今や『ONE PIECE』より売れているという『鬼滅の刃』。買い占めと転売が社会問題化していたほどですから、それはそれは相当な売れ行きと想像されます。「STAY HOME」の今となっては、夢中になって読みふけっている方も多いことでしょう。

 ところがそんな『鬼滅の刃』と同じくらい、おもしろいマンガが存在することをみなさんはご存じでしょうか。『ガラスの仮面』っていうんですけど。

続きが読みたいために書店が開く時間まで眠れずに待ってしまう……

 平凡な(と思われていた)少女・北島マヤが、往年の大女優・月影千草と出会い、演技に開眼。演劇界伝説の名作「紅天女」の主演の座を巡って、エリート女優・姫川亜弓と競い合う……というのがそのあらすじ

 なにしろ少女マンガ史上屈指の大傑作です。どれくらいおもしろいのかというと、マンガ評論家呉智英氏が文庫版12巻の解説に書いたように、「ある友人は、書店で数巻買いその夜読み始めたのはいいがたちまち読み終え、続きが読みたいために書店が開く時間まで眠れずに待っていた」くらいおもしろいのです。この気持ち、「鬼滅」を楽しみに読んでるみなさんにはご理解いただけるのではないでしょうか。

 では具体的になにがどうおもしろいのか。やや無茶ぶりながら、『鬼滅の刃』との共通点を足がかりに、みなさんにご紹介したいと思います。以下少々のネタバレがありますのでご注意ください。

その1)「吸血鬼」という要素がストーリーを面白くする!

 大正時代の日本を舞台としながら、「血によって人間が鬼化する」「日の光に当たることで消滅する」という設定を持つ『鬼滅の刃』は吸血鬼マンガであります。中野純・大井夏代「少女まんがは吸血鬼でできている」(方丈社)が、萩尾望都ポーの一族』や木原敏江『花伝ツァ』の分析を通して明らかにしたように、少女マンガのコアには吸血鬼マンガがあります。詳しくは本書をご覧いただくとして、その点において『鬼滅の刃』も少女マンガの流れを汲む作品であるとも言えます。

ガラスの仮面』にも吸血鬼要素が存在します。演劇をテーマとしたマンガですから、そこには多数の劇中劇が登場するのですが(実はこの劇中劇の多くは美内すずえ先生が個別にマンガにするため温めていたネタ。だからそれだけに単品でも抜群におもしろい!)、その中のひとつに「カーミラの肖像」という吸血鬼ものの作品があるのです。

 主演は乙部のりえ。卑劣な罠を仕掛けて北島マヤを芸能界から追放した「ガラかめ」史上最凶のヒールです。その悪行を知ったマヤのライバル姫川亜弓は、喜ぶどころが白目になって激怒し、「同じ演技者の風上にもおけない…!」と、マヤの敵を討つべく乙部のりえと同じ舞台に立つのでした。

バラを触っただけで枯らせてみせる亜弓さんがスゴい

 このエピソードが掲載された単行本16、17巻のおもしろさたるや尋常ではありません。とにかくひたすら亜弓さんがかっこいい。レッスン中からして「あなたのような方と共演できて光栄ですわ亜弓さん」とのこのこ近寄ってきた乙部のりえに対し、亜弓さんは「あなたの本当の実力と才能がどんなものか楽しみにしていましてよ」と威嚇。わけがわからず「なぜわたし姫川亜弓に敵意をもたれなきゃならないの…?」と混乱した乙部のりえは、本番直前に牛乳を6杯も飲み干します。

 本番では、レッスン中には抑えていた実力を遺憾なく発揮し、乙部のりえを圧倒する亜弓さん。いったいどういう特殊効果なのか、バラを触っただけで枯らせてみせるという芸当まで見せつけます。観客はもはや乙部のりえなど一顧だにしていません。舞台は亜弓さんのワンマンショーとなりました。

 終演後、亜弓さんとの実力差を思い知った乙部のりえはふと気がつきます。「北島マヤ…? 姫川亜弓の認める唯一のライバルですって…! 天才だったんだわあの子…! 敗北だわ北島マヤに…!」ひぃっ……ガクン……ガクガク……。このカタルシス! 忙しい方はこの16、17巻だけでも読んでほしい。そして読めば大半の方はマヤ派から亜弓派に寝返るのです。

