33ブログnine

主に最新トレンド・音楽・ガジェット・生活・おすすめYouTuberの配信をしています。


     いま、電車のホーム下にワイヤレスイヤホンが落下する事例が多発。コンパクトなだけに、砂利の間に落下したイヤホンの回収作業にあたる駅員たちは四苦八苦。あの手この手で回収作業に当たっている。その一方、落下を防止する起死回生案として発売されたある製品の売れ行きも好調だというが、その製品については「本末転倒だ」と疑問の声も上がっている。

    【映像】イヤホン落下が急増で駅員悲鳴

     ホーム下の線路に敷き詰められた砂利の間に落下したワイヤレスイヤホンを拾うのは至難の業で、各地の駅員にとって想像以上に困難かつ過酷な作業となっている。そこでJR東日本が家電メーカーと共同で掃除機タイプ、またJR十条駅の駅員が粘着タイプの回収器具を開発する事態に発展している。

     落下が急増するにあたって、ワイヤレスイヤホンを落とさないために、ワイヤレスイヤホンをつなぐコードが売れているというが、そのことについては「本末転倒では?」といった疑問の声も上がっている。

     このニュースを聞いたお笑いタレントの千原ジュニアは「これ大変やわ」と駅員さんに同情する一方、いま売れているというイヤホン落下防止のコードについては「これ便利やん! 外れても落ちひんし…って、不思議な」とノリツッコミをしながら苦笑いを浮かべた。そのうえで千原ジュニアは「自動ドアのタッチしてくださいと変わらない」と話し、“ワイヤレスイヤホンをつなぐコード”の本末転倒ぶりを指摘した。(ABEMAABEMAニュースショー』)
    イヤホン落下が急増で駅員悲鳴… 起死回生案には疑問の声「自動ドアのタッチしてくださいと変わらない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    S10シリーズまで3.5mmイヤホンジャックがあり、対応したイヤホンを使用することができる。フラグシップシリーズのスマートフォン製品に付属する有線イヤホンは、Galaxy S8からAKGチューニングのものとなっている。その他、ワイヤレスイヤホンであるGalaxy BudsもAKGチューニングとなっている。
    217キロバイト (20,128 語) - 2020年11月7日 (土) 04:22



    (出典 www.soundhouse.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【電車のホーム下に、ワイヤレスイヤホンが落下する事例が多発! 駅員たちは四苦八苦!】の続きを読む


     最近ではもはや社会現象といえるほど大規模なブームとなっている『鬼滅の刃』。中には、まだ漫画や映画を見ていない人に対してバカにするような態度を取ったり、見ることをしつこく勧めるような情熱的なファンもいて、これらの行為には「キメハラ」と名が付けられ、話題を呼んでいる。「キメハラ」とされる内容の幅は広く、その他にも「『鬼滅の刃』が好きではない」と言えない雰囲気や、あらゆる商品のパッケージデザインに採用されていることに圧迫感を持つ人もいるようだ。

     その一方でどれだけ流行して、勧められても「漫画も映画も絶対に見ない」という人もいる。『鬼滅の刃』だけに限らず、このように世間で何か特定のものが流行している時、「自分は受け付けない」という姿勢を貫く人が一定数存在する。

     ​>>玉川氏『鬼滅の刃』に「ヒットすると見ない」、斎藤アナ「この映画で優しさを学んでほしい」発言で称賛の声<<​​​

     もちろん、そのコンテンツに対する好みの問題が関係している場合もあるが、ここでいう「流行を拒否する人」とは、コンテンツそのものが嫌いというわけではなく、あくまでも「はやっているものが嫌い」というタイプをさす。こうした人の心理には、一体どのようなメカニズムが働いているのだろうか。

     流行という現象のメカニズムを説明する代表的なものに、「イノベーター理論」というものがある。これは1962年にスタンフォード大学の社会学者エヴェリット・ロジャースによって提唱された理論で、流行の現象を構成している人々の、流行しているものに対する姿勢について5タイプに分類・定義されている。

     まず、全体の2.5%とされる「イノベーター(革新者)」のグループは、その他大勢の人がまだ取り入れていないような目新しいものに関心を示すタイプで、流行を作るパイオニア的存在である。
     「オピニオンリーダー」や「インフルエンサー」とも呼ばれる「アーリーアダプター(初期採用者)」は流行に敏感で、すすんで情報収集を行い、その情報を広める役割を持ち、全体の13.5%とされる。

