東映アニメーションは、ドラゴンクエスト ダイの大冒険(以下、『ダイの大冒険』)のアニメ―ションとゲーム化作品についての発表会を、5月27日(水)20時よりYouTube「Vジャンプチャンネル」にてライブ配信することを発表した。


 『ダイの大冒険』は、1989年より週刊少年ジャンプにて連載された原作・三条陸氏、作画・稲田浩司氏の漫画作品。1991年からはテレビアニメ―ションとしても放映され、現在ではAmazon Primeビデオなどの動画配信サービスで視聴することも可能だ。

 昨年12月には、約30年ぶりの完全新作アニメーションが特報映像とともに発表された。今回の発表会では、2020年秋に放映予定の新作アニメーションキャラクターの声を担当する声優キャストなどの情報が解禁される予定だ。

 また、並行して進んでいるゲームプロジェクトの関連情報も発表される。すでにiOSAndroid向けゲーム星のドラゴンクエストプロデューサーを務める市村龍太郎氏が新作ゲームでもプロデューサーを担当することが明らかになっているが、執筆時点でそれ以外の情報は不明。スクリーンショットや、プラットフォーム、発売時期なども謎のベールに包まれており、発表会での映像などによるお披露目が期待されている。

 昨今の『ダイの大冒険』の展開といえば、2018年発売の対戦格闘ゲームJump Forceで、主人公「ダイ」プレイアブルキャラクターとして出演をはたした。その後、新作アニメゲーム化、91年のアニメ作品がオンデマンド視聴可能になるなど、『ダイの大冒険』に関連する動きが加速している。

 ゲーム索引は、どのようなハードで展開されるのか、開発会社はどこなのか。色々と気になるところだが、5月27日(水)の発表会を待つことにしよう。なお、5月27日シリーズの第一作『ドラゴンクエスト』が発売された日であり、日本記念日協会からドラゴンクエストの日」に認定されている。このメモリアルデーに『ダイの大冒険』がどのように羽ばたくのか注目してみてほしい。

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman


(出典 news.nicovideo.jp)

DRAGON QUEST -ダイの大冒険- 『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(ドラゴンクエスト ダイのだいぼうけん)は、監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司による日本漫画、およびそれに基づいたアニメ作品。単行本累計発行部数は4700万部を突破している。 エニックス
89キロバイト (13,995 語) - 2020年5月8日 (金) 03:34



<このニュースへのネットの反応>

ファンとしては嬉しいけど、この状況下で本当にダイ丈夫なのか?


やったぜ。 ク〇アニメになってない事だけは望む。


ゲームか、まさかの魔界編だったら熱いんだけどな。 でも、新規層には売れないかな。


ぜひサイクロン先生に参加してもらいたい。


バーン「ハドラーよ、2020年秋のおすすめアニメはなんだ」ハドラー「はっ!2020年秋のおすすめアニメは…ダイの大冒険でございます!」


傘でアバンストラッシュを真似する子供が増えると思うと胸が熱くなるな


>>頭腐 敵の冒険譚をお勧めするのか…


確か監督だかディレクターだかがユアストーリーズの人なんだっけ?その時点でお察しだよなぁ。


なつかしアニメの焼き直しばかりやってて良いのかね・・・。まぁ、難しいが上手くやってほしい。三条陸さんが脚本書いてくれたら良さ気なのだが


尺の都合やらなんやらで、セリフ削除とかキャラクターのカットとか章エピソードのまるまるカット等がつきものだからなあ・・・


最近古いの引っ張ってきたのは殆ど裏切られたのでとても不安です


ゲームどんなジャンルになるんかな。ザ・ドラクエだったら普通に買うわ


反対意見の方が多そうだけどゲーム版はアバンの使徒としてオリキャラを自由に育成できるようなゲームがやってみたい。


なんか近年の名作アニメリメイクって大体クソアニメ量産してるからちょっと不安があるが・・・実際放映されたら見たくなっちゃうビクンビクン


覇穹フラグじゃない事を祈ってるけどユアストーリーの人かぁ… コンピューターウイルスと化したバーン様が大人になれよとか説教してくるんじゃなかろうな


封神演義の二の舞だけは勘弁してくれマジで


何クールやるのか次第な気はするんだよなあ。十分な期間取ってるなら余計な事せずそのまま映像化すれば間違いないんだが、逆だと必要な描写が省略されたりして一気に駄作になる可能性が高まる。


まともに作ってくれれば良作になるのは間違いないんだが、不安は尽きないな・・・


前作が最高のお手本なんだから、変に前作を超えようとしたり、オリジナリティを出そうとせずに普通に作ってくれよ


こりゃぁ傘屋、バカ売れやで。