男性の命を救ったSiri

Siriで緊急通報、男性の命を救うyoutube

 アメリカのコネチカット州で、海岸線に早朝のカニ漁に出ていた男性が海に落ち、強力な流れによって水門パイプの入り口に吸い込まれそうになるという危険な事態が発生した。

 その危機的状況を救ったのはiPhoneのAIアシスタントSiri」だった。同行していた男性の妻は、水中の夫の腕をしっかりと掴んで手を離せない状態だ。そこで、離れた場所にあったiPhoneに向かってSiriに緊急通報するよう呼びかけたのだ。

 その呼びかけがSiriに伝わり、警察が救助に駆け付けることができたという。『ktvz.com』などが伝えている。

―あわせて読みたい―

紛らわしくてしゃーないわ。iPhoneの着信音を完全に真似るインコとシリに話しかけるインコ
Amazonのアレクサがお手柄。加害者が口にした「警察を呼んだのか!」を受けて警察に通報。被害者が保護される
AI音声アシスタントで一番賢いのはどれ?GoogleとSiri、Alexaを比較してみた結果、一番賢いのはダントツで...
自転車で激しく転倒した男性を救ったのはApple Watch!衝撃を感知して緊急通報、無事救出される(アメリカ)
「雪は降らないから」天気予報のテレビ生放送中にSiriが暴走、気象予報士を否定するハプニング発生(イギリス)

カニ漁の男性、脚を滑らせ潮流に飲まれる

 6月24日の早朝、コネチカット州ギルフォード海岸線沿いでカニ漁をしていた男性(身元は公表されていない)が、脚を滑らせ海の中に落ちてしまった。

 水の流れは速く、男性は強力な勢いにより水門パイプの穴に吸い込まれる危険に晒された。

 同行していた男性の妻は、それ以上流されてしまわないよう夫の腕を掴んだ。もはや移動することはできない。そこで妻は機転を利かせ、離れた場所に置いてあったiPhoneSiriに助けを求めるために叫んだ。

Siri、緊急通報して!

 妻の声を認識したSiriは、すぐに911へ通報。オペレーターが現在位置を確認し、警察官を現場へ派遣した。

 2名の警官が救助に現れた時には、妻は必死で男性の体を水上から引き揚げようとしていたという。

Siriへの迅速な緊急通報要請が男性を救う

 結局、2人の警察官がロープでしっかりと男性の体を固定し、安全な場所へ引き上げたことで、男性は無事救助された。

man _e

image credit:Guilford Police Department

 幸いなことに、男性は無傷だった。

 結局、2人の警察官がロープでしっかりと男性の体を固定し、安全な場所へ引き上げたことで、男性は無事救助された。

man2_e

image credit:Guilford Police Department

 州当局は、この1件について次のように述べている。

奥さんが、男性の腕をつかみ続けていたこと、Siriで緊急通報を要請するというという的確で迅速な対応が危機を救いました。

これらの行為がなければ、男性は命を落としていたかもしれません


 州当局によると、州内の至る所にある海岸線と入り江地域に沿って、多くの同様の水門が設置されてあり、潮の満ち引きの際には潮流が速くなると警告している。

水門パイプ周辺エリアには、立ち入り禁止の看板はありませんが、万が一落ちると海流に流されこの水門パイプにより危険な目に遭うことは必至です。

泳ぐのが危険である以外にも、釣りやカニ漁、潮干狩りなど水上活動を避けるべきです。


 ちなみに、今回男性が救助された現場では、過去2年間で3件の同様の事故が発生しているということだ。


written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52292210.html
 

こちらもオススメ!

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

日本のアンドロイドロボット「エリカ」がハリウッド映画の主役に抜擢
円盤型UFOみたい!未来の宇宙旅行は気球に設置した宇宙船がスタンダートになるかも!
右利き、左利きを決めるのは何か? その秘密は脳ではなく、脊椎にあった(ドイツ研究)
マリオはこんな顔だった!?モザイクを取り去り、リアルな顔を生成するAI技術が登場(米研究)
遺伝子組み換え蚊、7億5千万匹の放出にゴーサイン(アメリカ・フロリダ州)

―知るの紹介記事―

仕事が少なすぎて辛い。「退屈症候群」になった男性、雇用主を訴え続け4年後勝訴(フランス)
日本のアンドロイドロボット「エリカ」がハリウッド映画の主役に抜擢
鳥取県のソウルフード。タバスコと鶏ひき肉が決めての「スタミナ納豆」のレシピ 【ネトメシ】
1万2800年前、彗星の爆発で滅亡した古代の村。それは農業の始まりとも関係がある可能性(シリア)
空が裂けた!全長700キロの巨大雷「メガフラッシュ」が世界最長記録を更新
釣り人が海に転落!iPhoneのSiriが命を救う(アメリカ)


(出典 news.nicovideo.jp)

Siri(シリ)は、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS、HomePod向けのAIアシスタント。自然言語処理を用いて、質問に答える、推薦、Webサービスの利用などを行う。「Siri」とは、Speech Interpretation and Recognition
16キロバイト (1,572 語) - 2020年5月26日 (火) 12:18



(出典 lazylife555.xsrv.jp)



<このニュースへのネットの反応>

「Siriが命を救う」の所だけ見るといい話っぽいが記事読んだら元はといえば危険な場所でカニ捕ろうとしてただけだった


そもそもこの手の吸水口には吸い込み防止の柵とか付けるもんじゃないの?日本は海の吸水口には高さ数mの柵で囲われてるし、プールとかじゃ吸い込み死亡事故起きたせいでボルトで固定する網の設置が義務になってるんだけど。


命を救うことが出来る。そう、iPhoneならね。


原因を棚上げして無理やり美談や有用性を仕立て上げようとする。チョンシナハン辺りからいくら貰ったのかな?


でき者「ボボボボボボッ!ボゥホゥ!」 siri「すみません、聞き取れませんでした」


「OKGoogle!緊急通報して!」 同じことやってるのに呼びかけ方のせいでシュールになるグーグルアシスタントちゃん


乗るしかないこのビッグウェーブに


スマホの力を過信したn……さすが異世界でも大活躍()してるスマホはやっぱ頼りになるなぁ


音声認識のシステムを有効活用出来てる点は素晴らしい。だが突っ込まずにはいられない「もっと根本的な所に問題あるだろう」と。


岸辺露伴とトニオがアワビ密漁する話思い出した


瀬戸内海で、フェリーから転落して防水ガラケーからホワン長に電話して助かったって話もあったので、何かしら連絡手段があったほうがいいね 一人でいるときは


カニ漁自体が危険らしいし仕方ないね


救命胴衣付けないとか蛮族か?