     全体の34%を占める「アーリーマジョリティ(前期追随者)」は目新しいものを取り入れることにやや慎重なタイプだが、このグループが取り入れると流行が一気に広まる。

     アーリーマジョリティと同じ割合を占める「レイトマジョリティ(後期追随者)」は、目新しいものに対して懐疑的なタイプで、大多数が取り入れているところを確認してからやっと取り入れる、いわゆるはやり物好きのグループだ。

     そして、最も流行に対して慎重または無関心なのが、「ラガード(遅滞者)」というグループである。全体の16%ほどとされるラガードは、世間の動向に対して関心が低く、社会生活に定着するレベルにならなければ取り入れないタイプだ。このグループが取り入れればその流行は世間に浸透したということができる。ただし、ラガードの中には、徹底して流行を拒絶する者もいるという。

     流行がピークになるにつれ、取り入れる人たちが多くなり、その状況が、独自性の高いイノベーターが流行しているものに対する関心を低下させる。そして、独自性の強いイノベーターたちの新たなものへの関心によって、さらに新たな流行が作り出されるという循環のメカニズムがある。

     イノベーター理論の分類に基づいて考えると、流行を拒否する人は「イノベーター」か「ラガード」に当てはまるだろう。

     イノベータタイプの人なら、日頃から創造性や独創性にこそ価値があると感じ、大多数が同調しているものを敬遠する傾向があると考えられる。ラガードなら、商業戦術に食われたくない、あるいは同調圧力に屈したくないなど、負けず嫌いな心理的特徴を持っている人もいるだろう。いずれの場合にしても、同調性が低く主体性が高いタイプと言える。

     こうした独自性や主体性の高さから流行を拒否してしまうタイプの人は、同調性が高いタイプの人から見ると、うらやましく思えたり、場合によっては「気難しい人」「目立ちたがり」「付き合いづらい」などと捉えられることもある。

     しかし、それは相手に自分と同じ価値観を求めた時に生まれる捉え方であって、イノベーターやラガードにとっては、感覚的に生じる流行に対する嫌悪感を、どうすることもできないのだ。中には、「格好をつけたい」という理由で流行を拒否している場合もあるかもしれないが、多数派に流されないことに価値を置いているという時点ですでにイノベーターやラガードとしての要素があると言えるのではないだろうか。

     いずれのタイプにせよ、多様な価値観を尊重し、それぞれの個性を受け入れたいものだ。

    文:心理カウンセラー  吉田明日香

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。略称は「鬼滅」。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。シリーズ累計発行部数は単行本22巻発売時点で1億部を突破する。 大正時代を舞台に主人公がと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う
    377キロバイト (61,390 語) - 2020年11月9日 (月) 11:33



    (出典 www.ufotable.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【鬼滅の刃】 流行を拒否する人の心理的特徴!】の続きを読む


    【NHK】受信料、全世帯徴収見送りへ


    NO.9005260
    NHK受信料、全世帯徴収見送り 23年度までに引き下げ要請―総務省会議
    NHK受信料、全世帯徴収見送り 23年度までに引き下げ要請―総務省会議
    NHKの受信料制度改革をめぐり、総務省がテレビ設置の有無に関係なく全世帯・事業所から受信料を徴収する仕組みの導入を見送ることが7日、分かった。

    NHKがインターネットによる番組の同時配信を始めたことを受け、有識者会議で是非を検討してきたが、時期尚早と判断した。

    NHKが抱える剰余金を受信料負担の軽減につなげる方策は具体化させる。

    9日に開く有識者会議で確認する。

    全世帯から受信料を徴収する仕組みは、4月のネット同時配信サービス開始を受け、テレビではなく、パソコンやスマートフォンなどで番組を視聴できることを根拠に検討されてきた。

    しかし、総務省は現状で利用者が限られていることなどから、国民の理解が得られないとみている。

    衛星波と地上波の受信料を一本化する案や、徴収単位を世帯から個人に変更する案については引き続き議論する。

    一方、有識者会議はNHKが抱える剰余金を受信料負担の軽減につなげる方策は具体化させる。

    NHKが10月に提案した剰余金を契約者に還元する枠組みについて、次期中期経営計画期間(2021〜23年度)中の実施を前提に具体化を検討。

    剰余金は19年度末で1280億円に上っており、実質的な受信料引き下げを要請する。

    9日の会議では、NHKの未契約者に対するテレビの有無の届け出義務化についても継続して議論する。

    届け出がない場合、NHKは該当住所の居住者氏名について、公益企業などへの照会を可能とするよう要請。

    委員の間にはテレビがない場合の届け出や居住者情報の照会に消極的な意見が多い。



    【日時】2020年11月08日 09:24
    【ソース】時事通信
    【関連掲示板】


    【【NHK】受信料、全世帯徴収見送りへ】の続きを読む


    トラックの運転手が金持ちになる理由


    NO.9002638
    平均月給31万円だが「トラックの運転手」が金持ちになるワケ
    平均月給31万円だが「トラックの運転手」が金持ちになるワケ
    本記事では、トラックドライバーの給与額のモデルケースと、一般企業の会社員との給料システムの違いを見ていきます。

