33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。




    人間社会には理不尽だと感じる瞬間が多々ありますが、動物の世界でもどうやらそれは同じようです。



    気持ちよく寝ていたシベリアンハスキーユキちゃんの身に起きた理不尽な出来事を、飼い主のかもしか(@b09a2032c)さんが紹介しています。



    理不尽すぎて同情(笑)



    ゴロンと横になって眠るユキちゃん





    すると、そんなユキちゃんの側を通るニャンコの姿が。





    ユキちゃんの足を踏まないよう気を付け、そーっとそーっと歩いていきます。



    そして、寝ているユキちゃんの顔を覗き込むニャンコ





    まるで大好きな友達を愛おしそうに眺めているようです。



    あぁ、友情って最高だ!なんて思いかけたその時・・・





    ニャンコが突然ユキちゃん猫パンチを連打でお見舞いします。



    その衝撃でビックリ飛び起きたユキちゃんはこの表情。





    えっ‥寝ていただけやのに





    理不尽すぎる攻撃にしばらくポカーンとすると、また眠りについたユキちゃんでした。



    ▼ 動画はこちら



    最初はユキちゃんを起こさないようにそーっと歩く優しさを見せていたニャンコ



    しかし、「いや、待てよ。ニャンでこんな邪魔なとこで寝てるんニャ!」と、急に気が変わったかのような豹変ぶりからの、理不尽極まりない猫パンチお見舞い。これはユキちゃんに同情しちゃいますね(笑)



    とはいえ、普段は一緒にニャンコおやつを食べるなど仲良しだという2匹。





    ペロペロと美味しそうに舐めるユキちゃんおやつシェアって仲良しだな〜♪





    が、そんなユキちゃんニャンコが・・・





    おい、食べすぎニャ!!!」と、一喝。



    その後何度もニャンコに怒られちゃうユキちゃんでした(笑)



    喧嘩するほど仲が良いって言いますし、ニャンコの当たりの強さもきっと友情の証でしょう・・・ね!



     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    出典:Twitter(@b09a2032c)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    シベリアンハスキーは、犬種の一つ。ロシアのシベリア地方を主産地とする。外観からアラスカン・マラミュートと混同されるが、多くの面で異なる特徴を有する。 シベリアからカナダ北極圏にかけてのツンドラ地帯を原産地とする、社会性に富んだ性格の大型犬種。進化系統上の祖先はスピッツのそれと同系とされている。
    17キロバイト (2,652 語) - 2020年2月14日 (金) 01:40



    (出典 cdn.mofmo.jp)



    <このニュースへのネットの反応>




     「家に帰ると猫が揺れていました」―― 振動マシンマッサージ機代わりに使う、賢い猫ちゃんが目撃されました。投稿者は毎日ふくふく(@fukufuku_illust)さん。

    【画像:マッサージされる猫】

     飼い主さんが帰宅して見たのは、寝転がりながらユラユラと揺れている白黒猫のふくちゃんの姿。なんとふくちゃん、ブルブルと揺れる振動マシンの上に寝転がり、マッサージ機代わりにその揺れを満喫していたんです。ゴロゴロ、ユラユラが気持ちよさそう~!

     飼い主さんの投稿によると、ふくちゃんが自らの肉球で振動マシンスイッチを押したところを、お子さんが目撃したんだとか。「こいつ、動かしたらユラユラして気持ちいいニャ~」なんて思っているんでしょうか。すっかりマシンを使いこなすふくちゃん、賢いぞ!

