33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。


    【プロ野球】新型コロナに3選手陽性判明受け、27日の午後から記者会見へ。


    阪神、午後から会見へ 藤浪ら新型コロナ3選手陽性判明受け
    藤浪晋太郎投手(25)など計3人が新型コロナウイルスに感染していることが判明した阪神が27日の午後から記者会見を行うことが決まった。 公表されていない選手の実名が発表される模様だ。
    (出典:野球(スポニチアネックス))



    (出典 i.ytimg.com)



    【【プロ野球】新型コロナに3選手陽性判明受け、27日の午後から記者会見へ。】の続きを読む


    reducinghole2_640

    「猫のカラダは実は液体」だというのは既に定説となっているが、では「頭さえ入ればどこでも通れる」という説はどうだろうか。

     リアル?それともフェイク? 保護猫プーシクくんが身をもって証明してくれたようなので、早速動画を見てみよう。

     



    Reducing Hole for the Cat. When will he stop?

     ダンボールにいろいろなサイズの穴を開けて、プーシクが通れるかどうか実験するよ。まずは20cm。楽勝だね。

    reducinghole1_640

     15cmも無問題。
    reducinghole3_640

     次に13cm。ちょっぴり引っかかったけど、するんと通ることができたよ。
    reducinghole4_640

     12cmにはちょっと苦労しちゃったかな。
    reducinghole5_640

     11cmは無理やり押通った感じ。
    reducinghole7_640

     さて最後は10cmチャレンジだけど、プーシクくん無事に潜り抜けることができたんだろうか。結果はぜひ動画で確認してみよう!

     この段ボールの穴潜り、あのホシコくんもチャレンジしているよ。こちらの記事もぜひ見てね。


    written by ruichan

    ※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52289255.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    ペットは絶対飼わん!と断言した父親・男性たちのビフォア・アフター
    地震で行方不明になっていた飼い猫と4年ぶりに再会(イタリア)
    鳥は地球温暖化に適応するために体の大きさを変化させている(オーストラリア研究)
    「今犬を叩いたらどうなるだろう?」猫は考えに考えた。でやっちまったら大どんでん返し
    撫でるのやめちゃイヤにゃ。モフをやめると鳴く甘えん坊子猫

    ―動画の紹介記事―

    「今犬を叩いたらどうなるだろう?」猫は考えに考えた。でやっちまったら大どんでん返し
    撫でるのやめちゃイヤにゃ。モフをやめると鳴く甘えん坊子猫
    イギリスのおばあさん、新型コロナウイルスによる身勝手な「買占め」騒動に物申す
    大きいだけでイエネコと一緒やん!お腹をモフモフされてご満悦の虎
    幽霊人形が出てきそう。ドールハウスをあえて廃墟化したアート作品
    猫は頭さえ入ればどこでも通れる?フェイクorリアル?あのプーシクくんが実験してみた結果


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ネコ (からのリダイレクト)
    - 全身の毛が黒色の。 白猫 - 全身の毛が白色の。 トラネコ(タビー) - トラのような縞模様がある。茶トラ、キジ、サバなど。 三毛 - 3色(一般的に白・茶色・黒)の。 錆び - 黒と茶色の2色の。 はちわれ - 顔面が鼻筋を境にした八の字形の2色になっている
    120キロバイト (16,730 語) - 2020年3月3日 (火) 14:46



    (出典 p.potaufeu.asahi.com)



    <このニュースへのネットの反応>




    5Gがスタート!気になるエリアや、速度はどのくらい変わるのか。


    いよいよ幕開け!通信速度は従来の約100倍…“5G時代”で何が変わる? いよいよ幕開け!通信速度は従来の約100倍…“5G時代”で何が変わる?
    …次世代通信規格「5G」がスタート次世代通信規格「5G」時代が本格的に幕開け。NTTドコモは3月25日、国内で初めて5Gの商用サービスを開始した。5Gは通信で生…
    (出典:IT総合(FNN.jpプライムオンライン))


    第5世代移動通信システム (5Gからのリダイレクト)
    Generation、5G)は、1G、2G、3G、4Gに続く無線通信システムである。 5Gのエアインターフェースは、6 GHz以下の周波数帯を使ってLTE/LTE-Advancedと互換性を維持しつつ、6 GHzを超えたセンチ波(マイクロ波)により近い28 GHz帯帯域も使った、新しい無線通信方式を導入する。5Gのエアインターフェースは5G
    23キロバイト (3,077 語) - 2020年3月22日 (日) 18:18



    (出典 ascii.jp)



    【5Gがスタート!気になるエリアや、速度はどのくらい変わるのか。】の続きを読む


     猫パンチを繰り出す猫ちゃんと、それを必死にかわしながらもうれしそうにしているワンちゃんかわいい攻防戦。パンチを浴びせ続けた猫ちゃんは、最後になぜかワンちゃんの毛づくろいをしてあげるツンデレぶりまで見せてくれます。

