ニューファンドランドはセラピー犬


 様々な病気と闘う人の精神的支えとなる存在のセラピー犬。プロとしての資格を持っていなくても、傍に寄り添ってくれるだけで心が癒され、励まされ、前向きに生きる希望を与えられるという人は多い。

 アメリカペンシルベニア州に、人の心の支えになれる犬を飼育する女性がいる。9匹のニューファンドランドを飼っているその女性は、母親の病をきっかけに、犬によって病気の人の心を癒す支援を行う非営利団体を運営するようになった。

 「生前、母が犬に救われたように、今度は9匹の犬と一緒に多くの人を救う手助けをしたい」と女性は話している。

―あわせて読みたい―

犬と触れ合うことで、病気の子どもたちに笑顔を。ロシアの養護学校のカリキュラム「ドッグセラピー」
銃乱射事件のあったフロリダの高校で、卒業アルバムに14匹のセラピー犬のページが作られる(アメリカ)
犬のまっすぐな忠誠心に感涙。セラピードッグのトレーニング風景
葬儀場で遺族の悲しみを癒すセラピー犬が大活躍(アメリカ)
大きくなっても甘えん坊。自分はまだ子犬だと思っている大型犬だが、飼い主の心の支えとなっている(イギリス)

母親の病気発覚後、7匹の犬を飼い始める

 ペンシルベニアグレンミルズに住むマッケンジー・マカッチさん(28歳)は、『The Newf Crew』という非営利団体の創設者であり運営者で、自身の犬9匹をセラピー犬として使い、入院中の患者を訪問することを目的としている。



 そのきっかけとなったのは、マッケンジーさんの母ディアドレさんだった。

 ディアドレさんは2016年ステージ4の大腸がんと診断された。その後、闘病生活を続ける中で、マッケンジーさんは7匹のニューファンドランドの子犬を家族に迎え入れた。



 7匹は、ディアドレさんの闘病生活を支える大きな存在になった。

 ディアドレさんは元気な時、入院中の患者をセラピー犬と一緒に訪問する非営利団体を運営したいという思いを常々抱いていたという。

 そんな母親の気持ちを知っていたマッケンジーさんは、闘病中のディアドレさんと一緒に『The Newf Crew』を設立し、インスタグラムで7匹の犬たちがどんなふうにディアドレさんを日々支えているか、その様子を伝え続けた。



 犬たちにとって、ディアドレさんはまさに最初の患者だった。フワフワの毛をした7匹の子犬には、どんな戦略も必要ない。ディアドレさんにとっては、辛い時期に子犬たちがただそこにいてくれるだけで、大きな癒しとなったようだ。

SNSを通して2人の活動と犬の役割をシェア


 マッケンジーさんとディアドレさんはその後更に2匹のニューファンドランドを引き取り、全部で9匹の大型犬が家族になった。

 2人の活動や犬の役割をシェアしたインスタグラムは大反響を呼び、多くのユーザーらからディアドレさんへの励ましの声も寄せられた。

 しかし、ディアドレさんはがんに勝つことができず、旅立ってしまった。

 悲しみを抱きながらも、マッケンジーさんは母と一緒に果たせなかった夢を自分が叶えようと、団体を運営し続けていくことを決心した。



母にとっては、犬たちだけでなく、SNSを通して得た多くの人たちからの励ましのメッセージもとても大きな意味あるものだったと思います。

私にとっても、母を喪い悲しみに暮れましたが、犬たちがいてくれたおかげで支えられました。犬がいなければ、きっと母の死を悲しんで、ずっと寝込んでいたことでしょう。



9匹のうち3匹はプロのセラピー犬として訓練中


 インスタグラムFacebookを介してマッケンジーさんの活動は広く知られるようになり、Redditではミームにもなった。

 これについては、「私の犬について、みんなが興味を持ってくれるのは嬉しいことです」と笑い流している。

 母親や自分が犬に支えられたように、今度は誰かが犬によって支えられ癒されてほしいと話すマッケンジーさん。現在、9匹の犬のうち3匹は、プロのセラピー犬として訓練中だそうだ。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52290776.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

猫の大包囲網。散歩中の犬に武力行使、集団で排除(アメリカ)
愛犬といっしょだと安眠できる?飼い主さんと一緒に眠る3匹のパグの可愛いこと!
7年ぶりに発見された羊、毛量大幅アップで巨大化していた(オーストラリア)
驚異のキャッチ率。ゴールキーパーとして高い能力を発揮する猫(イタリア)
ホッキョクギツネはカメラに興味津々。カメラを無邪気に噛みつくキツネの子

―知るの紹介記事―

中世の弓矢の殺傷力はえげつなかった。銃弾と同等の威力があった可能性(英研究)
シリアルキラーの心の闇に迫る、 伝説のFBI特別捜査官が使った10のプロファイリング・テクニック
1500人に1人。この世には、自分の意思で鳥肌を立てられる人がいる
7年ぶりに発見された羊、毛量大幅アップで巨大化していた(オーストラリア)
古代の岩石から20億年前の地球は酸素が豊富だったことが判明。真核生物の進化に影響(カナダ・エストニア共同研究)
病気との闘いを支えてくれるセラピー犬。9匹のニューファンドランドを育てる女性(アメリカ)


(出典 news.nicovideo.jp)

の世界一流プレーヤーとして国際的に活躍。 現在はヨネックス所属のアドバイザー及びプレーヤーとして活躍中。もうひとつの顔として介助セラピー犬のトレーナーとして関西介助協会に所属している。また、オフィスキイワード所属のタレントとしても活躍している。 講演の達人プロフィール オフィスキイワードによるプロフィール
2キロバイト (148 語) - 2020年1月18日 (土) 10:40



(出典 animal-t.or.jp)



<このニュースへのネットの反応>