その2)「家族を失った者の物語」だから主人公のモチベーションが半端ない

 吸血鬼を扱う以上、「血」は欠かせないアイテムとなります。そしてその「血」は血族、つまり家族のメタファーでもあります。だから両作品ともに「家族」は重要なキーワードとなっています。

鬼滅の刃』は家族が鬼に惨殺されるところから始まります。唯一生き残ったものの鬼になってしまった妹・禰󠄀豆子を人間に戻すべく、炭治郎は旅立ちますが、家族の無念と妹の命を預かっているだけに、炭治郎のモチベーションは半端ないのです。そういえば疑似家族を形成する鬼も登場しますよね。

 一方の『ガラスの仮面』も負けてはいません。早くに父を亡くし、母子家庭で育った北島マヤは、もはや失うものはなく、お芝居だけが心の拠り所ですから、どんな試練にも果敢に立ち向かいます。

 その勢いは単行本1巻からフルスロットルラーメン屋に住み込みで働くマヤは、「椿姫」の舞台のチケット欲しさに、大晦日の年越しそばの出前120軒分を1人でやり遂げます。(なぜラーメン屋なのに年越しそばを……)という素朴な疑問を読者に抱かせる間もなく、そのまま冬の海にダイブ! それを見ていたラーメン屋の娘に、「○○○○…」と、ここには書けない差別語をつぶやかせるのでした。

「発声練習をしていたらいきなり腹パン」“狂気のエチュード”たち 

 そして『ガラスの仮面』名物といえば正気の沙汰とは思えないエチュードの数々です。『鬼滅の刃』にも特訓のシーンはいくつかありますが、「ガラかめ」を知っている人には生ぬるく思えるほど。やっぱり「ガラかめ」はスポ根なんですよね。お芝居のシーンもおもしろいのですが、この物語の本質はやはりエチュードにあると思うのです。

 発声練習をしていたらいきなり腹パンされる程度なら序の口。人形の役をやるために体中の関節を竹で固定されたり(折れると刺さって痛い)、洗濯機のコンセントを抜いて感電したり(「ウォーター!」)、「ぎんぎんのロック…!」をかけながら四方八方からボールを投げつけられたり(人手が必要)、恋する女を演じるために端役のぼんくら男とつきあってみたり(亜弓さんの鬼畜ぶり)、精肉店の冷凍庫の中でおしくらまんじゅうしたり(月影先生の謎人脈)、狼少女になりきるべく1人山に籠もったり(普通に危ない)……デ・ニーロもびっくりのメソッド俳優ぶりが披露されます。

 もしかしたら現実の舞台俳優さんたちもこのようなレッスンを当然のようにこなしているのでは……と、若き日の私は心配したものですが、そんなことはありませんでしたのでとても安心しました。

 そしてその真骨頂が第12章「紅天女」。単行本の34巻から41巻に渡って、ほぼ全編がエチュードによって展開される、怒濤のパートです。途中、(主に速水さん絡みのシーンで)私はいったいなにを読んでいるのかな? と道を見失いそうになりますが、気をつけてください、これは『ガラスの仮面』です。

その3)展開がスピーディでゴールはもう見えている

 明らかクライマックスを迎えて、『鬼滅の刃』の最終回はいつかとネット上で話題になっています。「週刊少年ジャンプ」の連載作品で、これほどの人気があるというのに、さくっと終わることができたなら、それはマンガ史上に残る快挙となるでしょう。私くらいのアラフォー世代は、無駄に引き延ばされて残念なことになったジャンプ作品をたくさん知っていますから……。

 実は『ガラスの仮面』もクライマックスなのです。さらに言うならばもう30年以上クライマックスなのです。なぜクライマックスがそんなに長く続いているのかというと、美内先生が続きを描いてくれないからです。

 先述の第12章「紅天女」が始まった34巻が刊行されたのは、なんと1987年のこと。最終目的地である「紅天女」が章タイトルになっているくらいですから、当然クライマックスです。ですが2020年4月現在、『ガラスの仮面』は49巻にして未だ完結していません。美内先生によれば終わり方はもうとっくに決まっているそうです。1997年の「婦人公論」7月号のインタビューで、先生はこのようにおっしゃっていました。