     タオルを敷かれた振動マシンの上に乗り、下半身をユラユラと重点的にマッサージ(?)されているふくちゃん。時折、気持ちよさそうにググーッと伸びる姿も見せています。カメラが近づいても悪びれることなく、ドヤ顔にも見える満足そうなお顔がなんともシュール。「飼い主、なに? あたしどかニャイよ~」なんて言っているのかな。

     元保護猫だったところを引き取られたふくちゃんは、子猫時代はぶちゃかわなところが魅力だったとのこと。今ではすっかり、かわいくて賢い美猫ちゃんに成長しました。

     毎日ふくふくさんのTwitterアカウントには、お気に入りの箱にちょこんとおさまるふくちゃんや、お絵かきを果敢に邪魔する姿など、ちょっとおてんばなふくちゃんも投稿されています。ムシャムシャ豪快に白菜を食べるふくちゃんには、ちょっとびっくり! 多彩な表情のどれもがかわいいですね

    画像提供:毎日ふくふく(@fukufuku_illust)さん

    最高にゃー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ - 顔面が鼻筋を境にした八の字形の2色になっている
    120キロバイト (16,730 語) - 2020年3月3日 (火) 14:46



    (出典 www.min-petlife.com)



    <このニュースへのネットの反応>




    doorbell3_640

     この三連休、行楽地は意外にもけっこう混雑していたようだ。ここを見てくれているお友だちの中にも、「遊びに行ったよ!」っていう人もいるかもしれないね。

     もしかすると久しぶりにはじけちゃって、朝帰りして怒られたなんてこともあったりして。アメリカでもこんな朝帰りの光景が繰り広げられていたみたいだよ。



    Doorbell Catches Attempted Break In by Cat Burglar || ViralHog

     この動画は、カリフォルニア州ダウニーにある一軒のお宅の玄関先で撮影されたものだという。ここのおうちで飼っているパリピ猫が、朝帰りをしてきた時の様子がカメラにとらえられていたんだよ。

     昨夜パーティーに出かけたらしいこのにゃんこ、朝の6時に帰ってきたのはいいけれど、家人はまだ寝静まっていて中に入れてもらえない。

    doorbell1_640

     しかたなく窓によじ登って、なんとか飼い主に気づいてもらおうとするのだが……。
    doorbell2_640

     どうやら失敗したみたい。あきらめたのか窓から下りて、そのまま姿を消してしまった。
    doorbell4_640

     この猫がその後ちゃんと中に入れてもらえたのか、おうちの人に気づいてもらえたのは何時だったのかは定かではないが、朝帰りをすると閉め出されることもあるというリスクは学習しておいた方がいいだろう。

     みんなも帰りが遅くなる時には、ちゃんと報連相と鍵を忘れないようにしようね!

    written by ruichan

    ※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52289196.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    「みんな元気をだして!」2足立ちで万歳ポーズ!愛と喜びをみんなに広めることを使命とするセラピー犬(アメリカ)
    縦に伸びる猫の第二形態。大型猫、サイベリアンの二足立ちスタイルがかっこいい
    これならコロナウイルスも怖くない?ドローンに犬の散歩をさせる人が現れた模様
    「ベネチアの運河にイルカが泳いでいた」はフェイクだった。多くの人がこのニュースを信じてしまった理由とは
    10年前に聴力を失った元女性兵士、補聴器の力を借りて初めて聞いた愛猫のゴロゴロ音にむせび泣く

    ―動画の紹介記事―

    エリア51だけじゃない。UFOとの関連が噂される10の軍事基地(アメリカ)
    これがガチの催涙弾?店主が武装強盗に唐辛子を大量に投げつけるという防御策に出た(イギリス)
    縦に伸びる猫の第二形態。大型猫、サイベリアンの二足立ちスタイルがかっこいい
    外出制限中?ならば自宅からUFOやUMAを探そう!超常現象に遭遇できるかもしれない6種のライブカメラ映像
    これならコロナウイルスも怖くない?ドローンに犬の散歩をさせる人が現れた模様
    飼い猫の朝帰りをスクープ!「入れてほしいニャ!」とねだる猫を玄関の監視カメラがとらえていた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ - 顔面が鼻筋を境にした八の字形の2色になっている
    120キロバイト (16,730 語) - 2020年3月3日 (火) 14:46



    (出典 www.anicom-sompo.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>




     グイーンと前足を伸ばして柴犬さんにタッチする猫ちゃんの様子が、Ameba公式トップブロガー・ぴろこさんのブログ「柴犬ひかりといちごと猫ミルキーときらら」で紹介されています。

