・アポン・ツイードで宿泊施設のB&Bを経営するジュリー・アンさん(Julie Ann、64)は、外出先から帰宅すると飼っている1歳のブルドッグの雄犬“ハリス(Harris)”がウレタンフォーム(ソファのクッション材)を口にくわえて出迎えた。ハリスの後をついて行ったジュリーさんは、そこで信じられない光景を目にしたのだ。

ジュリーさんが見つけたのは、部屋に置いてあった500ポンド(約7万円)のチェスターフィールド・ソファーがボロボロに引き裂かれ、骨組みだけになった姿だった。チェスターフィールド・ソファーはイギリス発祥の伝統的なソファーで、厚いクッションと強固なフレームによる重厚感のある作りだ。

ボロボロになったソファーの周りには、引き裂かれた布やウレタンフォームなどが散乱していた。実はジュリーさんがこのような状況を見るのは初めてではなかった。ハリスは数週間前にも700ポンド(約9万7千円)のソファーを引き裂いていたのだ。

さらに驚くことに、ハリスは英王室御用達ブランドHunterハンター)」とフランスブランド「Le Chameau(ルシャモー)」の長靴も噛みちぎった。これらの合計金額は350ポンド(約4万8500円)相当であるという。

ジュリーさんは、ハリスが「とても良い子だったのに、突然野生児に変身した」と語る。

「他の犬と同じように、ハリスはいたずら好きな時期を迎えているのだと思います。この時期を乗り越えなくてはならない。ハリスのことを心配しています。2度と同じようなことが起きないようにしたいわ。」

引き裂かれて木枠だけになったソファーは、今も部屋に置いたままだという。ジュリーさんはロックダウンのため代用のソファーを買いに行くことができず、また「ハリスが噛みちぎるために、新しいソファーを購入するつもりはない」と打ち明けた。

「これは、ハリスの仕業だとすぐ分かりましたよ。とても罪深そうな様相でしたからね。ウレタンフォームを口にくわえながら、『ママ、やらかしちゃったよ!』とでも言うように、尻尾を振っていたのですよ。」

ジュリーさんが外出したのは、午後1時から4時までの3時間ほどだった。ハリスはその間に3つの大きなクッションシートと布カバーを引き裂き、中にあったウレタンフォームを取り出すなどして、ソファー全体を見事に解体した。さらに、庭に干してあったジュリーさんのTシャツレギンスも噛みちぎっていたという。

ハリスの他にも4匹の犬を飼う愛犬家のジュリーさんは「私はすべての犬を愛しています。犬は間違ったことをしたと理解しない限り、永遠に続けてしまうのです。ハリスにはお座りさせたり良い行動を褒めたりして、時間を過ごしていますよ」と話している。

画像は『The Sun 2020年8月5日付「IN THE DOGHOUSE Puppy chomps through £1,500 worth of clothing and furniture - including two sofas」(Credit: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

ブルドッグ(Bulldog)は、18世紀ごろの英国で雄牛(ブル)と犬を戦わせる牛いじめ(bullbaiting)という見世物が流行し、牛に対抗できる犬として開発された犬の品種の一つ。 1835年にイギリスで動物虐待法(Cruelty to Animals Act)が成立し、牛いじめを含めたブラッド
7キロバイト (801 語) - 2020年7月5日 (日) 08:37



(出典 wanpedia.com)


  ★お気に召したらRT★

<このニュースへのネットの反応>