赤ちゃんワンコの組み合わせほど、可愛いコンビはありませんね。



今回ご紹介する動画は、人間の赤ちゃんと初めて対面したブルドッグが見せた、包み込むような優しさでした!



信じられないほどの優しさ



そうコメントをしたのは、動画を撮影した飼い主さん。愛犬のブルドッグのロキシー(8歳)が、友人の赤ちゃんに初めて会った時のシーンを公開しています。ロキシー赤ちゃんに興味を示しつつ、信じられないほどの優しさを見せたそうです。



赤ちゃんをのぞきこむロキシー赤ちゃんも笑顔で楽しそうです。するとロキシー赤ちゃんを喜ばせようとしたのか…



出典:YouTube



前脚を上げてソファをパンッ!と軽くたたきます。これには赤ちゃんも「何だ?何だ?」と言わんばかりの表情で喜びます。



出典:YouTube



その後もロキシーは、前脚をクイックイッと手招きするように動かします。すると、赤ちゃんも見よう見まねで手をクイッと動かします。初対面で早速、意気投合していますね!



出典:YouTube



その後、ロキシー赤ちゃんにさらに接近し、顔を近づけて触れあおうとします。初めて見た小さな赤ちゃんに対して、一挙手一投足が優しさにあふれています。



雪の中を転がるのが大好き



ロキシーが住んでいる家は米ニューヨークバッファロー。普段はお腹をこすったり、クッキーを食べたりすることが好きなんだそうです。



また、何よりも雪の中を転がりまわって遊ぶことが大好きだというロキシー赤ちゃんが大きくなったら、一緒に雪の中で遊んでくれるかもしれませんね!微笑ましいロキシー赤ちゃんの様子は、ぜひ動画でもご覧ください。

動画はこちら



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

出典:YouTube(English Bulldog and Baby Share Sweet First Meeting)


(出典 news.nicovideo.jp)

ブルドッグ(Bulldog)は、18世紀ごろの英国で雄牛(ブル)と犬を戦わせる牛いじめ(bullbaiting)という見世物が流行し、牛に対抗できる犬として開発された犬の品種の一つ。 1835年にイギリスで動物虐待法(Cruelty to Animals Act)が成立し、牛いじめを含めたブラッド
7キロバイト (785 語) - 2020年1月14日 (火) 10:07



(出典 public.potaufeu.asahi.com)



<このニュースへのネットの反応>