    【画像】ワンちゃんにタッチする猫

     「きらら」ちゃんは5月に1歳になる猫ちゃん。部屋の中でゴロンとしている所に柴犬の「いちご」ちゃんが通りかかりました。いちごちゃんが近くに来てうれしくなったきららちゃん。前足をグイーンと伸ばし、いちごちゃんにタッチします。

     ウオーキング中のいちごちゃんは次の場所を目指してターン。伸ばしたままのきららちゃんの前足がかわいいです。しばらくするとテレビの前で眠り始めた2匹。きららちゃんが前足を伸ばし、いちごちゃんのオメメをこじ開けようとしています。寝ているいちごちゃんにもアピールしたいきららちゃん。眠っているときはやめてあげてね。

     そんな2匹を眺めながら眠ってしまった飼い主さん。目覚めてみたら、きららちゃんが足の間に入り込んでいました。流し目アピールキュートなきららちゃん。なんだか小悪魔ちゃんみたいです。

     別の日に、庭の手入れをしている飼い主さんを見つけたきららちゃん。窓際に陣取って見守ってくれます。カメラの方を振り向いた顔は「何をしてるのかニャ?」って聞いているみたい。人間のすることが不思議なのかな。

     種類も年齢も違うけれど、いちごちゃんときららちゃんはとっても仲良しシンクロした寝相を披露したり、カメラに向かってアピールしたりと、愛らしい姿を見せてくれます。

    おやつをおねだりする2匹


    (出典 news.nicovideo.jp)

    (カテゴリ の品種)
    は屋外で飼うもの認識されていた)犬と猫の中間の獣の意味から作られたようである。開国後に各種の洋が入ってくるまでは、姿・形に関係なくいわゆる小型のことを狆呼んでいた。庶民には「ちんころ」など呼ばれていた。 祖先は、中国から朝鮮を経て日本に渡った、チベットの小型犬と
    14キロバイト (1,883 語) - 2019年8月18日 (日) 21:18



    (出典 image.peco-japan.com)



    <このニュースへのネットの反応>




    ローズ@642280H)さんと暮らしている、柴犬の朔ちゃん。

    遠方に住む、ローズさんの娘さんが実家に一時帰省した際は、とても嬉しそうに遊んでいたといいます。

    滞在期間が終わり、住んでいる土地へ帰ることになった娘さん。空港行きのバスに乗った娘さんを、ローズさんは笑顔で見送りました。

    笑って別れる母娘の様子を見ていた朔ちゃんは…。

    『別れ』という言葉を知らずとも、朔ちゃんには何となく理解できたのでしょう。もうしばらくは大好きな娘さんと会えない…ということを。

    遠ざかっていくバスを追いかけた後、一か所にとどまり続ける朔ちゃんの姿からは、娘さんを慕う深い愛情が伝わってきます。

    朔ちゃんの姿に心を揺さぶられたローズさんの目からは、抑えていた涙がこぼれ落ちました。

    ネットの声】

    ・切なくて涙腺が崩壊した…。

    ・ずっとその場を動かない朔ちゃんに心を動かされた。

    ・犬のこういう健気なところがたまらなく愛おしいんだよね。

    ・娘さんと朔ちゃんの強い絆を感じる。

    朔ちゃんは、久しぶりに娘さんと一緒に過ごせたことが嬉しくてたまらなかったのでしょう。

    また会える日まで、しばらく辛抱してね、朔ちゃん!


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @642280H


    (出典 news.nicovideo.jp)

    イヌ (小型からのリダイレクト)
    五十音順に並べる。 赤が狐追う 一影に吠ゆれば万声に吠ゆ 一虚に吠ゆれば万実を伝う 一犬吠形百犬吠聲 - 王符『潜夫論』賢難 一代に狸一匹 が西向きゃ尾は東 が星見る 腹(いぬっぱら) に肴の番 になっても大家の になるなら大所のになれ にも食わせず棚にも置かず に論語/に念仏猫に経
    101キロバイト (15,438 語) - 2020年3月22日 (日) 09:20



    (出典 cocoroinuneko.com)



    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