    【画像】ゆるい攻防戦

     アメリカに住む飼い主さん(@mr.koda.bear)の元で、すくすくと育つ女の子の猫ちゃん「Lyla」とジャーマン・シェパード・ドッグ男の子「Koda」は、とっても仲良し。ある雨の日のこと、KodaとLylaは部屋で大人しくすることに……とはいかなかったようです。

     一緒に寝そべっているうちにLylaはKodaに猫パンチを連打。ところがKodaは、顔にパンチを受けたまま、やんわりと前脚で抵抗し、しまいにはLylaのもふもふしたお腹に顔をうずめパンチをかわします。するとLylaはKodaの耳をなめて毛づくろいをし始めました

     Kodaは身体はLyraより大きいものの、5カ月早く生まれたお姉ちゃんのLyraにはかなわないようです。Instagram(@mr.koda.bear)には、他にも2匹のあいらしい仲良しぶりを見ることができます。

    画像提供:Koda Bear | German Shepherdさん

    猫パンチを繰り出します


    (出典 news.nicovideo.jp)

    8%の世帯が、何かしらのペットを飼っている、という調査結果がある。同じく現代の日本(2003年〈平成15年〉7月時点)における飼育ペットの割合は62%、29%、魚類11%、鳥類7%(複数回答)となっており。鳥類(1981年〈昭和56年〉時点で35%)の減少傾向が目立っている。
    45キロバイト (6,410 語) - 2020年2月27日 (木) 12:30



    (出典 amassing2.sakura.ne.jp)



    <このニュースへのネットの反応>




    新型コロナウイルス感染予防のため自宅待機を余儀なくされる人々が、普段と異なる生活にストレスを感じていることは想像に難くない。しかし悪いことばかりではない。ペットにとっては普段仕事などで家を空けている飼い主と一緒に過ごす時間が増えることになり、嬉しい事態でもあるようだ。イギリスで飼われている犬もまた、新型コロナウイルスの影響で家族が自宅待機するなか、幸せな時間を過ごすことができたようだ。ところがあまりの嬉しさから、ちょっとしたトラブルが起きてしまった。『Metro』『UNILAD』などが伝えている。

    エセックス州在住のエマ・スミスさん(Emma smith、21)が今月20日、飼っている7歳で雄のダックスフントの“ロロ(Rolo)”についてツイッターに投稿したところ、その内容が注目を集めた。エマさんは「自宅待機のため家族と一緒にいられて、うちの犬は嬉しかったみたい。だけどこの子が尻尾を振らなくなったので獣医に診せたら、『(嬉しくて)尻尾を振りすぎたため捻挫しています』って言われちゃった」と綴っている。

    どうやらロロは家族が自宅待機していることが嬉しかったようだ。普通の会社員であれば一日のうち8時間以上も家を空けるため、犬にとっては飼い主が不在の間は寂しく感じることもあろう。そしてロロは突然、家族がいつも自分のそばに一緒にいてくれることで嬉しさのあまり尾を振りすぎて捻挫してしまったとのことだ。

    エマさんの投稿には107万件以上の「いいね」が集まり、3千件近くものコメントが寄せられた。

    「うちの犬も私達が家族旅行から帰って来た時、同じような状態になったわ。」
    「僕の犬も毎朝喜んで尻尾を振って、ある時家具にぶつけちゃって大怪我をしちゃったよ。」
    「うちの犬も初めてペットホテルに行って、他の犬とはしゃぎすぎたせいで、尻尾を捻挫したことがあるよ。」

    意外にもロロと同じように嬉しさや興奮のあまり、尾の振りすぎで捻挫や怪我をした犬がいたようだ。また心配されたロロの尻尾だが、獣医によって抗炎症薬を注射してもらった後、1週間分の鎮痛剤を処方され毎日服用させているとのことだ。幸いにも診察を受けた2日後には、ロロの尾は上にあげることはまだできないが左右に振ることは可能になった。エマさんはそんなロロについて次のように語った。

    「ロロは離れていると不安を感じるのか、いつも誰かと一緒にいたいようなのです。そして注目されることが好きで、持っているスマートフォンを蹴散らしてお腹のマッサージをせがむんですよ。仕事から帰って来たときなんか、30分以上も興奮して走り回るんです。自宅待機の今は一緒に散歩に出かけて、仕事中もNetflixを見ている時もそばにいて寄り添っています。」

    エマさんのように在宅で仕事をするようになった人が多い今、アメリカでも在宅勤務になった男性が仕事をするためコンピュータのキーボードに手を伸ばすと、その手を止めようとするとさらに甘えん坊の犬が話題になっている。

    画像は『Emma smith 2020年3月21日Twitter「His name is Rolo and he is a Dachshund (sausage dog)」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ダックスフント(独: Dachshund)は、ドイツ原産の犬種。ジャパンケネルクラブ(JKC)の登録名は英語読みによるダックスフンドだが、ドイツ語では文節末尾の d は濁らないため「フント」。 ドイツ語のアナグマを表すダックス(Dachs)と、犬を表すフント
    13キロバイト (1,625 語) - 2020年1月14日 (火) 05:52



    (出典 www.petstation.jp)



    <このニュースへのネットの反応>



    このページのトップヘ