    ■手に入るのは「働き方の自由」と「経済的な自由」
    ここからは、ドライバーの収入について見てみましょう。

    まずはドライバーの給料の業界平均を見ると、企業規模や運転するトラックのサイズなどによって若干の差がありますが、平均額は月給31〜35万円くらいです。

    プラス、給料1カ月分くらいのボーナスがありますので、単純計算すると、年収で450万円くらいになります。

    一方、一般企業はどうなっているかというと、平均を見ると、男性が33万円、女性が24万円くらいとなっています。

    その点ではあまり大きな差はありません。

    ただ、会社によって差はありますが、運送会社のドライバーの給料には歩合給がつくケースが多く、働いた分だけ給料に反映されます。

    平均月収は一般企業と大きな違いはないが…? そのため、たくさん稼ぎたい人が、たくさん働くことによって、たくさん稼ぐことができ、一般的な会社員と比べて収入の伸びしろも大きくなっているのです。

    個人で事業をしている人や、フルコミッション(完全歩合制)で働いている営業の人たちなどを除けば、このような特徴を持った仕事は他にあまり見当たらないのではないでしょうか。

    自分らしく働くことは大事ですが、現実問題として、収入がなければ苦労します。

    理想と夢だけでは食べられません。

    家族も困ってしまうでしょう。

    その点から見ると、ドライバーの仕事は、働き方の自由と経済的な自由を両立できる数少ない職種の一つなのだと思います。

    仕事があることと、たくさん働くという意気込みがあることが大前提ですが、ドライバーの中には、稼ぐことを目標としてトラック業界に入り、豊かな生活を実現している人たちが多いのです。

    ■年功序列がなく、若くても能力次第で稼げる
    ドライバーの給料体系についてもう一つ、特徴といえるのは、年齢と収入の関係です。

    一般的な企業の場合、給料や年齢や職歴の長さと比例して増えていくケースが多いと言えるでしょう。

    データを見ても、20代男性の給料は月21〜25万円前後、最も給料が多い50代で42万円前後となっています。



    【日時】2020年11月07日
    【ソース】幻冬舎
    【関連掲示板】


    【トラックの運転手が金持ちになる理由】の続きを読む


    【鬼滅の刃】劇場版アニメがV3達成!


    NO.8999546
    映画興行成績:「鬼滅の刃」劇場版アニメがV3 歴代興収トップ10入り 157億円突破 動員は1189万人
    映画興行成績:「鬼滅の刃」劇場版アニメがV3 歴代興収トップ10入り 157億円突破 動員は1189万人
    11月2日に発表された10月31日、11月1日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガが原作のアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)が、3週連続で首位を獲得した。

    土日2日間で約202万8000人を動員し、興行収入は約24億9900万円を記録。

    累計では、動員1189万人、興行収入157億円を突破し、歴代興行収入ランキングでトップ10入りを果たした。

    初登場作品では、俳優の小栗旬さんと星野源さんの映画初共演作「罪の声」(土井裕泰監督)が、土日2日間で動員約14万5000人、興行収入約1億8200万円を上げ、2位にランクイン。

    初日から3日間の累計では動員で約20万人、興行収入で約2億5800万円を記録する好スタートを切った。

    3位には、人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの劇場版アニメ最新作「映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」(深澤敏則監督)が初登場。

    土日2日間で約9万7000人を動員し、興行収入は約1億800万円を記録した。

    ほかにも、とんかつとクラブDJがテーマの異色マンガを実写映画化した「とんかつDJアゲ太郎」(二宮健監督)が6位スタートを切った。

    累計では、公開7週目を迎え、今回8位の「TENET テネット」(クリストファー・ノーラン監督)が興行収入25億円、9位の「浅田家!」(中野量太監督)が10億円に達した。

    1位 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
    2位 罪の声
    3位 映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日
    4位 きみの瞳が問いかけている
    5位 夜明けを信じて。
    6位 とんかつDJアゲ太郎
    7位 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
    8位 TENET テネット
    9位 浅田家!
    10位 スパイの妻<劇場版>



    【日時】2020年11月03日
    【ソース】MANTANWeb
    【関連掲示板】


    【【鬼滅の刃】劇場版アニメがV3達成!】の続きを読む

    このページのトップヘ