「『ガラスの仮面』の結末は、もう十年ほど前から決まっているんです」

 推測するに第12章を描き始めたころには、もうラストまでの道のりは決めていたわけです。2017年に開催された「連載40周年記念『ガラスの仮面展』」の公式ビジュアルブックでもこのように語っていらっしゃいます。

「『エンディング』のシーンはずいぶん前から決まっていて、今でも変わっていません。大筋のあらすじも変わりません」

 だったら早く描いてくださいよぉぉぉお。なにしろもはや親子三世代で楽しんでいるファンもいるという長期連載。このままでは死ぬに死ねない高齢ファンの方も多いことでしょう。

 ところで2018年の年末に、私は美内先生のトークショーの司会をやらせていただきました。そのときに美内先生は「来年こそは続きを描きます!」と力強く宣言してくださったんですよね。来年、すなわち2019年です。そして気がつけば2020年になっていました。白泉社中の人はもっと頑張ってください(笑)

見事なコマ割と巧妙な「観客解説システム

 愚痴が長くなりました。連載期間は長いのですが、マンガの展開自体は実にスピーディです。その秘密は美内先生一流の見事なコマ割と、巧妙な「観客解説システム」にあります。

 美内作品はとにかくページの密度が濃く、コマ割がかっこいいのです。緩急の見事な使い分け、ここぞというときのスピード感と迫力、そしてトラウマなるほどの大ゴマ(「おらあトキだ!」ジャリジャリジャリ)……。月影先生の「緊張と緩和…それを生み出す役者は注目を集める…!」という言葉を地で行く美内作品なのです。

 そして「観客解説システム」。『ガラスの仮面』を読んでいると、このようなシーンを頻繁に見かけることでしょう。演技するマヤを見ながら「気づかんか これはジェーンの心が人間へと変化しつつあるのじゃ」などと演技のポイントを勝手に解説し始める観客たち。マヤの経歴だって誰かが勝手に解説してくれます。「なんせ全日本演劇大会で登場人物全員欠場の中1時間45分間一人舞台つとめて一般投票一位になったんじゃけん…」。こうした、実際にいたらちょっと迷惑な人々によって、物語はスムーズに流れて行くのです。

魔力を持った数少ないマンガガラスの仮面

 いったん手に取ればページをめくる指は止まらなくなります。『ガラスの仮面』はそういう魔力を持った数少ないマンガなのです。絵はまごうことなき昭和の少女マンガですが、そんなことはすぐに気にならなくなるでしょう。まだ読んでいない人が私は心底羨ましい。今からあの極上の読書体験を味わえるなんて……! 恐ろしい子……! 「こんなとき」だからこそ必要なのは、マヤが見せる極上のポジティブ思考と、そしてなによりも圧倒的な物語の力なのだと、私は思うのです。

(小田 真琴)

大人気少女漫画『ガラスの仮面』(単行本表紙より)


(出典 news.nicovideo.jp)

鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号より連載中。大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「」と呼ばれる敵やと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。略称は『鬼滅』。
296キロバイト (47,601 語) - 2020年5月11日 (月) 04:05



(出典 img.animatetimes.com)



<このニュースへのネットの反応>

何この無理やり鬼滅にこじつけて紹介する流れ…。


いや、そこはジョジョを薦めるべきだろ・・・


ガラスの仮面は名作だし、本当に面白いことは認める。だけどこの記事はこじつけが過ぎるし、「好き」が暴走して面白さがまるで伝わらない。


大傑作なら無理にこじつけて紹介しなくてもいいと思う


長ったらしくて読む気にならないので3行くらいでまとめてください


関連性がまったくない鬼滅とこじつける理由が分からない…


名作なのは否定せんけど、未完沼に他人を引き摺り込むのはやめーや


ガラカメはもう現役のくせに古典に入りつつあるという奇跡のような作品だから無理に現役最前線と比べる必要は皆無


後から読んでも面白い作品と後から読むとつまらない作品で比較するのはやめて差し上げろ


作者がなあ・・・後だんだん紅天女ダブルキャストでええやんなってくる